Entries

♪MY AIM IS TRUE -MyVintage(80)-

マイ・エイム・イズ・トゥルー+1
My Aim Is True / Elvis Costello

Released:1977

golden(以下g):「エルヴィス・コステロって、絶対嫌な奴だよな。」
blue(以下b):「なんでまたいきなり?」
g:「だってさ、3回も結婚してるんだぜ。」
b:「あー、確かデビューしたときにはもう結婚してたんだったっけ。」
g:「そう。でも売れたらさっさとソウコウの妻と離縁して、次に結婚したのが、当時ポーグスにいたベーシストのケイト・オリオーダン。」
b:「プロデュースしたバンドの女の子に手を出す、ってのは確かによろしくないわな。」
g:「ケイトさんっていうのは決して美形ではないけど、ちょっとほっておけないタイプって感じよね。」
b:「うん。」
g:「バンドの紅一点を横からかっさらっていちゃった。」
b:「当事者だったらむかつくかもね。」
g:「でもまぁ、そこまでは許せる訳よ。当人たちがお互いに恋に落ちたのならね。」
b:「まぁ、本人同士のことやからねぇ。」
g:「ところが、結局そうやって奪い取った妻も結局別れて、次がダイアナ・クラールときたもんだ。」
b:「美形やね。」
g:「そう、美形のジャズ・シンガー。何それ?て思わん?パンク・バンドのベーシストと正反対じゃん?」
b:「なんだよ、結局美形好きかよ、みたいな?」
g:「そう。今までのこと全否定?みたいな。」
b:「まぁ、言わんとしてることはわかるよ。」
g:「で、チョーシに乗って、甘ったるいジャジーな雰囲気のアルバム作ったりして。デブのおやじのくせにダンディーぶりやがって。」
b:「偏見入ってるんちゃう?」
g:「あの77年のデビュー・アルバムでのシャープで尖ったかっこよさはどこへ行ったんだ、と。」
b:「確かにあのかっこよさとは真反対ではある。」
g:「そーゆー、上っ面の変わり身の速さがね、そもそも根性曲がってる、と。」
b:「ハハハ。」
g:「性格悪すぎ。」
b:「でもな、このデビュー・アルバムからして、性格ええ奴が出す音ではなかったんちゃう?」
g:「まあね。」
b:「皮肉と嫌味と絶望だらけの歌詞、ひねくった音。」
g:「そこがかっこよさだったんだけどね。」
b:「うん、そういう意味では僕はこの人、貫いてると思うねんな。最初から今までずっと、偏屈でひねくれもの。世間からどう言われようと、その時にやりたいと思ったことにだけ忠実っていうか。」
g:「うーん。」
b:「元々この人のアイデンティティは、偏屈なひねくれものである以外何にもないんやで。スタイルは全部借り物。このデビューからしばらくは50年代ロックとパンク、そのあともカントリーやったりソウルに走ったり、プレスリーのバック・バンドとルーツ探ったり、いろいろコロコロスタイル変えてるし。」
g:「クラシックの人とやったり、バカラックとコラボしたかと思えばアラン・トゥーサンともやってたな、そう言えば。全部聴いてないけど。」
b:「そやろ。スタイルは固定させない、なんでもありが信条。そう考えたら、ケイトさんの次はダイアナ・クラールってのも、この人なりには筋が通った行動なんやで。」
g:「そーゆーもんかぁ?」
b:「ってか、お前、要は人がモテてるのが気に食わんのちゃうの?」
g:「だって、ダイアナ・クラールだぜ・・・チビハゲデブのオヤジが・・・」
b:「・・・」

Welcome To The Working Week
Miracle Man
No Dancing
Blame It On Cain
Alison
Sneaky Feelings
Red Shoes (The Angels Wanna Wear My)
Less Than Zero
Mystery Dance
Pay It Back
I'm Not Angry
Waiting For The End Of The World
Watching The Detectives

エルヴィス・コステロのことは、とても一枚のアルバムでは語れない。
セカンドやサードはある程度同系列のシンプルなロックンロールのかっこよさだし、後のヒットの“Veronnica”なんかもそれに近いけど、日本でも大ヒットした“She”なんかは質が違うし、大好きなアルバムで言えば、『Punch The Clock』の60年代ソウル風のチャーミングさも『King Of America』のフォーキーでブルージーな感じも全部違う魅力がある。
そのどれもが、スタイルは違いつつも、やっぱりコステロならではの魅力を感じるんですよね。
blue君の言うように、固定したスタイルを持たずに借り物のスタイルを強引に自分のものにしてしまうところがやっぱりこの人の最大の魅力なんだと思う。
どんなスタイルであれコステロ印にしてしまうところ。
表面的な手法はどんどん変わっていっても、揺るがない自分の根っこを、ひょっとしたらそのことに時には嫌気すら感じつつも捨てられないところ。
その何をやっても自分でしかないことへの自負もありあきらめもありなところ。
僕自身そのことに憧れているのか拒否しているのかすら実はよくわからない。
ただ、そうやって成功したひとつの型にはまらずにスタイルを変えながらずっと表現し続けてきたことこそが、この人なりのロック・スピリットの体現なのだと思う。

g:「で、やっぱり一枚選ぶとしたらこれだろ?」
b:「まぁ、そうなるかね。」
g:「皮肉が効いてて、シャープでコンパクトで、捨て曲なし。ぜい肉がついてないかっこよさっていうかな。奴の才能は結局ここで全部出し切っててあとはフラフラさまよってんだよ。」
b:「僕はそれとは逆に、その後の才気あふれる活動の原点としてこれを支持したいかな。」
g:「そーゆー見方もありかぁ。」
b:「ただ、身近にこーゆー人がいたら、やっぱり苦手かもな(笑)。」
g:「ケイトもダイアナも持って行かれるもんな。」
b:「結局そこに戻るんかいっ!」





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/943-21474002

トラックバック

コメント

[C2327]

yuccalinaさん、コメントありがとうございます。
あんまり詳しくないのですが、ビビさんはかなりユーメイなグルーピーらしいですね。
こーゆー感じで記事を書きましたけど、正直言えばミュージシャンは作品がすべて、イイ人だろうが宇宙人だろいがぶっちゃけどうでもいいことではあります。とはいえ人間性はそのまま作品に投影されるわけで、うーん、どっちかといえばクズの方が作品は素晴らしいことが多いですか、、、残念ながら。

リブ・タイラーはしばらくはトッドを実父だと思って育ったようですね。それでもタイラー姓を名乗るのはやはりそっちの方が世間から受ける、ということでしょうか。。。
  • 2014-08-16 00:31
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2326] クズが作るの珠玉の音楽

このエントリーにコメを残すかどーかで迷ってたんですが、コステロは女関係はクズっぽいですね。でも、それは一つの要素なだけで、彼の全てではない。だから珠玉の作品が生まれる。

確か伝説のグルーピー、ビビだかべべだかが、コステロにボロボロにされたとか、どっかのインタビューで読んだことあります。その時助けてくれたのはトッド・ラングレンで、そのビビだかべべはその後、既にドラッグ漬けだったスティーヴン・タイラーの子を身籠って、困ってたところを、何故かまた既に関係が終わってたトッドを頼って、トッドはリヴ・タイラーの父親代わりしたとか。どこまで良い人なんだか。しかし、女の方にもかなり問題ありそうですな。

トッドはコステロと違って人間的にも良い人そうだし、音楽にも良い人な感じが出てる気がします。

話が大分外れて、スミマセン。
  • 2014-08-14 13:16
  • yuccalina
  • URL
  • 編集

[C2321]

LA MOSCAさん、毎度です。
僕も「パンチ・ザ・クロック」は好き、あと「キング・オブ・アメリカ」、全アルバム聴いたわけじゃないけど(笑)。
スタイルを固定化されることを望まないところは、ニール・ヤングやクラッシュ、ポール・ウェラーにも共通した頑固で偏屈ながらも筋の通った姿勢を感じます。
でもやっぱりファーストだな(笑)、と。
  • 2014-08-03 12:26
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2320] やっぱり

1stですかねぇ、アルバムで言うと。
なんて、そんなに枚数聴いてないんだけど(笑)
俺は「パンチ・ザ・クロック」も好きかな?
それにしてもこの記事、読んでて楽しかったです。
チビハゲデブのオヤジって(笑)

[C2319]

GAOHEWGⅡさん、こんばんは。
ポールと組んだのって、スパイクでしたっけ。マイティ・ライク・ア・ローズもポールと演ってたかな。あのへんはあんまり深入りせずにベストで済ませてました。
名曲も多いけどとるに足らない楽曲も多いところがコステロの良くも悪くもらしいところで、結局捨て曲なしのファーストが一番かな、ってなっちゃうんですよね。。。
  • 2014-07-28 22:56
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2318] Re: オリバーズ・アーミー

deaconblueさん、こんばんは。
オリヴァーズ・アーミーはかっこいですね。でもアルバムとしては未聴なのです、アームド・フォーセズ。象がパオーン、って感じのジャケットがどうもそそられなくて(笑)。
今度聴いてみます。
マクナマス、という本名が示すとおりコステロさんもアイリッシュ系ですね。
ポール・マッカートニーが寵愛したのも頷けます。
  • 2014-07-28 22:51
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2317]

golden blue様 こんばんは

アトラクションズとセットで愛でると
どうしてもサード辺りまでを重点的に聴くことになります。ファーストが一番というのはほとんどのファンと同様、自分もそう思います。

ただ、もうちょっと他のアルバムも聴かないともったいないかな、と思ったので取り敢えず久しぶりにポールと組んだアルバムでも聴いてみます。

[C2316] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Gallery

51NacLGHbDL.jpg Musical Romance 81Jiymj05iL__SL1417_.jpg Ramblin Bob Amazing Bud Powell 1 I'm Jimmy Reed 91nimun-gdL__SX425_.jpg The West Coast Sessions 51N428T8D2L.jpg 71Y7cZxniBL__SL1098_.jpg Ella & Louis Chicago Bound アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1 51RNkrRkrKL.jpg ベスト・オブ・バディ・ホリー 51Y1W0GNK4L.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51r1Jn3KysL.jpg 418FMPHEH8L.jpg 41BMZZ4644L.jpg 91gRh3dMZCL__SL1500_.jpg 41D5N5A2NPL.jpg 71rf2SLpdpL__SL1000_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 41D7S4CZWBL.jpg 41+QbmWm7aL.jpg presandteddycover.jpg clyde mcphater VERY BEST OF Man & His Music A1DhxQZCjXL_SL1500_.jpg marvin-fellow.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg The_Rolling_Stones-1964-The_Rolling_Stones.jpg Beatles for Sale My Generation: Deluxe Edition 51AcnSJcHyL.jpg 51bNj+ULpSL.jpg 51DHQC61ZWL_SX425_.jpg 41o9XeUuZjL.jpg 20 G.H. Live in Europe tomt 51cKCqaKQxL__SY355_.jpg 81DCRuSH25L__SL1500_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg MI0002782768.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg soulman_original_alb.jpg 51FGtOkImKL_SX300_.jpg west_side_soul1.jpg Beggars Banquet エヴリ・ワン・オブ・アス+1 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 71otoVzhCuL__SL1105_.jpg 413AMGT7SFL.jpg 51ds00OKe-L.jpg 616osu5m8iL_SX425_.jpg 305a1614.jpg 81pMwMtFveL__SL1345_.jpg 81f2DLVCzJL__SL1300_.jpg 51uOzyp+Z6L.jpg 71eG2rIxazL__SL1046_.jpg 51ZJJGM2ZZL.jpg Fire and Water 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Fragile 715IJ+j9EuL__SL1131_.jpg Music Muswell Hillbillies 71ctdmsHsJL__SL1084_.jpg 71PD4tBKioL__SL1116_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 61XXWX6tmCL.jpg 61NAZCOWDDL__SL1100_.jpg セイリン・シューズ(紙ジャケットCD) 71eNbpCI6UL__SL1077_.jpg 511-tyxVUpL.jpg 91gT9fqhZ3L_SX425_.jpg I'm Still in Love With You 414HP65MBKL.jpg 51X8dY66CsL.jpg 愛と自由を求めて 51RXYQ9OO3L.jpg Takin My Time Closing Time There Goes Rhymin Simon 明日に架ける橋(紙ジャケット仕様) ひこうき雲 GP Moondog Matinee 716rGZASCKL__SL1425_.jpg 41SSP93BHWL.jpg 51zJyUc+r6L.jpg 51jCzIh4qRL__SS280.jpg 61-8DQVxWjL__SL1050_.jpg 61dZdC6t62L__SY355_.jpg 71aWAFuF6BL__SL1050_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51JbSP69QaL.jpg 渚にて 5197RcTXXnL.jpg 81A5c2hHeyL__SL1425_.jpg 81qgW6uhF1L__SL1500_.jpg Born to Run Nils Lofgren 61BdFFiXniL__SX425_.jpg スネイクス&ラダーズ(ベスト)(紙ジャケットCD) ROCK 'N' ROLL 61ijQ7n04TL__SL1065_.jpg 31vqqUxOjnL.jpg 612tlGtI4sL_SX425_.jpg Malpractice c674c8d38b834d1a46f26cee2f0381b7.jpg 71f0CPCXaJL__SL1050_.jpg 71s7uOgUVBL__SL1092_.jpg 81-hcf-9GdL__SL1228_.jpg In Concert: Best of Pretender 3112T4QJV9L.jpg Equal Rights Songs in the Key of Life “1976” 6184mADL6LL.jpg Ronnie_Lane_-_One_For_The_Road_-_LP_RECORD-57899.jpg Brinsley_Schwarz_Surrender.jpg 51sDSqlWYbL.jpg マーキー・ムーン Ramones L.A.M.F. - The Lost Mixes Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols マイ・エイム・イズ・トゥルー+1 New Boots & Panties 7139dYLoG8L__SL1050_.jpg 21EXZVPG4AL.jpg 51fnZ7zzuUL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 4129-Q6sVHL.jpg 61NLoHBAYAL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Black Woman Chaka Briefcase Full of Blues 616WAJF3SGL.jpg 91U+8UJ1+vL__SL1500_.jpg 80 51Cm3YGmDQL.jpg 51JKKZA9W4L_SX425_.jpg 518Vq58mgUL.jpg 41VQXG3BFML.jpg 31V0AVW674L.jpg Long Run 71Y9bXH9D+L__SL1412_.jpg labour_of_lust_nick_lowe.jpg Into the Music London Calling マラッカ(紙ジャケット仕様) Rickie Lee Jones 81zR19Ga9VL__SL1079_.jpg 41cLeG0ZrFL.jpg The River Emotional Rescue THE ROOSTERS Woman and I...OLD FASHIONED LOVE SONGS(紙ジャケット仕様) RHAPSODY 41Tcvs70ZPL.jpg 51tRgx3mLgL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Poet david lindley 91nimun-gdL__SX425_.jpg A00003808.jpg 800.jpg 51au3oRpDSL__SS280.jpg Heart Beat 61rH90dDhtL__SL1050_.jpg 71gHPyBVGqL__SL1050_.jpg lookout.jpg milk_hi.jpg 女の泪はワザモンだ!!<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様) Pipes of Peace 51QeHiRUz8L.jpg JOAN20JETT202620THE20BLACKHEARTS20I20LOVE20ROCKN20ROLL.jpg 62805277.jpg 71WCRrbfr5L__SL1500_.jpg 51YJOxD55iL.jpg 51SSVnYVsJL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 812JxniX3jL__SL1500_.jpg 41o+TOhThhL__SL500_.jpg 嘉門雄三 51wXhNgjs4L__SS280.jpg 510RsGZt0KL.jpg 71fefvSZXFL__SL1076_.jpg 71sCe7ReLUL__SL1273_.jpg Innocent Man 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51ipQpNEBPL.jpg 51b+kbtwmZL__SX355_.jpg Uh-Huh (Rpkg) Learning to Crawl North of a Miracle 510NH8D9RTL.jpg 61gyVhU1QCL.jpg Ocean Rain インナ・ビッグ・カントリー<30周年記念デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様) LIGHTS OUT 41uaexamSNL.jpg 819qdTNLMxL__SL1500_.jpg 616vZDe-wFL_SX425_.jpg 51Nh3RjwObL.jpg 31219QDNA0L.jpg Live in Italy YELLOW BLOOD(紙ジャケット仕様) 0831oyamatakuji.jpg 51xUBB5IDXL.jpg 51W5vbzNSoL_SX425_.jpg This is the sea Southern Accents Centerfield Rose Of England Poor Boy Boogie 51KQnRGfZkL.jpg 61P1R84YZTL.jpg THE仲井戸麗市BOOK 81xvZZeDEqL__SL500_.jpg 71uNe1yRlOL_SX425_.jpg 41BiuimcyaL__SL500_.jpg 71mWhnbZlBL__SL1045_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51Uv2AegNJL.jpg Lone Justice Shake You Down 71qx7rhRauL_SL1247_.jpg Talking With The Taxman About Poetry 71PrfBnIAlL__SL1417_.jpg 51JC0ZVZ2JL.jpg 41FRDVE5HHL.jpg 51MCNZnwnYL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 41kyWjIskxL.jpg 61pfESgIsfL.jpg 51161GGhY3L.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 81341iLwJBL__SL1500_.jpg 41G391YlKQL.jpg 41H2ZNKB5BL.jpg RogerTroutmanUnlimited517753.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 71+LokGlumL_SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51vj8mxfgpL_SX425_.jpg 61r6gn5Zw7L__SL1050_.jpg 81KoDrysvWL__SL1402_.jpg 81CONxXc05L__SL1425_.jpg MARVY Dream of Life 41P61852YRL.jpg First of a Million Kisses covers.jpg 51WXla6D4UL.jpg 51iMxsNHHpL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg MONKEY PATROL If I Should Fall From Grace With God Lou Reed NY アメリカ roy orbison mystery girl NZO.jpg tbirds.jpg ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 浮世の夢 51lOB6A0QuL.jpg 31TRAKHBS3L.jpg 41HETTEDKEL.jpg 61WRTiXKDxL__SX425_.jpg 71XidOygo4L__SL500_.jpg 71VhTv2GwpL__SL1079_.jpg 61GF12GYFTL.jpg 41CX6E9PEDL.jpg 29b546020ea0dffa61f19110_L.jpg thEJUVZLEV.jpg 71sLT+3QzeL__SL1000_.jpg 51EXCEcq9XL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51Cu2Y3de7L__SS280.jpg album-worldwide.jpg 416RTFVCTCL.jpg 愛があるから大丈夫 71-OO+VcMTL__SL1400_.jpg STICK OUT 91nimun-gdL__SX425_.jpg Through the Fire 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg album-four-chords-several-years-ago.jpg Mitakuye Oyasin Oyasin/All My Relations king-cake-front.jpg 81nBa9cn4ML__SX425_.jpg 71mdoTOXk2L__SL1084_.jpg 51zRUTKe5SL__SX425_.jpg 51AeVTRTGL.jpg 51uHHCgmeUL.jpg New World Order Sound of the Summer Running 41PFEPPAEHL.jpg 615 61umgDYJ83L_SS500_SS280.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Home Girl Journey All That You Can't Leave Behind 91nimun-gdL__SX425_.jpg 31ARJGY84EL.jpg 31BGVPYMTKL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 日々のあわ Soulbook 廻る命(DM008) 41mNSDBqy6L__SX355_.jpg Dance-With-My-Father-by-Luther-Vandross-J-Rrecords.jpg 81XonM-Wu4L__SX355_.jpg Okinawauta.jpg 41JYS3WjE6L.jpg 81DSuwZXaxL__SL1400_.jpg cover32.jpg 61gyVhU1QCL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg yjimage.jpg

月別アーカイブ