FC2ブログ

Entries

◇やわらかなレタス

やわらかなレタス (文春文庫)
やわらかなレタス / 江國 香織

ずいぶんと本に関しての記事を書いていないと気づいた。
それもそうだろう、そもそもこの数ヶ月まともに本を読んでいない。
今日はあれとこれを片付けて、あれとこれの準備をして、この打ち合わせをして、その間にいろんな質問やら問合わせやらに対応して、なんて慌ただしく脳みそをフル回転させる毎日の中で、本を読む時間をすっかり置き去りにしてしまっていたようだ。
「心を亡くすと書いて忙しい」とは昔からよく言われることだけど、忙しすぎるのはほんとよくない。
涸れてくるというのかな、ひらめかなくなる、感動が鈍くなる、言葉がスッと出てこなくなる。
インプットとアウトプットのバランスが崩れてしまうと、いくらアイデアをひらめかせようと絞っても絞っても何にも出てこなくなる。
絞り出してばかりじゃダメ、心にもちゃんと水やりをして肥料を与えて耕してあげることが必要なのだ。

江國香織さんの文章は、いつもキラキラと美しい。
みずみずしいサラダや新鮮な野菜ジュースみたいに、ただ摂るだけでおいしくて栄養にあふれているような感じ。
あくせくと脳みそを働かせて考えることを要求しない。
そこにあるものをただ受け入れるだけでいい。
よく晴れてはいるけれどとてもよく冷えた冬の休日に、のんびりしながら読むにはちょうどいい。
おいしいコーヒーを淹れてその香りを楽しんだりしながら。

この「やわらかなレタス」は、食べものにまつわるエッセイではあるけれど、どこそこで何を食べた、どんな味だったみたいなことことをつらつらと書いたものとは少し違う。
このエッセイの主役はあくまでも人。
友達や家族や恋愛、人との関わりとの中に食べることが介在しているところがなんとも素敵なのです。
ちょっとほんわりと、ときにはおもしろおかしく、笑ったり共感したりありえないっ!と呟いたりしながら、一気に読んでしまうのがもったいなくなってひとつひとつのお話を味わうように読んだ。
そして、自分自身とたいせつな人たちの間にある食べもののことをいろいろと思い出した。

幼いころに母親がせいろで蒸しあげてくれた豚まんのおいしさやおせち作りで台所に立つ姿。
夏休みの親戚の家で食べたメイプルシュガーのトーストの甘さ。
弟が作りかけの梅酒の梅を間違って食べて酔っぱらってしまったこと。
母親の作るベーコン入りのクリームシチューを兄弟がみんな大好きでよくおかわりしたこと。
そういえば父親の葬儀の関連で三兄弟が集まったとき、三人ともインスタントコーヒーの入れ方が同じだったことには笑ってしまった。
父親がたまにお土産で買って帰ってきたヒロタのシュークリーム。
「年に一度は家族で食事する」ことにこだわっていた父親が連れて行ってくれたうどんすきやかに道楽。
給食のまずい牛乳、運動会のお弁当、学食のカレーうどん。
河原でトラックの中で食べていた冷たい菓子パンのまずさとむなしさ。
配送に遅れて昼ご飯を食べ損なったときにパートさんが握ってくれたおにぎり。
課題が遅れて事務所に帰るに帰れない野郎同士が集まって腹ごしらえしたたこ焼き。
いつも落ち合うお店で食べるオムライスと和風きのこスパゲティー。
家族で食べる回転寿司や娘が「黄色いラーメン屋」と呼ぶ近所のなじみのラーメン店。
日帰り出張の夜に電車で食べた駅弁。
リラックスした時間に気の合う仲間とつつくピザ。
誰かとの関わりの中には必ず食べものの思い出がある。
思い出し始めたらもうとてもじゃないけどキリがないな(笑)。



さて、いよいよ今年ももう残すところあとひと月。
いろいろと慌ただしいことだらけだったけれど、そしてそういう諸々の問題はすぐに解決するわけでもなくまだまだ新しい問題が押し寄せては来るのだろうけれど、せめてやわらかい心で、穏やかに向き合いたいものです。
そのためにも、人とゆっくりお話したり、本を読んだりする余裕は持っておかなくっちゃね。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/917-3fc8486b

トラックバック

[T1] 「やわらかなレタス」江國香織

読者を不思議な世界にいざなう、待望のエッセイ集 ひとつの言葉から広がる無限のイメージ……。江國さんの筆にかかると、日々のささいな出来事さえも、キラキラと輝いて見えだします。 ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。 江國さんが語るささやかな日常。美味しそうな食べ物がほとんどすべてに出てきます。 海外で日本で、実際に江國さんが味わったさ...

コメント

[C2166]

藍色さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
トラックバックの仕方が実はあまりよくわからなくて(笑)、近々研究します。
江國さんの文章はきれいで豊かで、おいしいお水で喉を潤したみたいにすっきり、気持ちがクリアになります。
素敵ですね。


[C2164]

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

[C2060]

ひるのまりさん、こんばんは。
東野圭吾はねー、おもしろいのはわかってるんですが読んでいないですねー。ああいうのって、読み始めると夢中になって一気に読みたくなるのでなかなか時間がとれない感じ。
エッセイは3ページくらいちょこちょこ読めるからねー。
食べものと人、そのときはそんなに考えないけど、思い出すのは一緒に食べたものとセットなんですよね。
まりさんの記憶も、今のところはハウリン・バーとセットになっちゃってます(笑)。
  • 2013-12-02 21:44
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2059]

私は東野圭吾の「秘密」を読んでました。
読み出したら面白くて あと少しで読了です。

江國香織はまだ読んだことないので 今度探してみます。

確かに食べ物と人ってつながってますよね!
  • 2013-12-01 21:38
  • ひるのまり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives