FC2ブログ

Entries

♪TAKIN' MY TIME -My Vintage(65)-

Takin My Time
Takin' My Time / Bonnie Raitt

Released:1973

心地よいお天気の休日。
空はよく晴れて風はさわやか。
5月はいいな。
清々しいお天気の中、快い空気感の中にいるだけでなんとなく気持ちも晴れやか、のんびりゆったり大らかな気分になれる。

そんな5月の気分にぴったりの大好きなアルバムがこれ、ボニー・レイットの1973年の3枚目の作品「Takin’MyTime」。
プロデューサーはオーリアンズのジョン・ホールで、自身もギターで全面参加しているバンドの中心メンバーは、マルチ・ミュージシャンのフリーボ(b)、リトル・フィートのビル・ペイン(Key)、そしてドラムはジム・ケルトナーと、ニュー・オリンズR&Bの伝説ドラマー・アール・パーマー!という名うてのメンツ。
それに、リトル・フィートのロウェル・ジョージ(g)、ポール・バレア(g)、サム・クレイトン(perc)、さらにはタジ・マハールやヴァン・ダイク・パークスといったアメリカン・ルーツ・ミュージックに造詣の深い西海岸の精鋭たちも多数ゲスト参加していて、もちろんこのメンツで音が悪いはずもなく、アッパーなものからブルージーなものまでタイトで安定感があり、泥臭くも明るく、隅々まで命の力が漲るような素晴らしい演奏を聴かせてくれる。
そしてそれに乗るボニーの歌が、実に清々しいというか、泥臭い演奏の中にさらっと心地よい風を吹かせるみたいに素敵なのです。
ほんの少し憂いを含みつつ、明るさを失わない清々しさ。
こういうところが5月の気分にぴったりとはまるんだな。

クレジットによると、このアルバムではボニー自身はあまりギターを弾かずにヴォーカルに専念したようで、そんな中でボニーのスライド・ギターがじっくり味わえるのが、9曲目のWrite Me a Few of Your Lines/Kokomo Blues。透明感があって味わい深くてかっこいい。これはミシシッピーのブルースマン、フレッド・マクダウェルの作品で、もう一曲古いブルースのカバーが、モーズ・アリソンのEverybody's Cryin' Mercy
けだるいブルースではあるけれど、悲しいテーマの歌を歌っても悲壮感を感じさせないのがいいのです。
この時代、ボニーはほとんど自分で曲は書かずに古いブルースや同時代のシンガーソングライターの作品を取り上げることが多かったのだけれど、後にリンダ・ロンシュタットも取り上げた、エリック・カズのCry Like a Rainstormや、当時はまだまだ新進気鋭のライターだったジャクソン・ブラウンのI Thought I Was a Child、これも後にブル-ス・ブラザースの名唱があるランディ・ニューマンのGuilty など、このアルバムでも多くのシンガーソングライターの曲を歌っている。
I Gave My Love a Candleはジョエル・ジョス、I Feel the Sameはクリス・スミサーという、ともに前作『Give It Up』でも曲を提供している人たち。詳しくは知らないけれど、売れない時代を共にしていた西海岸の音楽シーンの同世代の仲間だったのだろうか。女だてらに男友達の中に紛れてギターをかき鳴らす若き日の彼女の姿が見える気がする。
このあたりの曲の渋さは、本当に当時20代前半の女の子の歌?と思っちゃうような深みがあります。
もちろんこれらの曲もとても魅力的なのだけれど、このアルバムのファンキーさを特徴づけているのが、女性アーティストのカバーの3曲だと思う。
オープニングのYou've Been in Love Too Longは、モータウンのマーサ&ヴァンデラスの1965年のヒット曲で、もっちゃりした原曲を実に切れ味のいいアレンジで演った秀逸なカバーだ。
3曲目のLet Me Inは50年代のヴォーカル・グループ、イヴォンヌ・ベイカー&ザ・センセーションズのカバーで、弾むリズムがめっちゃ楽しい一曲。ここではタジ・マハールがアコースティック・ベースを弾いて、フリーボがチューバを吹いている。このチューバのブォッ、ブォッ、ブォッ、ブォッってリズムがなんとも楽しくて踊りだしたくなります。
そしてB面の一曲目にあたる、Wah She Go Doなんてもう最高だ。これはトリニダード&トバゴのカリプソの女王、カリプソ・ローズがオリジナル。なんだかウキウキしてきますよね。
何度でも繰り返し聴きたくなる。めっちゃご機嫌。ニコニコしてきちゃうよね。

ボニーはこのアルバムの後、レコード会社の要請でブルースっぽい表現よりも歌の上手いシンガー的な部分を全面に出した意にそぐわない作品づくりを求められ、売れないまま徐々に活動は停滞し、86年の9作目を最後にレコード会社から契約を解除されてしまう。
3年間の沈黙と、アルコール中毒からのリハビリを経て、改めて自分らしさを取り戻して復活するのは89年の『Nick of Time』まで待たなければならなかった。
そしてその後は、自分らしさを失わない地に足のついた作品を今も作り出し続けている。
そんな彼女が、まだ最初の挫折をする前の輝きに満ちたこの一枚には、ボニー・レイットのらしさがたっぷりと詰まっている。
生きていることの楽しさも悲しさも滑稽さやおかしさも、全部が湧き出てきてなおかつ肯定的に響いてくる音楽。
こういう音こそをファンキーと呼ぶのかな、というような。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/897-b0364b01

トラックバック

コメント

[C2241]

おぎてつさん、こんにちは。
そうですね、セカンドのジャケットとかふっくらしていますが、ずいぶんシュッとした顔つきになってきていますよね。

ジョエル・ゾスは聴いたことないのですが、エリック・カズの作品なんかでも本人のをあとで聴いて、ボニーのほうがしっくり来るように感じました。
自分にフィットする曲を選択するセンスも高いのでしょうね。後のアルバムでレコード会社に演らされた感のあるデル・シャノン「悲しき街角」なんかは、なんてことないものでしたから。

[C2240]

ボニーはギター弾きとして有名ですが、実は曲のアレンジが非常に上手い。
曲の良い処を的確に引き出す名人です。

例えば、ジョエル・ゾズの”I give my love a Candle”は、オリジナルよりもずっと聞きやすいです。John Hallも自作をオーリアンズで演奏すると、ギターを全面に出してしまって、何だかな~、となりますが(例えば、Good Enoughなんか)、ボニーは上手なアレンジをして曲として成功してる。

この作品辺りから、少女らしさの残ったふっくらした顔から、大人っぽい女性の顔に変わったような気がします。

[C2238]

GAOHEWGⅡさん、こんにちは。
ボニー・レイット、特に最初の3枚はいいです。さらっと心地よいブルースが味わえます。4枚目から80年代にかけてはちょっと路線がふらついている感じ、デニムが似合うのに無理に似合わない服を着せられている感じで、移籍後の復活後の「Nick of Time」「Luck of the Draw」は大人の雰囲気がめちゃくちゃ素敵です。

ちなみにこのアルバム・ジャケット、撮影場所はロサンゼルス駅だそうです。

[C2237]

golden blue様 こんばんは

ボニー・レイットは一枚しか持っておらず、本作も聴いたことがありませんでした。確かにのんびり聴けて、連休が終わってダルーな気分も晴れてくる気がします。

ジャケも素晴らしいですね!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Gallery

Monthly Archives