FC2ブログ

Entries

♪SHAKE YOU DOWN -My Vintage(58)-

Shake You Down
Shake You Down / Gregory Abbott

Released:1986

すっかり春ですねぇ。
仕事帰りの道すがら、桜並木を眺めながらちょっと遠回りのお散歩。
清々しい。
ちょっと寒さがぶり返したとはいえ、真冬の寒さを思えば、ちゃんと季節が巡ってあたたかくなってくれることがとてもありがたい。四季のある国に生まれてよかったな。

今回のMyVintageは、春らしくやわらかい気分でこれ。
マーヴィン・ゲイ・マナーのソフトで温かい声がいい。
世間的には Shake You Downだけの一発屋的な扱いかもしれないけれど、このアルバム、よく練り込まれてバラエティー豊かな曲が満載の素晴らしい作品です。

1曲目、花が開くようにゆるやかで美しいI Got The Feelin' (It's Over)から始まって、Say You Will、軽やかでポップな You're My Angel
ゆるいけれどリズムはしっかり立っていて、80年代ブラコン独特の打ち込みでもソウルフルだし、ベースなんかはけっこうブリブリ来るし、ギターもキリッとリズムを刻んでいる。
ファルセットを多用したソフトな歌い口を基本としながらも、時折出てくる渋いシャウトがまたえげつなくかっこいい。
アルバムのB面は 一転、ファンクなMagic
それから、穏やかなミディアムのリズムの中で、グイグイと盛り上げていくWait Until Tomorrow 、打って変わってのんびりしたレゲエのリズムのRhyme And Reason
作詞作曲はもちろん、プロデュースも本人で、クレジットによるとドラムとキーボードも本人。
これだけの才能がありつつ、玄人受けではなく万人にわかりやすいポップで親しみやすい音づくりができるところもすごい。音への魔法のかけ方を熟知している。
作品それぞれは緩急自在で何でもこいの幅の広さ、細かいところまで行き届いた作り込み方とひとつひとつの水準の高さには職人技のこだわりが感じられて、こういう人は無条件で好き。
しかも小手先の技術だけじゃない、魂というか、思いがちゃんと伝わってくる。
そしてラストのスロウ、I'll Find A Wayがまた、とても素晴らしいんだな。

I'll find a way
I'll be searching everyday

魂が震えるようなソウルフルさで、しかもなめらかに伸びやかに歌われる希望と決意。

Soon I will find a way
やがて道は見つかるだろう。

今はくさくさ悩まなくても落ち込まなくても、いずれ自ずと道は定まっていくもの。
それなりに長いこと生きてきたのだから、それなりの対処方法もきっと知っているはずなのだ。
トゲトゲした気持ちも、季節が移るみたいにやがて穏やかになっていく。
No Problem,Don't worry,Everything will be all right.
どっちにしたって自分らしく自分をやっていくしかないのだからね。

とりあえずは春の穏やかさに、気持ちをゆるめて。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/861-6e27cbb5

トラックバック

コメント

[C2190]

GAOHEWGⅡさん、こんばんは。
80年代のいわゆるブラコンはのっぺりしてるのが多くであんまり好きではないのですが、この人は(というかこのアルバムしか知らないのですが)大好きなのです。
女性コーラスやソプラノサックスなんかの使い方も巧いし、打ち込みでも温かみがある音ですね。

[C2189]

golden blue様 こんばんは

キャッチーな曲ばかりですごくいいです。
打ち込みもレトロな華やかさがあっていい。
フルートが春っぽいですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives