FC2ブログ

Entries

♪THROUGH THE FIRE -My Vintage(41)-

Through the Fire
Through the Fire / Peabo Bryson

Released:1994

寒い。風が冷たい。さすが12月、よく冷えますね。
そろそろ初雪だな。
寒さが厳しくなる頃になると、暖かいソウル・ミュージックが聴きたくなる頻度があがります。
というわけで、今回のMy Vintage盤はピーボ・ブライソン。
ディズニー映画「アラジン」のテーマ曲だった、レジーナ・ベルとのデュエットのWhole New World (Aladdin's Theme) や。セリーヌ・ディオンとのデュエット、Beauty and the Beastの大ヒットもあってアルバム自体もよく売れたのでしょうね。
売れすぎた証か、中古盤屋に行くと250円とか下手すりゃ100円なんて価格で見かけることも多いのですが、この盤は侮れないです。
とはいっても、良くも悪くも良くできたヒット・アルバム、マイルドでハートウォームでさらっと聞き流せる万人向けの音。
でも、それがいいんです。
安心して聞き流せる。落ち着く。ほっとする。
それでいて聴き込むごとに味が出るし、不思議と飽きない。
この時代、こういう良くできた作りのAOR的なブラコンはたくさんあったけれど、この盤の質はどこか違う。
その違いはどこかといえば、狙いすぎていないところかな。聴く側に媚びていない。本当に良いものをじっくりと作り込んだ職人品質とでもいうか、あっさり味には仕上げていても実は吟味した原料を揃えて、じっくりとダシから丁寧にとって、調味料や添加物に頼った安易な味付けはしていない作り手のこだわりというか、そういうものを感じるのです。
ピーボさんの味わいはなんといってもバラード。チャカ・カーンの名アルバムに入っていたThrough the Fireや、ボズ・スキャッグスのYou Can Have Me Anytime (We're All Aloneじゃないところが渋いっ!)、Jポップの人たちもこぞってパクった感のあるお手本のようなWhy Goodbye、といった名曲がゴロゴロです。伸びやかでスムーズなピーボの声、控えめ過ぎず大袈裟すぎないからいくらでもおかわりできる感じ。
もちろんバラードだけの人ではなく、Love Will Take Care of YouBy the Time This Night Is OverDon't Make Me WaitSame Old Love などR&Bっぽいスタイルでの自由に伸び縮みするソウルフルな歌唱はさすがです。
そんないずれも捨て曲なしのかっちりしたアルバムですが、このレベルなら他にも素晴らしい盤はいくつもあって、でも敢えてMy Vintage選定したのは、この曲が好きだから。

Never Saw a Miracle

 神聖なる光を見た ただの水がワインに変わるのも
 神の手に触れて癒やされ 水の上を歩きもした 
 教会でひざまづき祈ったけれど それは無益なことだったのかもしれない
 信じるべき何かを見つけることについては

 奇跡など見たこともなかった
 あなたに出会うまでは
 自分自身の天国を探して、祈りが叶うように祈っていた僕
 奇跡など見たこともなかった
 目隠しをされていた、けど今なら見える
 奇跡とは、あなたが与えてくれる愛のこと

 決して勝者になれはしないし、神は僕を罪人となさるだろう
 けど僕はあなたに救いを見つけたんだ
 あなたが見つけてくれるまで僕は迷子だった
 あなたは僕をやさしく包んでくれた
 そして僕に信念を取り戻させ、強さを与えてくれた

 奇跡など見たこともなかった
 あなたに出会うまでは
 自分自身の天国を探して、祈りが叶うように祈っていた僕
 奇跡など見たこともなかった
 目隠しをされていた、けど今なら見える
 奇跡とは、あなたが与えてくれる愛のこと
 奇跡とは、あなたと僕のこと

じわっとしみる素敵なラブ・ソング。
そういえばもうすぐクリスマスだな。
すべての人が愛の奇跡を見つけることができたなら、世界はきっともっと平和になるはず。
安心して落ち着ける人、ほっとする場所。
せめてソウル・ミュージックの中にでも。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/856-d75c7cd0

トラックバック

コメント

[C2076]

ezeeさん、毎度です。
これはねー、中庸の美学というか、地味でもじわじわと良さのわかる佃煮みたいな味の深さですよね。
Never Saw A Miracleはパーフェクトです。
さすがezeeさん、よくご存知で。ええもんはええですね!

[C2075]

これ、持ってまっせ  もらいもんでしたけど
落ち着いたR&Bだったので、当時気にいってました。
やっぱNever Saw A Miracleがハイライトですね。分かってらっしゃる!!
  • 2013-12-22 21:10
  • ezee
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives