FC2ブログ

Entries

♪ぶどう畑にて

grape.jpg

台風が迫る雨の週末、広島県のぶどう農家へ視察に行ってきました。
ぶどう作りにはとても手間がかかる。
棚をこしらえ、木の手入れをし、葉を整え、実を剪定し、袋を掛けて鳥や虫から実を守る。
その一つ一つが手仕事なのだ。
ひとつひとつ手をかけて育てていく、というのは、ただ話で聞けばそれはそうなんだろう、と思うのだけれど、実際棚にぶら下がった膨大な数のぶどうの実を前にすると、想像するだけで気が遠くなるような気がしました。

知らなかったのですが、大粒のぶどうって、自然に大粒になる品種があるわけではないのですね。
ぶどうの粒はそのままだとどんどんあとからあとから生えてきて、隣り合う粒同士が押し合ってぎゅうぎゅう詰めになって、大きいのやら小さいのやら歪んで押しつぶされたのやらができてしまうそうです。
そこで、生えてきた粒を落として、ひとつの粒の周りにスペースを作る。そうしてやるとその粒はじゃまされずに大粒に育つのだそうです。
生産者の方は、そんな説明をしている間にも、そういう粒を見つけてはポッケからはさみを取り出してチョキチョキと内側から生えてきたぶどうを切り落としていく。
その姿は、職人としてのこだわりを感じるとともに、ちょっとユーモラスでさえあって。

「おいしいぶどうを作るコツってなんですか?」
僕が尋ねると、生産者の方はこうおっしゃいました。
「やっぱり、しっかり剪定をすることですね。葉っぱからの栄養をひとつの実に集中させることで、しっかりと実に栄養が行き届く。放っておいたらたくさんの実はなるけれど、おいしくない。いろいろと手間はかかるけれど、ちゃんといいものを作らないと、この産地はダメ、ということになってしまっては私ら生活していけませんからね。」
その表情には必死さや仕方なさはなく、そんなこと当たり前的なやわらかさがあったのがとても印象的でした。

果物というのは決してお安いものではないだけに、食べ物の中でもとくにおいしさが大切。
果物を買うのと同じ価格で野菜やお肉をたくさん買う事ができるわけで、ただお腹を満たすためだけならば果物は買わないのだ。
それでも果物が求められるのは、すなわち果物がもたらしてくれる幸せ感を味わうため。
だからこそ、果物はおいしくなければいけない。
それが消費者側の理屈。
作る側からすれば、果物は生き物だから、その時々の天候に大きく左右される。いいものができないこともある。膨大な手間やコストに対して果たして見合うだけの収入が得られるのか、ということもある。
けれどそのことを言い訳にせずに、誠実に愚直に手間を惜しまずに、相手に喜ばれ支持されることが結局は自分のためになる、と腹を据えて努力される人たちだけが生き残ることができるのだろうな。
それは、何に置き換えても同じことなのだろうけれど。



ぶどう畑にいるときに僕の耳の中でかすかに鳴っていたのは、スライド・ギターの音でした。
大らかでのどかで、ほんの少し哀しくて、ほんの少し滑稽で。
誰だったっけ、このゆるい音色。
あぁ、そうだ。ライ・クーダーだ。

パラダイス・アンド・ランチ<紙ジャケット仕様>
Paradise and Lunch / Ry Cooder


ライ・クーダー、1974年発表の4枚目。
僕はそんなにライ・クーダーを聴きこんでいるわけではないけれど、このアルバムはいいよね。
土のにおい、木の葉のにおい、やわらかいお日様のにおいがする。
派手に何かやらかすわけではないけれど、地味だけど日々を生きている暮らしのにおいがする。
大らかでのどかで、ほんの少し哀しくて、ほんの少し滑稽で。

Ry Cooder - Fool For A Cigarette/ Feelin' Good
Ry Cooder - Ditty Wah Ditty/ If Walls Could Talk


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/826-08dd9033

トラックバック

コメント

[C1887]

ひるのまりさん、こんばんはー。
そう、果物は「誰かが喜ぶ」ことを思い浮かべて買うんですよね。だからこそ、おいしくないとダメなんです。期待を裏切っちゃダメ。
そのための努力を惜しまない生産者は応援しなくちゃ、と改めて思いましたよ。

7月の塚本は、なんとか都合つけて、ちょこっとでも顔出せるようにしますねー!

  • 2013-06-25 00:01
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1885] フルーツ大好き

goldenblueさん こんばんは

確かに 果物は高いけど 娘が喜ぶ顔を想像して
買い物カゴに入れてますね。

メロンなら 赤肉メロン、さくらんぼなら 山形産
 ぶどうは 値段が安くて粒が大きいのを買ってます。
フルーツを食べさせると美人になるんじゃないかと信じてます(笑)
ライ・クーダーのこのアルバムもってますよ♪
来月は是非 地元塚本におこしやす。

[C1881]

Okadaさん、毎度です。
ライ・クーダー、休みの日にはほんといいですね。
ちょっとはまりそう。

きれいに整えられたぶどう畑は、芸術品のようでした。
ぶどうを食べるときはぜひ農家の方の顔を思い浮かべてください。
そういえばライ・クーダー、鍬とか麦わら帽子とか似合いそうですよね。
  • 2013-06-23 18:32
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1880]

へぇ、ぶどうってそんなに手間がかかるものなんですね。
今度ぶどうを食べる時は、家族に教えてあげようっと。
確かに果物って、つい後回しになってしまいますね。
実家に帰ると、何かと出してくれるのですが、
自分からは中々食べようという気にならない。
皮を剥くのとか、種を取るのが面倒なのかな。
枝豆をさやから出して食べるのは苦にならないのに。

あぁ、ライ・クーダーは休日に聴くにはぴったりだな。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Gallery

Monthly Archives