FC2ブログ

Entries

♪上品な猫みたいな

「ちょっと休ませてもらっていい?」
夜遅くに突然現れた彼女は、そういうといきなりベッドに横になった。
かぶった布団の肩が震えて、すすり泣きと嗚咽がかすかに漏れている。
こんなときにいきなりとやかく理由を尋ねるべきではないということくらいは、ちょっとまともな人間になら誰にでもわかる。
彼女は学生時代にアルバイト先で知り合ったひとつ年上のひとで、パンクやブルースが好きだった僕とニューウェーヴの系統が好きだった彼女が、唯一好みがかぶっていたのがRCサクセションだった。そんなところで気があって、幾度かいっしょにライヴに行ったことがある、その程度の間柄。

「あんなひどい奴とは思わなかった。」
布団にくるまりながら、彼女はひとりごとのようにつぶやく。
彼女のアパートにミュージシャンくずれのにやけた男が転がりこんできている、という噂は聞いていた。「順子」を歌っていた頃の長渕みたいなしゃらっとしたナルシスティックな野郎だ。
「何があったか知らんけど、いまどき弾き語り演ってる奴なんて、性格悪いに決まってるやん。まともな神経じゃでけへんよ、あれは、ハハハ。」
「そんな風に言わんといて。」
そう言って彼女はまたすすり泣く。
そんな彼女は、僕の知っている彼女とはまるで別人のようで、僕はそれ以上言葉を継ぎ足すことをためらった。
「暴力を振るわれるのだけは我慢できないの、でも本当はいい人なのよ。」
そんなことだろうなとは思った、女に手をあげるなんて最低な男なんだろう、でも実際のところ二人の間に何があろうと知ったことじゃない、それに明日は朝から現場だぜ、そんなことを思いながらも、彼女を追い出そうという気にはなれなかった。
「明日、7時半には出掛けるからね、カギ置いておくからポストにでも突っ込んどいてよ。」
しばらくの沈黙のあと、
「うん。」
とかすかな返事。
やがて静かな寝息が聞こえてくる。
僕はベットの反対側の部屋の隅で、手持ち無沙汰のまま缶ビールを開ける。
ほんとに朝までいるつもりだな、まぁいいけど、なんなんだかな。

次の日、まんじりともせず朝を迎えた僕は、現場でミスをやらかしてボスにこっぴどく叱られた。
夕方部屋に戻ったら、置き手紙も何にもなく、ただ掛け布団が丁寧にたたまれていた。
あれから彼女があのナルシスティックな男とどうなったのかもよく知らないまま、僕はあくせくと日雇い労働の毎日に埋もれて暮らした。
25歳だった。


「結婚して今は長野県に住んでいます。何にもないど田舎です。」
そんなハガキが届いたのはそれから数年後、それっきりなんの音沙汰もなく音信不通。
もうすぐやってくる清志郎の命日を、彼女はどこで誰とどんな思いで迎えるのだろうな、なんてことがふと頭をよぎったりもするけれど、だからといってどうということでもなく、そんな思いもまた明日には消えてしまうだけのこと。
外は、雨上がり、まだ肌寒い空気が少しひんやりする春の夜。


DANGER1&2
DANGER1&2 / DANGER



レンタルレコード店のバイトで彼女と同じシフトのときによく流していたこのレコード。
どくとる梅津と早川岳晴のバンドに清志郎がコラボしたアバンギャルドなユニット。
大きな音で掛けると客が戸惑うのが楽しかった。若気の至りです。
俺は有名!」とか「はたらく人々」とか、痛快だったな。

でも、今日思い出しているのはこの曲。

上品な猫みたいな

猫みたいな女の子は苦手。
でも、女のひとの魅力的なところは、やっぱり猫みたいなところなのかも知れないな。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/811-017ba1c7

トラックバック

コメント

[C1839]

花マロリンさん、こんばんは。
なんとなくわかるかも、ってのは喜ぶべきなのかどうか、微妙(笑)。でも悪い気はしないですし、そういう自分が嫌ではないです。
あのシチュエーション、女友達の部屋ではなかったんだろうな、という気持ちはまぁわからないでもないんですけどね。
男が同じ状況で女友達の部屋へ行ったらどうなる?
間違いなく追い返されるだろうな(笑)。
  • 2013-04-29 23:29
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1836]

お疲れ様です☆
気軽にぷらっと行ける男子の家。

青春感じます。

goldenblueさんのところに行った気持ち
なんとなくわかるかも。



  • 2013-04-29 22:11
  • 花マロリン
  • URL
  • 編集

[C1833]

つき子さん、こんばんは。
なにか思い当たるようなフシのありそうな感じですね(笑)。
正直オンナのヒトの行動はオトコからすればなかなか不可解なことは多いです。なので、振り回されるく
らいがちょうどいいんだろうと思うようにしています。
  • 2013-04-28 00:48
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1832]

リュウさん、こんばんは。
大学生のとき、学校の近所のレンタルレコード店と居酒屋でかけもちでアルバイトしていました。
レンタルレコード店はいろんなもの聴き放題で、かなりありがたいバイトでしたよー。
ヒマな時には好きなのかけてよかったしね。
青春かなぁ(笑)、ふだんはまったく忘れているけど、ときどきふっと思い出したりするんですよね。その当時は何にもわかってなかったのかもなぁ、なんてことを今頃になって気がついたりね。
  • 2013-04-28 00:29
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1831]

TOさん、こんにちは。はじめまして。
なんとなく自分らしいエピソードだとは思っているのですが、まぁ男として見られてはいなかったということだろうと思います。
残念とは思ってないですよ、猫みたいな女の子のわがままを全部受け止めるような度量はその頃はなかったですから。

  • 2013-04-28 00:21
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1830]

 “オンナのかざかみにもおけねぇ!なんでそこでダンシに行く?” …あー、いけない、いけない、オンナも年とると、怒りっぽくなっていけない。でも、かわいいダンシをいたぶるようなことをしちゃいけないよね。オンナの子たち、みんな胸に手をあててみて…あっ!
  • 2013-04-27 21:44
  • つき子
  • URL
  • 編集

[C1829]

今晩は♪うーん、青春の甘酸っぱい香りが(笑)
あの頃って、今から思い返しても、当時でも…不思議な感じします!
そして、レコード屋でバイトだったのですか!

[C1827]

なんとなく良い話ではないですか。
猫と云うのは、安心出来る人の傍でしか眠らないので、信頼されてたのでしょう。

でも、今思い出すとちょっと残念かな?
  • 2013-04-27 01:25
  • TO
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Gallery

Monthly Archives