FC2ブログ

Entries

♪公式海賊盤~Secret Files /  めれんげ

seclet files
公式海賊盤~Secret Files / めれんげ

1950年代前半にアメリカでロックンロールが誕生してから、すでに60年近く。
その間、いったいどれくらいの数のロック・バンドがこの地球上に存在したのだろう。
「めれんげ」もそんな無数にあるロック・バンドのひとつなのかもしれない。
けれど、彼らに出会った人にとっては、決して無数のバンドのひとつとは言い切れない何かをココロの隅っこに残されてしまう、そんな素敵なバンドだ。
Vo,G/許斐正順、G/下村純司、B/金城勝成、 Ds/藤倉雅英。
彼らのホットな演奏は、それだけで見ている人を幸せな気持ちにさせてくれる何かがある。


  真昼の夢から叩き起こされた ぶしつけな声で午後5時ですと
  忘れないようにセットしたモーニングコール
  夕方なのにモーニングコール
       (お前といられない
   
11月24日、東京・六本木でのライヴが終わった後、konomiさんはぽつりとこんなことを呟いた。
「今日のお客さんはプロやわ。あんだけはしゃぎまわって、グラスひとつ割らなかったのはさすが。そういうことがあったら場が退くからね。」
あのノリノリのステージの上でそんなことを気にかけるくらい、konomiさんは実はとても細やかな気遣いをする人だ。そして気遣いをする人らしくとても照れ屋で、その照れは歌の中でも独特のユーモアで表現される。
ハンチングとサングラス、モッズ・ファッションでビシッと決めてかっこつけてみても、どこかかっこよくなりきれない気がしてしまう自分を照れ隠しに笑ってみせる、そんなユーモア。思うようにはなかなかいかない世の中で、地団駄踏んだり悪戦苦闘したり、弱音を吐いたり虚勢をはったり、そんな姿はこういっては失礼かもしれないがとてもかわいらしい。そしてそのかっこ悪さまで含めて「らしさ」として、きっと悩んだり困ったりもしながら、最後にはエイッ!と行ってしまう感じが、実はめちゃくちゃかっこいい。
弱さを弱さとして認めた上でそれでもなんとか意地を張って前を向く、さみしいときにはさみしいと呟いた上で、誰かにそばにいてほしいと歌う、大丈夫だよと笑ってみせる。
きらびやかでマッチョな自称ロックにはない、本当の意味でのタフさがそこにはある。
今僕たちの毎日に必要なのは、そんなタフな心とセンス・オブ・ユーモアなのだと思う。

  雨に負けても 風に負けても 
  気にもならない どこ吹く風さ
  右に行っても 左に行っても かまわない俺はここにいる
       (どこ吹く風)

この「公式海賊盤~Secret Files」には、デモテープやライヴやリハーサルでの音源が収められている。
完成された音ではないからこそのホットな息づかいが聞こえてくる。
泣いたり笑ったりドキドキしたりを繰り返しながら、仲間たちとともにしてきた時間が刻み込まれている。
そしてそれらの音源は、個人的なメモリアルの枠を越えて、当事者ではない者にまでまるでそれまでの時間を共有してきたような気分にさせてしまう何かを持っている。
それはきっと、konomiさんたちが幸せな気持ちを素敵な仲間たちと共有したい、共有できて初めて自分たちの音楽が音楽として響くはずだという想いによるものだろうと思うのだ。
  
  どうでもいい事を深く考えたり 大切なことをないがしろにしたり
  そんな俺のことを 君はわかってくれる
  どんなに離れてても きっとわかってる
       (君はわかってる)

それにしても。
1950年代前半にアメリカでロックンロールが誕生してから、すでに60年近く。
その間、いったいどれくらいの数のロック・バンドがこの地球上に存在したのだろう。
成功したものなどほんの一握りで、ほとんどのバンドは多くの人の耳に触れる機会を持たないまま、いくつかの騒がしい夜と酒と煙草の煙の中のかたときの高揚感を残して時の彼方にいつしか埋もれてしまう。
それはそれででいいのだろう。
いくつかの騒がしい夜とかたときの高揚感、それは決して人生の目的ではないけれど、そういうものがない人生はとてもつまらない。
でも、できることならば、少しでも多くの人が、konomiさんたちの音楽に触れる機会があればいいと思う。
確かに新しいものなど何ひとつない、バーやパブでのバカ騒ぎが似合うオールドスタイルのロックンロールだ。
でもそこには、ロックンロールの最良のものが確かにある。

  新しい部屋の窓から 忍び込んできてもいい
  知らない歌口ずさみ デカイ足音響かせて
        (シャ・ラ・ラ

   


先日のLiveでいただいためれんげのCD。ちょっとライナーノート風に書いてみようと思いました。
ちょっとかっこよく書きすぎたかな。
でも、かっこいいのでもう一度書いておこう。

そこには、ロックンロールの最良のものが確かにある。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/769-d05fb637

トラックバック

コメント

[C1641]

ezeeさん、毎度おーきに!
ちょっと調子に乗って気取って書きすぎたと照れてしまいましたが、それもやっぱりkonomiさんの男気に触れてこそ。ほんまおもろいおっさんや思います(笑)。
これからもいろいろみんなでおもろいことできたらいいですねー。

  • 2012-12-05 21:54
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1640]

まいどです!
ええ感じのライナーノーツですね~、プリントしてCDに挟んでおきたいと思っちゃいました。
konomiさんの人柄もちゃんと伝わります。廻りの人等もエエ感じさせる雰囲気、そして音!
やっぱあのアニキは尊敬すべきオッサンですな~
  • 2012-12-05 00:38
  • ezee
  • URL
  • 編集

[C1639]

シモムラさん、こんにちは!
いきなりロックのルーツから切り出すという、読み返すとずいぶん大げさに書いたものだとも思いますが(笑)、それくらい言いたくなるくらいいいですよ、めれんげは。
シモムラさんの、ワイルドなリフやフレーズを弾いていてもどこか癒される感じが好きです。
これからもよろしくお願いしまーす!

  • 2012-12-04 08:28
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1638]

めれんげギターのシモムラで、ございます。すばらしいレビュー、あリがとうございました!ブログ楽しく見させてもらってます。今後ともよろしくお願いします!

[C1637]

花マロリンさん、ありがとうございます!
かっこいい文章は、実はある程度までは技術で書けるものなんだろうと思います。でも、そこに気持ちが乗って初めて伝わるのかな。このへんはきっと音楽と近いものがあるように思います。

めれんげの曲はいいですよ、ほんと。
すんなり共感できます。ずっと耳に残るし、つい口ずさんでしまったり。まっすぐなところは素直にまっすぐで、でもひねりが効いてニヤッとさせられるところもたくさんあって、何より自分たちの中から出てきた音、言葉なんですよね、、、と、誉めすぎるとkonomiさんが喜びすぎるのでこれくらいにしておきましょうか(笑)。


  • 2012-12-03 23:39
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1636]

キン金城さん、こんばんは!
すいません、白状します。実は先日のライヴ、今年は割と後ろの方にいたので、金城さんと藤倉さんの演奏している姿はほとんど見れていないのです。。。すいません!
もちろん音はビンビンきてましたよー!
いいバンドは、いい曲、ハートのある歌ももちろんですが、やっぱりなんといってもリズムですから!めっちゃ気持ちよかったですよ!

建設関係は昔日雇い人足をしていたことがありましたが、監督さんとかほんと大変そうでしたねー。あっちをなだめ、こっちを説得し、みたいな。
金城さんもお体にお気をつけて、また元気に再開できることを楽しみにしております!


  • 2012-12-03 23:23
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1635]

お疲れ様です★
やっぱりーーー。さすがの文才がキラリですーー。
いつも感じていますが、goldenblueさんは、伝えたいたいことをきちんと伝えてますよね。
見習わなきゃ!

konomi君は、口ではあんまり話せないことも
音に乗せると何でも話せるひとなんだろうな。

と、ふと感じたことがありました。

今では私もずけずけとkonomi君に言いたいことを言っちゃってますが、一番、最初に「めれんげ」を聴いたときに「どれ聴いてもなんかいい!」と感じたことを覚えております。耳に馴染みやすい、聴きやすい曲ですよね。

と、これを読むkonomi君を想像すると
無性に悔しいのでもうやめときます(笑)

楽しい夜を思い出せました。
ありがとです♪

  • 2012-12-03 23:19
  • 花マロリン
  • URL
  • 編集

[C1634]

konomiさん、こんばんは!
頼まれてもいないのにお節介にも(笑)、きっと喜んでいただけると思いつつ、楽しみながら書きました。
それは、そういうことをしたくなる何かがめれんげの音にはあるからなんだと思います。
次のアルバムのライナーですね!そりゃもう、喜んで。

照れたり、かっこつけてもかっこつけきれない、みたいなことは、、、多分ちょっとでも関わりのあった方からすれば周知の事実なのでは(笑)、という気がするのですがいかがでしょうか、皆さん?
そこがkonomiさんの愛されるキャラクターなんだと思っているのですが、いや、まじで(笑)。
で、だからこそただのかっこつけとは違うかっこよさがある、と。

これからもかっこいい音楽を聴かせてください!


  • 2012-12-03 23:13
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1633]

Okadaさん、毎度です。
正直、Okadaさんのかっこいい写真に刺激されたところもあります。
konomiさんたちが楽器で、Okadaさんがカメラでこんなふうににかっこいいことをするのなら、僕はかっこいい文章を書いてみよう、とちょっと力みました(笑)。
ロックンロールの素敵さを改めて感じさせてくれた皆さんに感謝ですね。





  • 2012-12-03 22:57
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1632] 先週土曜はお世話になりました!!

golden blueさん、

一週間のご無沙汰です。めれんげの縁の下の力持ち(--;)キン金城です(^o^)

ブログ拝読させて頂きました!素晴らしいレビューをありがとうございました♪
早いものであの夜から一週間もたつのですね(--;) その節は大変お世話になりました~!

24日の日記の下り「友達ん家で鍋パーティーに呼ばれたから行くのさぁ~
」は笑えました!名言ですね!!使わさせてもらいますm(__)m

お仕事大変そうですねー(--;)
実は私も建築関係(クレーム産業)です~(T_T)

また来年会いましょう~\(^^)/
いや京都の老舗ライブハウス磔々辺りでお会いしたいですね(^o^)v

どうぞ寒い日が続きますが風邪にはくれぐれも気をつけて下さい!ではまた(^-^)/
  • 2012-12-03 21:12
  • キン金城
  • URL
  • 編集

[C1631] 参りました

いやぁ本当に参りました。
たぶん俺のこういうコメントも想定内なんだろーな(笑)

でもgoldenblueさんの前のブログ、「音楽に関する一考察」でしたっけ?
アレを読んだ時の衝撃はいまだに忘れられません。
その理由は言いましたよね。なので省略しますが、
そんな憧れのブロガーさんに僕のアルバムを解説してもらえるなんて、
これ以上の喜びはありません。

それにしても、ピックアップする歌詞や、
照れたりカッコつけてもカッコつけ切れないとか、
全部そのまんまなんですよね。
俺、ストーンズバーでここまで告白しましたっけ?(笑)

怖いです。
でも次のアルバムではジャケットをOkaやんに、
そんでライナーをgolden君に、と役割分担は決めました。

またまた新しいお祭り騒ぎを企てましょう。

本当にありがとーございました。






  • 2012-12-03 18:49
  • めれんげkonomi
  • URL
  • 編集

[C1630]

これを読んで照れてるkonomiさんの顔が思い浮かぶ...うふふ。
これは今からでもライナーノーツとしてCDに封入しても良さそうですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Gallery

Monthly Archives