Entries

♪THE LONG RUN -My Vintage (5)-

Long Run
The Long Run / Eagles

Released:1979

海外の音楽を聴き始めたのは、3つ上の兄貴の影響だった。
といっても、兄貴だってずっと洋楽好きだったわけではなく、それまではさだまさしやアリス、ロックっぽいといってもせいぜい甲斐バンドのレコードを持っているくらいだったのだけれど(笑)、それがある日突然洋楽のレコードをどっさり友達に借りてきたのだった。
当時“オネスティ”がCMでよく流れていた、ビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』、イーグルスの『ロング・ラン』、それからクラッシュの『ロンドン・コーリング』、その3枚だった。
1979年の秋だったのだな。当時僕は中1、兄貴は高1。
何しろその当時、LPレコード2500円は中学生にとっては大金。ダウンロードなんてものはもちろんないし、レンタル・レコード店すらない時代でテレビは歌謡曲しか流さなかったから、ちょっとかっこいい音楽の情報源はFMか音楽雑誌だよりで、実際に聴くのは友人や知り合いに借りるのが一番有効な方法だったのだ。今から思えばまるで原始時代のことを書いているみたいだな(笑)。
ちなみにカセットテープだって高価だったから、聴かせてもらったアルバムだって全部録音しないで、気に入った曲だけ録音して、聴きあきたら消していた(笑)。

というわけで、何の前知識もなく聴いたイーグルス。
正直よくわからなかった。ヒゲもじゃのむさくるしいおっさんのアメリカ音楽、それ以上でもそれ以下でもない感じ。何歌ってんだかチンプンカンプンだし。いいなと思ったのはA1の“ロング・ラン”とB1の“ハートエイク・トゥナイト”、それとB面ラストの“サッド・カフェ”くらいだったような記憶があります。
で、そのときはそれっきり。
兄貴の方もイーグルスもクラッシュもスルーして、なぜかヘヴィ・メタルに走っていったし(笑)。

それからずいぶん経って大学生の頃、もう一度聴いてみた。その頃はもう、ロックの「名盤」と呼ばれるものはもう片っ端から聴いて、ロックという文化がどのように生まれてどんな社会的背景の中でどう変わっていったのかもそれなりに理解していたし、好き嫌い以上に、どんなバンドが何を表現しようとしていたのかにとても興味があった頃。あわよくばそこに生き方のヒントが転がっているんじゃないかとか思っていたのだ。
その頃に“サッド・カフェ”の歌詞を訳してみたことがある。
でも、そのときに感じたのは、過去を美化して振り返っているだけの歌だな、ってこと。なんだかくよくよした年寄りじみた歌だな、なんて思ったんだな。

「愛や自由と言う言葉で世界を変えられると思っていた
でも僕らはただの寂しい群衆に過ぎなかったんだ」
なんてさ、あんたらが好き勝手やった結果挫折するのは構わんけど、あんたらがあきらめたからその後の世代は愛や自由なんて言葉すら使えなくなったんだぜ。
あの時代あんたらはそうやってロックの時代をオシマイにしてハイ、サヨナラだったかもしれないけど、こっちはその後の時代で育っていかなくちゃいけないんだ、そう簡単にオシマイにされたくはないもんだ、と。
イーグルスは前の世代のものって印象は以前からあったのだけれど、そんなわけでまるで聴かなくなってしまったのだ。

で、それからなんだかんだと20数年。
半年ほど前に、たまたま図書館にあった『ロング・ラン』をなんとなく借りてきたのね。今ならあんまりこだわりもなく聴けるんじゃないかと。
1曲目、“ Long Run ”、おーっ、この曲ってまんまオーティス・クレイのあの曲のリズムそのまんまだったのだなー、とか、当時甘っちょろいAORだと思っていた“ I Can't Tell You Why ”の甘いメロディー&ティモシー・B・シュミットのスイート・ヴォイスがけっこういけるやん、とか、“Heartache Tonight ”はもろグレン・フライ好みのソウル・テイストだったんだな、とか、当時からなんじゃこのハンパな曲は?と思っていた“グリークス・・・”はやっぱりどうってことない曲やなー、などと思いながら、最後に“Sad Cafe ”が流れてきたとき、不覚にも涙がでそうになってしまった。
そして歌詞をもう一度読み返してみて、えっ、そうだったのかと愕然とした。

ブリッジの後の最後のヴァース。

「おそらく時は満ちた
思い出すたくさんの顔
人生はとてもゆるやかに変わっていく
もし変わらないとしても
どうして?と尋ねる必要はない
それはなるべくしてなるものなのだ
だから、真夜中におちあわないか
あのサッド・カフェで」

この最後のヴァースに込められた願いのようなもの、今は一旦引き下がり過去を清算するけれども、全部捨てた訳じゃない、いつかきっと再会の時がくる、みたいなニュアンス?
続くサックスの、儚い虹のようなメロディが、この歌は決して諦めの歌ではないという意志を現しているように聞こえてきた。
ドン・ヘンリーの本音はどうだったのかはわからない、ただ僕が、年寄りを否定してばっかりもいられない歳になって、そのように聞き取りたくなっただけのことなのかもしれない。
でも、そんな風に聞こえたんだ。

音楽は聴き手の気持ち次第でどんな風にも聴くことができる、その余白っぽさが音楽の素敵なところ。
また次の20数年後に、僕はこの曲の余白に何を書き込みたくなるのだろう、そんなことを考えさせてくれるこのアルバムはやはり僕にとって少し特別な作品なのだと思う。







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/761-512ac872

トラックバック

コメント

[C1601]

名盤さん、こんばんは。
ほんと残念ながらそうですよね。
年寄りからはまだまだだ、なってない、我々の時代に比べたら恵まれていると甘ちゃん扱いされつつしんどいことは押し付けられ、若者からは僕らが否定したいおっさんおばはんと一緒くたにされて蔑まれつつやっぱりめんどくさいことは押し付けられ、ほんまなんなんだかなー、可哀想だぜ40代、って気分です。
  • 2012-11-12 22:44
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1599]

>年寄りを否定してばっかりもいられない歳になって

その感じ、よく分かります。

[C1593]

Okadaさん、こんにちは。
兄貴っていうのは良くも悪くも影響受けますよね。
ロックを聴くようになったのは兄の影響、でも聴く種類は兄貴とは全然違う方向へいってしまいました。
ハードロック/ヘヴィメタルにもたまには「おっ!」というのもあるにはあるのですが、アルバム全部聴くと疲れてしまいますね(笑)。

24日、楽しみです。僕の方は例によってまだまるで予定を決めていませんので、バスにするか、新幹線にするか、宿泊も行き当たりバッタリでカプセルホテルかネットカフェになりそうな感じです。
  • 2012-11-10 15:25
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1592]

随分前に、ぼくのブログでお話しした事があるかもしれませんが、
ぼくも3つ上の兄貴がいて、ほんの少しだけ奴の影響を受けています。
でも、聴いてる音楽のほとんどがハードロック、ヘビメタでその辺りの音は好きになれませんでした。
でも、ジミヘン、AC/DC、クラプトンなんかも聴いていて、彼らの音楽はしっくりきたなぁ。

そうそう。24日、六本木のあのバーにぼくも居てるはずです。
  • 2012-11-09 12:38
  • Okada
  • URL
  • 編集

[C1591]

LA MOSCAさん、こんばんは。
“イン・ザ・シティ”もいい曲ですよね。ジョー・ウォルシュ、あんまりよく知らないけど(笑)。

コンパクトで●●●しやすい、、、うん、確かにコンパクトな方が、持ち運びも収納もしやすいですよね、ハハハ。

  • 2012-11-08 23:23
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1590]

megumickさん、こんばんは。
夕方腕立てや腹筋をしながら(笑)!中学生くらいの頃?
想像するとなんだか微笑ましくていいですね!
なけなしのおこずかいで買ったレコードってやっぱり思い入れ深いですよね。

兄貴とは仕事で関東に住んでいて、かれこれ4,5年話もしていないのでどうしているんだかよくわかりませんが、、、男兄弟なんてそんなもんよ、、、まぁその後メタル一筋で、就職するまではロン毛・鋲のついた革ジャン・スリムのジーンズの出で立ちでしたし、結婚してからも家にはメタルのレコードがずらっと並んでいました。
多分、相変わらずなんだろうと思います(笑)。
  • 2012-11-08 23:19
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1589]

ezeeさん、こんばんは。
YouTube検索したら、ヴィンス・ギルとハワード・ヒューエットのカヴァーが見つかりました。確かにソウルフル、“ハートエイク・トゥナイト”なんかもボーイズⅡメンみたいなコーラス・グループがやってもさまになりそうやし、“ロング・ラン”は骨の太いシンガーに歌ってみてほしいですね。

  • 2012-11-08 23:06
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1588]

コレ、とっくに手元にないけど持ってました。
レコードじゃなくてミュージック・テープ。
何故かと言うと、その方がコンパクトで●●●しやすかったから(笑)

読んでたら聴きたくなってきました。
ジョー・ウォルシュの「イン・ザ・シティー」もコレでしたよね?
映画『ウォーリアーズ』に使われてたのが印象に残ってます。

[C1587]

goldenblueさん、こんにちは!
そうだよ~、まろりん、goldenblueさんの言うとおり!
私なんか全然ブルースなんて知らなかったのに、ブログの皆さんに教えてもらって今に至ってるんです。
それぞれ好きなジャンルが似ていたり違ってたりするから面白くて影響されてためになってます。

ところでこのアルバム「懐かしい」
私にとっても大切な一枚
ちょうど思春期真っ只中、気に入って少ないおこずかい出して買って、毎日毎日聴いてました。
何故か夕方腹筋や腕立てをしながら・・・
いい曲いっぱいです。

その後ヘビメタに走ったお兄様はどうしてる?(笑)
  • 2012-11-08 11:47
  • megumick
  • URL
  • 編集

[C1586]

おばんどす。
中学期の洋楽は私も完全、兄貴の影響下でした!
イーグルスの末期って、結構なソウル・テイストですね。実際“I Can Tell You Why ”なんかR&B優秀カヴァーもありました。
これも、どっかにテープあったなぁ・・
  • 2012-11-08 00:57
  • ezee
  • URL
  • 編集

[C1585]

花マロリンさん、こんばんは。

セーラー服でYMCA歌っていたのは、ヴィレッジ・ピープルというグループだったと思います。
♪イン・ザ・ネイビー、って曲もありましたね。渋谷哲平がレッツゴーヤングで歌ってました。古っ(笑)。

音楽の世界は、知れば知るほどおもしろくて、ついついあれもこれもと聴いているうちに詳しくなってしまいましたが、音楽に限らず詳しけりゃいいってもんでもないは思ってます(笑)、要は何を感じたか、ですから。
だから、マニアックな知識ひけらかしのブログとかはあまり好きではありません。この界隈の皆さんはそんなんじゃないから好きなんですよねー。
24日、楽しみでーす。
  • 2012-11-08 00:01
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1583]

こんばんは♪

アーティストの伝えたい意味が
この年齢になったからこそ、わかる、ということ
ありますよね。


やっぱり、いろいろお詳しいですね(^^)

イーグルスわかりましたよ!
ビリージョエルは好きです☆

私も姉の影響で洋楽は中1から聴いてましたが
まったくもって皆様の比ではありません!

セーラー服を着てYMCA歌っていたアーティスト、
どなたでしたっけ?好きでしたーー

音楽っていいですよね♪
  • 2012-11-06 23:54
  • 花マロリン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Gallery

51NacLGHbDL.jpg Musical Romance 81Jiymj05iL__SL1417_.jpg Ramblin Bob Amazing Bud Powell 1 I'm Jimmy Reed 91nimun-gdL__SX425_.jpg The West Coast Sessions 51N428T8D2L.jpg 71Y7cZxniBL__SL1098_.jpg Ella & Louis Chicago Bound アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1 51RNkrRkrKL.jpg ベスト・オブ・バディ・ホリー 51Y1W0GNK4L.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51r1Jn3KysL.jpg 418FMPHEH8L.jpg 41BMZZ4644L.jpg 91gRh3dMZCL__SL1500_.jpg 41D5N5A2NPL.jpg 71rf2SLpdpL__SL1000_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 41D7S4CZWBL.jpg 41+QbmWm7aL.jpg VERY BEST OF Man & His Music A1DhxQZCjXL_SL1500_.jpg marvin-fellow.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg The_Rolling_Stones-1964-The_Rolling_Stones.jpg Beatles for Sale My Generation: Deluxe Edition 51AcnSJcHyL.jpg 51bNj+ULpSL.jpg 51DHQC61ZWL_SX425_.jpg 41o9XeUuZjL.jpg 20 G.H. Live in Europe tomt 51cKCqaKQxL__SY355_.jpg 81DCRuSH25L__SL1500_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg MI0002782768.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg soulman_original_alb.jpg 51FGtOkImKL_SX300_.jpg west_side_soul1.jpg Beggars Banquet エヴリ・ワン・オブ・アス+1 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 71otoVzhCuL__SL1105_.jpg 413AMGT7SFL.jpg 51ds00OKe-L.jpg 616osu5m8iL_SX425_.jpg 305a1614.jpg 81pMwMtFveL__SL1345_.jpg 81f2DLVCzJL__SL1300_.jpg 51uOzyp+Z6L.jpg 71eG2rIxazL__SL1046_.jpg 51ZJJGM2ZZL.jpg Fire and Water 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Fragile 715IJ+j9EuL__SL1131_.jpg Music Muswell Hillbillies 71ctdmsHsJL__SL1084_.jpg 71PD4tBKioL__SL1116_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 61XXWX6tmCL.jpg 61NAZCOWDDL__SL1100_.jpg セイリン・シューズ(紙ジャケットCD) 71eNbpCI6UL__SL1077_.jpg 511-tyxVUpL.jpg 91gT9fqhZ3L_SX425_.jpg I'm Still in Love With You 414HP65MBKL.jpg 51X8dY66CsL.jpg 愛と自由を求めて 51RXYQ9OO3L.jpg Takin My Time Closing Time There Goes Rhymin Simon 明日に架ける橋(紙ジャケット仕様) ひこうき雲 GP Moondog Matinee 716rGZASCKL__SL1425_.jpg 41SSP93BHWL.jpg 51zJyUc+r6L.jpg 51jCzIh4qRL__SS280.jpg 61-8DQVxWjL__SL1050_.jpg 61dZdC6t62L__SY355_.jpg 71aWAFuF6BL__SL1050_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51JbSP69QaL.jpg 渚にて 5197RcTXXnL.jpg 81A5c2hHeyL__SL1425_.jpg 81qgW6uhF1L__SL1500_.jpg Born to Run Nils Lofgren 61BdFFiXniL__SX425_.jpg スネイクス&ラダーズ(ベスト)(紙ジャケットCD) ROCK 'N' ROLL 61ijQ7n04TL__SL1065_.jpg 31vqqUxOjnL.jpg 612tlGtI4sL_SX425_.jpg Malpractice c674c8d38b834d1a46f26cee2f0381b7.jpg 71f0CPCXaJL__SL1050_.jpg 71s7uOgUVBL__SL1092_.jpg 81-hcf-9GdL__SL1228_.jpg In Concert: Best of Pretender 3112T4QJV9L.jpg Equal Rights Songs in the Key of Life “1976” 6184mADL6LL.jpg Ronnie_Lane_-_One_For_The_Road_-_LP_RECORD-57899.jpg Brinsley_Schwarz_Surrender.jpg 51sDSqlWYbL.jpg マーキー・ムーン Ramones L.A.M.F. - The Lost Mixes Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols マイ・エイム・イズ・トゥルー+1 New Boots & Panties 7139dYLoG8L__SL1050_.jpg 21EXZVPG4AL.jpg 51fnZ7zzuUL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 4129-Q6sVHL.jpg 61NLoHBAYAL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Black Woman Chaka Briefcase Full of Blues 616WAJF3SGL.jpg 91U+8UJ1+vL__SL1500_.jpg 80 51Cm3YGmDQL.jpg 51JKKZA9W4L_SX425_.jpg 518Vq58mgUL.jpg 41VQXG3BFML.jpg 31V0AVW674L.jpg Long Run 71Y9bXH9D+L__SL1412_.jpg labour_of_lust_nick_lowe.jpg Into the Music London Calling マラッカ(紙ジャケット仕様) Rickie Lee Jones 81zR19Ga9VL__SL1079_.jpg 41cLeG0ZrFL.jpg The River 91nimun-gdL__SX425_.jpg Emotional Rescue THE ROOSTERS Woman and I...OLD FASHIONED LOVE SONGS(紙ジャケット仕様) RHAPSODY 41Tcvs70ZPL.jpg 51tRgx3mLgL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Poet 91nimun-gdL__SX425_.jpg A00003808.jpg 800.jpg 51au3oRpDSL__SS280.jpg Heart Beat 61rH90dDhtL__SL1050_.jpg 71gHPyBVGqL__SL1050_.jpg milk_hi.jpg 女の泪はワザモンだ!!<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様) Pipes of Peace 51QeHiRUz8L.jpg JOAN20JETT202620THE20BLACKHEARTS20I20LOVE20ROCKN20ROLL.jpg 62805277.jpg 71WCRrbfr5L__SL1500_.jpg 51YJOxD55iL.jpg 51SSVnYVsJL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 812JxniX3jL__SL1500_.jpg 41o+TOhThhL__SL500_.jpg 嘉門雄三 51wXhNgjs4L__SS280.jpg 510RsGZt0KL.jpg 71fefvSZXFL__SL1076_.jpg 71sCe7ReLUL__SL1273_.jpg Innocent Man 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51ipQpNEBPL.jpg 51b+kbtwmZL__SX355_.jpg Uh-Huh (Rpkg) Learning to Crawl North of a Miracle 510NH8D9RTL.jpg 61gyVhU1QCL.jpg Ocean Rain インナ・ビッグ・カントリー<30周年記念デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様) LIGHTS OUT 41uaexamSNL.jpg 819qdTNLMxL__SL1500_.jpg 616vZDe-wFL_SX425_.jpg 51Nh3RjwObL.jpg 31219QDNA0L.jpg Live in Italy YELLOW BLOOD(紙ジャケット仕様) 0831oyamatakuji.jpg 51xUBB5IDXL.jpg 51W5vbzNSoL_SX425_.jpg This is the sea Southern Accents Centerfield Rose Of England Poor Boy Boogie 51KQnRGfZkL.jpg 61P1R84YZTL.jpg THE仲井戸麗市BOOK 81xvZZeDEqL__SL500_.jpg 71uNe1yRlOL_SX425_.jpg 41BiuimcyaL__SL500_.jpg 71mWhnbZlBL__SL1045_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51Uv2AegNJL.jpg Lone Justice Shake You Down 71qx7rhRauL_SL1247_.jpg Talking With The Taxman About Poetry 71PrfBnIAlL__SL1417_.jpg 51JC0ZVZ2JL.jpg 41FRDVE5HHL.jpg 51MCNZnwnYL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 41kyWjIskxL.jpg 61pfESgIsfL.jpg 51161GGhY3L.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 81341iLwJBL__SL1500_.jpg 41G391YlKQL.jpg 41H2ZNKB5BL.jpg RogerTroutmanUnlimited517753.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 71+LokGlumL_SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51vj8mxfgpL_SX425_.jpg 61r6gn5Zw7L__SL1050_.jpg 81KoDrysvWL__SL1402_.jpg 81CONxXc05L__SL1425_.jpg MARVY Dream of Life 41P61852YRL.jpg First of a Million Kisses covers.jpg 51WXla6D4UL.jpg 51iMxsNHHpL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg MONKEY PATROL If I Should Fall From Grace With God Lou Reed NY アメリカ ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 浮世の夢 51lOB6A0QuL.jpg 31TRAKHBS3L.jpg 41HETTEDKEL.jpg 61WRTiXKDxL__SX425_.jpg 71XidOygo4L__SL500_.jpg 71VhTv2GwpL__SL1079_.jpg 61GF12GYFTL.jpg 41CX6E9PEDL.jpg 29b546020ea0dffa61f19110_L.jpg thEJUVZLEV.jpg 71sLT+3QzeL__SL1000_.jpg 51EXCEcq9XL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 51Cu2Y3de7L__SS280.jpg album-worldwide.jpg 416RTFVCTCL.jpg 愛があるから大丈夫 71-OO+VcMTL__SL1400_.jpg STICK OUT 91nimun-gdL__SX425_.jpg Through the Fire 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg album-four-chords-several-years-ago.jpg Mitakuye Oyasin Oyasin/All My Relations king-cake-front.jpg 81nBa9cn4ML__SX425_.jpg 71mdoTOXk2L__SL1084_.jpg 51zRUTKe5SL__SX425_.jpg 51AeVTRTGL.jpg 51uHHCgmeUL.jpg New World Order Sound of the Summer Running 41PFEPPAEHL.jpg 615 61umgDYJ83L_SS500_SS280.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg Home Girl Journey All That You Can't Leave Behind 91nimun-gdL__SX425_.jpg 31ARJGY84EL.jpg 31BGVPYMTKL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 日々のあわ Soulbook 廻る命(DM008) 41mNSDBqy6L__SX355_.jpg Dance-With-My-Father-by-Luther-Vandross-J-Rrecords.jpg 81XonM-Wu4L__SX355_.jpg Okinawauta.jpg 41JYS3WjE6L.jpg 81DSuwZXaxL__SL1400_.jpg cover32.jpg 61gyVhU1QCL.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg 91nimun-gdL__SX425_.jpg yjimage.jpg

月別アーカイブ