FC2ブログ

Entries

♪不吉なくらい赤い夕焼け

sunset

夕方5時、あぁ疲れたとふと窓の外を見たら、不吉なくらい真っ赤な夕焼けが。
低くたれこめた雲が、西の空中真っ赤っかに染まっていた。
なんだかぞわぞわと胸騒ぎがするような嫌ぁーな感じ。
そういえば、関東大震災や新潟中部地震の数日前に、不吉なくらいの真っ赤な夕焼けが出ていたという話を聞いたことがある。地殻の変動で地中から出るプラズマがなんだかどうだかみたいなまことしやかな地震雲の説。
いや、そんなものは根も葉もないうわさ話だ。
根拠のないただの都市伝説だ。
でも、まさかのときの用心だけはしておいたほうがいいのかもしれない。


不吉な夕焼けでふと頭に浮かんだのはこの曲。
ロジャー・ウォータースが在籍したオリジナルのピンクフロイドのラスト・アルバム『ファイナル・カット』の最終曲だった“Two Suns In The Sunset”。

確かこの歌は核戦争で世界が終わることを歌った曲だった。
「ふたつの太陽」というのは核爆弾を現しているのだ。

  バックミラーに夕日が映っている
  沈む太陽を背後に橋を渡っていた
  
  突然、もう一度陽が昇った
  太陽が東の空に
  まだ一日が終わってもいないのに
  夕暮れのふたつの太陽  

  灰とダイヤモンド
  敵も友人も
  私たちはみんな平等に終わりを迎えた

そんな歌詞。
このアルバムが出た1980年代にあった核戦争の脅威はずいぶんと遠のいたけれど、この歌を今、核戦争ではなく原発事故に読み替えることができる。

Final Cut
Final Cut / Pink Floyd



どうも心の動きが鈍いここしばらく。
急に寒くなりだしたし、それに疲れているのだろう。
9月から10月にかけてはずいぶんたくさん働いたもの。
ひとやま越えてドドッと疲れが出てきた感じ。

プログレやピンクフロイドのことはあまり詳しくはないけれど、ぼぉーっと放心するにはこのアルバムはちょうどいい。
人っ子ひとりいないどころか、草木も生えない世界の果ての端っこの隅っこにある暗い暗い真っ暗闇の洞窟でひとりで座っているような気分になる。
奇妙に静か、からっぽの心、なのに何故か涙があふれて止まらないような感じ。
悲しくもないのに。

どうやらずいぶん疲れている。
疲れのせいだ。
そうに違いない。
なんとなく嫌な胸騒ぎも、きっと疲れのせい。
どうか嫌なことが起こりませんように。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/758-0cf8236b

トラックバック

コメント

[C1554]

花マロリンさん、こんばんは。
そうか、これを美しいと思うのもありですよね。
確かに美しかったです。
不吉とか前兆とか考え出したらきっときりがないし、こじつけりゃあなんだってそんなふうに思えたりもするもの。
大丈夫、と言い切ったもんがちかもしれませんね!
  • 2012-10-22 23:36
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1553]

こんばんは。

お疲れ様です!


赤い空、美しいです。

関東も妙に美しい夕焼けや
妙に豪勢な雲とか
ダブルレインボーとか
ものすごい空のハーモニー♪が
繰り広げられております。

きっと大丈夫!

そう私も信じたい2012

今年もあとわずかですね(^^)

  • 2012-10-22 22:14
  • 花マロリン
  • URL
  • 編集

[C1551]

リュウさん、こんにちは。
ブルース・バンド、そうですね、プログレと一括りにされていても、イエスやキングクリムゾンとは確かに出発点が違うのですよね。
しっくりなじまないアルバムもありますが、ピンクフロイドしか出せない味が確かにあります。
夕焼けの件はとりあえずは何事もなくてほっとしていますが、ほんま気持ちの悪い空でした。
  • 2012-10-22 08:09
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1549]

毎度!Pink Floydですか、実はかなり好きなんですよ・・・。だってBlues Bandだと思ってますから(笑)
そして放心になるにもうってつけ、自分も良くやります!!

それにしてもこの夕焼けは・・・・・怖い位の・・。
確かに夕焼けが異常に赤いとって言われてますよね・・。
無事を祈りましょう!
  • 2012-10-21 15:07
  • リュウ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives