FC2ブログ

Entries

♪Love Lives Here

くさむら

昨年の夏に訪れたときには辺り一面まっ茶色の埋立地のような風景だった陸前高田の町。
今はほうぼうに雑草が生い茂り、時の経過をまざまざと感じさせられました。
ここに、かつて高田の町があった。
僕自身はその風景を見たことがないのでただ想像するしかないのですが、知っている方にとっては愕然とする光景なのだろうと思います。

ふと思い出したのはこんな歌でした。

It's hard to believe that this is the place
Where we were so happy all our lives
Now so empty inside and feeling no pain
Waiting for a hammer and a big ball and chain

They can tear it all down and build something new
But only I remember what was here
Tomorrow comes easy just another day gone
How long will I have to keep returning

 この場所が、かつて僕らが幸せに過ごした場所だとは信じられない
 今はもうからっぽで、痛みさえ感じない
 鎖につながれ、ただハンマーが振り下ろされるのを待っている

 彼らはひとしきり涙を流したあと、そして新しいものを建てはじめる
 けど、僕は、かつてここにあったものを思い出すだけ
 明日は簡単にやってくるし、毎日はあっという間に過ぎてしまう
 あぁ、どれほどあの頃に戻りたいと思っているだろう

                (The Faces - Love Lives Here)



今回のボランティアでは地元の方のお話を伺う機会がありました。
ご自身も被災され思い出したくない辛い経験をされる中で、あのときの状況を風化させてはならない、語り継いで行かなくてはならない、という思いで、"語り部"として活動をしておられる方々です。

市民体育館 

ここは市民体育館。陸前高田市での死亡者・行方不明者あわせては1996名にのぼりますが、この場所では100名以上の方が亡くなられました。
陸前高田の町は海から2km以上に渡って平野部があり、さらに今は失われてしまった7万本の松原が海岸線にあり、普段の暮らしの中ではあまり海を意識することはなかったそうです。
この体育館は災害時の避難場所に指定されていて、地震のあとたくさんの方々がここに避難されました。
誰もが、ここは海から遠く離れている、まずは避難すれば大丈夫と信じたことでしょう。
しかし、町を襲った津波は軽々と堤防を越え松林をなぎ倒し、平野部にあったこの避難場所はひとたまりもなかったそうです。
津波の高さは15mにも及び、たくさんの瓦礫を巻き込みながら体育館の中で渦を巻き、天井にまで届き、天井の梁にしがみついて翌日に自衛隊に救助されてかろうじて助かった方がわずかに数名。
渦の中に飲み込まれるたくさんの人、助けてくれという叫び声、力尽きて沈んでいく人、、、生き残った方が遭遇したものは本当に生き地獄だったそうです。

語り部の方はこうおっしゃっていました。
「なぜこんな場所が避難場所に指定されていていたのか、そういう悔しい思いはあります。でもそう言っても仕方がない。行政も含めて私たち住民の災害に対する意識が甘すぎたのです。」
「でも、どうか皆さんもご自身のことを考えてください。あなたの町でも起こり得ることなのです。まさかのときの避難場所はどこなのか、その避難場所はどんな災害には有効でどんな災害に対しては意味がないのか、まずは調べておいてください。」と。
それからこうもおっしゃっていました。
「命よりも大切なものはありません。それぞれ一人一人が、自分の命をまず最優先して逃げてください。ひとりひとりが“てんでんこ”に逃げましょう。」
なぜなら、亡くなったの多くが、家族を迎えに一旦自宅に戻ったり、家に物を取りに行ったりして津波にまきこまれてしまったからです。助けに行った家族はすでに避難していて無事だったのに、迎えに行った人が亡くなってしまった、ということもたくさんあったようです。
「こういうことは、あらかじめ話し合っておかないといざというときには実行できません。みなさんも帰ったらまずそのことを、大切な人たちと話し合ってください。ここで起きた悲惨なことを繰り返さないことが、亡くなられた方への一番の供養になります。」

このブログを読んだら、皆さんもぜひご家族やご友人と話し合ってほしいと思います。


被災地のことについて、あまり悲しい話やむごい話、荒れた風景のことなどはブログに書くべきではないと思っていました。実際にそのような体験をされた方も含めて、ただ訪れただけの部外者が訳知り顔で無責任にいろんなことを書くのは、気分を害される方もおられるのではないか、と。
ただ「このことをたくさんの方に伝えてほしい、一人でも多く、自分自身に起きることかもしれないと思っていただくことでまさかのときの犠牲をなくしたい」ということが語り部さんの思いでしたので、あえて書きました。



A Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse
A Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse / Faces


“Love Lives Here”は、1971年の発表されたフェイセズの3枚目のアルバム『馬の耳に念仏』に収録の、いかにもロニー・レーンらしいしみじみとしたナンバー。
失われたものへの嘆きの歌なのだけど、タイトルは“Love Lived…”ではなく“Love Lives…”なんですね。
過去形ではなく現在形で、まだ同じ場所で愛は今もここにある。
そのことがより深い悲しみと、絶望ではない一筋の光を表わしていると思います。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/740-02ce625d

トラックバック

コメント

[C1476]

リュウさん、毎度です。
ほんとうにまだまだこれからですね。
堤防を造るのか造らないのか、旧市街地を居住地にするのか、それとも高台を拓くのか、いろんなことが決まらない中でただ時間だけが過ぎていく、そんな感じみたいです。
ただ、12月の訪問の時よりもお店が増えて賑やかになっていて、確実に前進していることは感じられましたよ!

  • 2012-09-01 23:17
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1475]

ご無沙汰です・・goldenblueさん♪
そしてお疲れ様です・・。

まだまだ地震は終わって無いですよね・・。
阪神大震災でも10年はかかったのですから・・。

これからが本当のStartだと思ってます。

そんな中、ボランティア御疲れ様でした・・。

自分は石巻方面に足を運ぶこと多いですが・・まだまだですよね・・・ほんと・・。

自分が出来ることやって行きましょう、お互いに!

そしてFacesのこの曲はお気に入りです!

[C1474]

平泉登さん、こちらこそご無沙汰しております。ブログ、再開されていたんですね!
ボランティアは勤務先がたまたま関わりが深かったので行くことになっただけでひとりではとても行けなかったのですが、幾度か足を運んで、気仙地域の人のあたたかさに魅了されてしまいました。
現地へ行くと、復興なんてほど遠いことを実感しますし、現地の方とお話しする中で、忘れられることが一番悲しいことなのだろうと感じました。
部外者が勝手な思いを書いて、現地の方はどう思われるのだろうとも思いつつ、たくさんの人に知ってもらいたいという思いもあります。

ジャズ喫茶「ジョニー」さんは340号線沿い竹駒町のあたりで、仮設コンテナで再開されていますよ!
今回は足を運べませんでしたが、いつか訪れてみたいです。
  • 2012-08-30 23:39
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1473]

 watercolorsの平泉です。ご無沙汰しています。
 ボランティアご苦労様です。そしてありがとうございます。
 陸前高田は私の街の近隣で、幼い頃から何度も出かけた場所です。かつては日本ジャズが喫茶「ジョニー」があり、秋吉敏子が何度も訪れてくれたものです。写真の体育館も、バスケットボールのスプリングキャンプで何度かゲームした懐かしい場所です。
 数日前のの地元紙に、関西の大学生が被災地でボランティアするといったら、友人から「もう一年もたってるのに、そんな必要あるの」といわれたという記事が載っていました。たまたま先日お話を伺う機会があった、関西の著名な臨床心理士の高橋哲さんも同じようなことをおっしゃっていました。
 そのような中、ボランティアに来ていただき、本当に頭が下がります。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives