FC2ブログ

Entries

♪再稼動しちゃえば?

いっそさっさと再稼動しちゃえば?
この度の事故ではたくさんの放射性物質がまき散らかされたけれど、放射能を直接的な原因とした死者は一人も出ていないではないか。
つまり原子力発電所は、千年に一度の規模の大津波でも誰も死なないレベルには安全だということだ。
しかし、電気がなければ確実に死人が出る。
重篤な患者を扱う医療現場で、真夏に熱中症で、信号が止まった交差点で。

一昨年の猛暑、覚えていますか?冷房があってさえあれだけ暑かった夏、ピーク時に節電なんて本当に出来ますか?微量な放射線の影響は出るかでないか、出ても数十年の単位のこと、でも熱中症は今生きるか死ぬかだよ?
そして、電力の停滞が長引けば、確実に経済は衰退する。
経済が衰退するということはどういうことか?単なる不景気とは訳が違う。
この国でモノが作れない、生産がされなくなり流通が止まる、そのことで生活の糧を得ている会社は次々とリストラ、或いは倒産。仕事がなくなる、収入がなくなる、ますます消費は滞り行き詰る会社が増え失業者が増える悪循環、海外から入ってくるものは当然うんと高くなる。石油だって値段吊り上げられる。ものすごいインフレが起きてごく一部の金持ちと貧乏人の格差はますます広がっていくだろう。
仮に少しの規模の放射能漏れがあったところで、被害に遭うのは一部の人たちだけじゃないですか?
でも原発が止まったままだと日本中の人がとても困ってしまうんですよ?
少しの土地で農業や漁業ができなくなったとしても、経済さえ順調ならばよその国から買えば済むことじゃないですか?でも経済がだめになったら、よその国から買うこともできなくなるんですよ?
果たしてどちらが幸せでしょう?
それでも原発を稼動させるのは反対ですか?




極端に意地悪なことを敢えて書きました。
それは、原発がらみの報道を見ていたらこの歌を思い出したからだ。

  THE BLUE HEARTS-イメージ

♪どっかの坊主が親の脛かじりながら
 どっかの坊主が「原発はいらねぇ」ってよ
 どうやらそれが新しい流行なんだな
 明日は一体何が流行るんだろう

Bust Waste Hip
Bust Waste Hip / ザ・ブルーハーツ


♪イメージ、イメージ、イメージが大切だ
 中身はなくてもイメージがあればいい

この曲が出された80年代後半、チェルノブイリの事故を受けて反原発の機運が高まった。
今度の事故でも「あの時もっと反対していれば」と思った人も多いはず。
なぜあの時、運動は雲散霧消してしまったのか。
・反原発が特定のイデオロギーと結びついて、政治の道具のようになってしまったこと。
・バブル絶頂期、経済成長の足を引っ張るようなことなど到底考えるまでもなかったこと。
・なんだかんだ言ってもあれはソビエトでの話。優秀な日本人が事故を起こすはずがないと心の底では誰もが思っていたこと。
・反原発だと言うことが(エコロジーっぽくて)かっこいいことみたいになったこと。結果的にそれはファッションになり、最後には飽きられてしまった。
そんなとこじゃなかったでしょうか。

まずは「反対だ!」と声を上げること、それは第一段階としてはとても大切なことなんだと思う。
でも、ただ反対するだけなら、誰だって出来る。
原発を推進したい人たちはきっと、今「反対」と叫んでいる僕たちの底の浅さを知っていて、なんだかんだ言ったところで実際真夏になってにっちもさっちもいかなくなって計画停電をやるといえば、原発を動かしてくださいと逆に泣きついてくるさ、とタカをくくっているに違いない。
実際僕もそう思う。
「仲間を裏切らない」と堅く心に誓ったはずの男が、拷問を受けていとも簡単にすべてを吐いてしまうように、勢いだけの反原発の掛け声なんて、たった一日の猛暑の日の停電でもろくも崩れ去ってしまうに違いないのだ。
そうなってしまえばきっとおしまい。
あれほど威勢の良かった学生運動のお兄さんたちがあっという間に従順な社会人に変身して、続く世代の芽まで全部摘んでしまったみたいに(トゲのある言い方で申し訳ないが僕はあの世代が大嫌いなのです)、あっという間に終わってしまうはずだ。

本当に、子供たちの将来に原発を負の遺産として残したくないのなら。
志の高い一部の人たちは、節電を強要してはいけない。
つまり、電気を使うことを「悪」にしてはいけない。
人は誰も幸せと快適を求めるもの、苦行のために生きているわけじゃないのだから、幸せと快適のためには電気は必要なのだ。そこ、認めるところからはじめよう。
問題はどのようにして電気を造るか、だ。
そのために、どのようにして原発に代わるクリーンで持続可能なエネルギーを確保していくかの中長期的なヴィジョンとロードマップが必要だ。

まずは、福島での事故の原因を第三者機関を含めて究明すること。
その上で、地震や津波に対して一定の安全基準をクリアしている原発を再稼動を行うことについては、安定した電力を確保する上で必要ならば認めるべきだと思う。
ただし、事故が発生した際の避難計画を、事故の規模に合わせて(福島以上の規模も想定した上で)明らかにすること。
それから、老朽化した原発の廃炉の基準と手順を明らかにし、順次廃炉の作業に入ること。
並行して、代替エネルギーの開発が旺盛になるための補助金や税制上の優遇措置の政策を速やかに実行し、再生可能エネルギーの実用化を国を挙げて推進すること。
そのようなプロセスを経て30年程度かけて新しいエネルギーの仕組みを安定させながら最終的に原発を0にしていく。
実現可能な「脱原発」というのはこのような感じなのではないのだろうか。

電気を使うことを「悪」にした途端に、反原発は失速する。
ヒステリックになって性急にコトを解決しようとしないほうがいい。
冒頭に書いたような脅し文句で奴らは原発の再稼働を突きつけてくるのだろうけど、ビビッてはいけない。経済の低迷は奴らも望んではいないのだから、そんなのはただの脅し文句に過ぎないのだ。
反対派も推進派もこの国を滅ぼしたいわけではないのだから、接点は必ずある。
だから、どうか流行りで終わらせて頓挫してしまうのだけは勘弁してほしいな。





スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/704-27554ee2

トラックバック

コメント

[C1305]

非双子さん、こんばんは。
電気は最小限に、とは思いつつも今更ながら、やはり電気のない暮らしは成り立たないとつくづく思います。
本文にも書きましたが、電気が悪ではない。それを作る方法として、このままでは無理がくるから変えていきましょう、という考えでない限り、反原発が破綻するのが目に見えています。アツモノに懲りてナマスを吹くようなことをしていても疲れてしまう。疲れたあとに、またこりごりするのです。
エネルギーは10年単位で、目先の再稼働よりも、そういう議論が大切ですね。でなきゃ、それはそれで原発を続けたい人の思惑通りになってしまう。
  • 2012-06-06 22:01
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1304]

森のうさぎさんさん、そうですね。僕の周りでも普段あまりこのような話をすることはありません。皆さんそれぞれに思うことがないはずはないでしょうけど。

今の暮らしが幸せかどうか、それは難しい問題です。長生きが即幸せだとは思いません。短くてもとても幸せな人生もあれば、幸せとはいえない長生きもあるでしょう。死んだことはないのでわかりませんが、本当に死にそうになったときにはきっと死にたくないと思うと思います。生き物は生きるものですから。
長生き=幸せではありませんが、だからといって明治の暮らしが幸せだったといことにはならないでしょう。明治の暮らしもそれはそれで幸せも不幸せもあったはず、知らないからうらやましく見えるし、知っているからうらやましくない、ということはたくさんあります。
僕が一番嫌なのは『こんな暮らしが幸せなのだ』と誰かに決めつけられること、押しつけられること。何が幸せかは自分で決めたい、だから電気の不自由な暮らしも、自ら選び取るならいいけども誰かに押しつけられるのは嫌ですね。
森のうさぎさんさんの意見を否定するわけではありません。人間は快適に慣れすぎたと思います。でもその考えは押しつけられるものではない。
だから、原発のことにも世間の合意形成には時間がかかります。原発は要らないと思うのなら、粘り強くそのことを気が熟すまで訴え続けるしかないと僕は思います。
  • 2012-06-06 21:45
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1303]

電気で何が出来るんだろう?

ネット・電話・テレビやラジオ放送・電車・工業製品(食品を含む)・・・・・
意識しなくても生活の主要な部分を占めてます。

放射線って怖いの?

常時、宇宙や地面から放射線を受けてます。
パイロットや宇宙飛行士は地上の数十倍も被曝してます。
紫外線の強いモノとも考えられますが、
どこまで許容出来るのか数十年(数百年?)は判りません。

地震はくるの?

百年単位では何時か来ますが・・・

私は身近な感染症(新型インフル)や交通事故の方が心配です。

我が家は四国の伊方原発から数十キロ、今廃炉しても数十年は管理が必要なんで
稼動してても大勢には影響ないと思います。
出来ちゃったモノは少しでも有効利用しないと・・・

エネルギーは10年単位で考える問題だと考えてます。

  • 2012-06-06 20:23
  • 非双子
  • URL
  • 編集

[C1302]

見ず知らずの方なのに、何度もコメントして・・
うるさいな、そんな話題にはかかわりたくないんだよ!
と思ってはるやろか?
(私は宝塚市出身、神戸大好きです)

ミクシィをやっていますが(森のゆりさん、です。)
仲間たちで原発に触れる人はほとんどなく、お出かけしたことやランチの写真などばかり、、
一方、「さよなら原発・岐阜」のMLでは、一生懸命再稼働を止めようと働きかける人達、、
(お祭り騒ぎではなく、科学的な検証も福島の方達への支援も)

 その中間の人!? に出会って・・

>明治の暮らしが果たして幸せだったのでしょうか
~では、今の暮らしが果たして幸せでしょうか?

例えば、高齢者の寿命
高齢者施設で「今年も平均寿命伸びましたね」と話しかけると・・
 ニコニコとうなずかれるでしょうか?

NOです、「え~っ!そんなに生きんならんの?いやだね~」とみなさん口々に・・
寝たきりになっても、認知症になっても、医療の力で生きさせられ、
自然のお迎えにはあずかれないのです。
  • 2012-06-06 14:10
  • 森のうさぎさん
  • URL
  • 編集

[C1297]

森のうさぎさんさん、コメントありがとうございます。
おっしゃることはよくわかります。都会の電気の無駄遣いのために田舎が犠牲になってはいけません。一人一人が真剣に考えて電気の無駄遣いを減らすべきだと思います。
でも、みんながみんなそこまで高い意識で暮らしているわけではないのですね、残念ながら。その意識を啓蒙することはできても強制することはできません。
明治時代の暮らしに戻れば、という例えはよくでますが、明治の暮らしが果たして幸せだったのでしょうか。高齢者の寿命は確実に縮まります。乳幼児の死亡率もぐっと高くなるでしょう。そして、一億人がこの国に暮らすことはおそらく不可能です。
ちなみに僕は京都に住んでいます。福井との距離は福島県内の端から端より近いです。他人事だとはとても思えない距離です。
それでも、今は現実的な選択を積み重ねていくしかないのだろうと思います。将来的な理想は捨てずに、地道にひとつひとつ。





  • 2012-06-05 00:09
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1294] 今日をたいせつに~明日はないかも・・

レスありがとうございます。
先回コメントはタイプミスで、タイトルは「2012・6月」
そして「検索していましたら」です。失礼いたしました。

1000年に1回の大地震、それは1000年後ではなく、
 明日かもしれないのです!

岐阜県の市民有志は大飯原発付近から風船1000個を飛ばして風向き調査をしました。
 すると、やはり・・
 1時間ちょっとで岐阜県に飛んできた風船もありました!

事故が起きたら(国はすぐに知らせてはくれないから)
「変だな、と思ったらすぐ避難してきなさいよ」
北海道の友だちの言葉に涙がでます・・

福島と同じく、田舎県の岐阜が被害にあうのです、都会のぜいたくな電気の使い方を支えるために!

原発を止めても処理はたいへんです、でも稼働させれば使用済み核燃料が増加して、よりたいへんになるのです。
 そして、福島の方達の苦難を想うと、明治時代の暮らしに戻っても構わない、と思いますし、現実に
電気は最低限の生活で(月2000円)快適です。
  • 2012-06-04 13:24
  • 森のうさぎさん
  • URL
  • 編集

[C1293]

森のうさぎさん、コメントありがとうございます。
自然に囲まれた暮らし、素敵ですね。
皮肉っぽく記事を書きましたが、僕は基本、原発には反対です。人間の手に負えるものではないし、一国の首相ごときが責任を負えるものではないと思います。
ただ、やみくもで性急な反対運動はただの流行りで終わってしまう怖さがあるのです。
経済はもちろん一番ではありません。人間が豊かに暮らすためのもの。ただ、一億以上の人口を養うためにはやっぱりどうでもいいものではないと思うのです。
100年後のことを考えて10年20年のスパンで原発をなくしていくのが現実的なのでは、というのが僕の考えです。

  • 2012-06-03 19:26
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1291] 1212・6月

はじめまして~フォーエバーヤングを検索していたましら・・
再稼働しちゃえば?という記事が!!

岐阜県山間部森の中の我が家
 今朝、愛犬は庭でトカゲさんに出会い、ワンワンと数回威嚇した後、両者にらみ合い!
トカゲさんはじっと見つめていましたが、ワンコは逃げ腰でビクビクしていました。
トカゲさんはスキを見てさっと逃げました。

 私は菜園のきゅうりの葉かげに黄緑色のアマガエルさんを見つけました♪
かわいいね、君は♫キリリリリ~と美しい声で歌うシュレーゲルアマガエルさんかな?

 野ミツバを摘もうとしたら葉の上で1cm位のあかちゃんカマキリが遊んでいました♪
しばらく遊んでる、と言うのでその葉を摘むのはやめました。
 キャベツ畑ではトノサマガエルの丸いかわいい目と目があいました♪ 青虫取りお願いね。

・・原発事故が起きたら、こんな暮らしは~

岐阜県は、今、再稼働1番目となるか心配されている関西電力大飯原発の風下です・・

経済ってそんなに大切ですか・・

  • 2012-06-03 15:17
  • 森のうさぎさん
  • URL
  • 編集

[C1246]

非双子さん、こんばんは。
放射性物質は無害化できないからこそ人間の手に負えるものではない、だから原発には反対なのです。
ただ、いきなり全部止めたがらといって100%安全になるわけではなく、停止中でも放射能はあるし、廃炉にしても廃棄物を管理し続けていかなければいけないわけで、結局もうパンドラの匣を開けちゃった以上おつきあいしていくしかないわけですから、停めれば安全、停めるのが正義、みたいな短絡的な反対運動は違う気がするんですよね。
  • 2012-05-10 22:07
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1245]

言っちゃいましたね~(笑
賛同させて頂きます。

代替エネルギーの普及には最低でも10年以上はかかるでしょうし、その設備を造るのにも電気は必要。

また、廃炉しても数十年は管理するために費用が・・
放射性物質は元素なので細菌や毒物のように生物学的・化学的に変性(無害化)できません。
残念ながら、ただただ時間の経過と隔離のみ。

皆さん、明治時代の生活に戻る程の覚悟があるのでしょうか?
  • 2012-05-10 18:58
  • 非双子
  • URL
  • 編集

[C1244]

LA MOSCAさん、毎度です。
ハイ、かなりの暴言だと思います。炎上したらどうしようかとビビりながら書きました(笑)。共感していただけるとありがたいです。
そもそもがひねくれ者ですから、どうも闇雲な反対派には素直に頷けないものがあります。もちろん再稼働ごり押し派はもっと嫌。
お祭り騒ぎで盛り上がってさっさとおしまい、にだけはなってほしくないんですよね、違う意見を妥協しあいながら、長期戦で腹据えていくしかないやろ、と思うのです。

  • 2012-05-09 23:43
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1243]

リュウさん、毎度です。
なんていったらいいんでしょうか、この間の反原発の報道のされ方はなんか気持ち悪いんですよ。偏屈者の血が騒いで、つい悪態つきたくなるような。
ガーッと盛り上がってはさっさと忘れる、そんなことをまた繰り返すんじゃないの、みたいな気がして仕方がない。
世代間のギャップも感じます。揚げ足の取り合いにはあきれてしまうし、青臭く理想ばっかり並べて中身がないのももううんざり、現実的に積み重ねていきましょうよ、って感じですかね。

  • 2012-05-09 23:30
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1241]

確かに極端な意見だと思いますがあっていい意見だと思う。
俺もこっちに近い考えだし。
闇雲に反対してる人見ると言いたくもなりますよね。

皆がそうとは言わないけど、最新のお祭りってカンジだけはどうしても嫌です。

[C1239]

お早うございます♪
言いたいこと、わかりますねー!
今どこも牛耳ってる年代がまさに日和った世代、口だけ世代
そして、反核が胡散臭いのも、
深刻なエネルギー問題も…

思うんですけど、反核団体の声が全く聞こえないのは何故なんでしょう?

思うんですが、今までの膿が出てるんですよね!
もう一つは世代ギャップ、ここに本質あるのかと思います!
そして、そんな時パンクいやロックスピリッツが目覚めるのです(笑)
  • 2012-05-09 08:01
  • リュウ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives