FC2ブログ

Entries

♪ARBの10曲

石橋凌のソロ・アルバムで導火線に火がついて、このところどっぷりARB三昧。
年明け早々だということもすっかり忘れさせてくれるようなハード・ワーク・デイズをぶっとばすにはちょうどいい(苦笑)。
しかし、ARB。やっぱりかっこいいなぁ。血がたぎる。
何もかもうまくいかない、今すぐにここを飛び出してしまいたい、そんな怒りや苛立ちを、ぶっとばしてしまいたいユウウツを、目つきを変えて虚勢でつっぱねようとしていた十代後半の自分自身が甦ってくる。
古いカセットテープをウォークマンに突っ込むのは、リボルバーに弾丸を詰めるのと同じ感触なのだと思っていた。引きがねにかけた指に力を込めるようにヴォリュームをMAXにして石橋凌といっしょに叫びまくっていた。
ARBはあの頃の僕にとって、心のダイナマイトだった。

一緒になって歌った、大好きな曲がたくさんあった。
おぉ、そうだ。
今回の「10曲プレイリスト」シリーズは、ARBで行ってみよう!


1・イカレちまったぜ!
これは『指を鳴らせ!』の1曲目。
♪オマエ一人だけじゃないぜ 孤独を感じているのは オマエ一人だけじゃないぜ 匙を投げちゃいないのは
 悪いことばかりはそう続きはしない くたばってゆく前にチャンスをつかんで賭けてみろ
ロック魂のなんたるかの宣言みたいなかっこよさ。

2・BOYS&GIRLS
このイントロのシャープなリフ、凌の“Hello!”だけでもうノックアウト。
♪塀を飛び越えてみろ したたかに吠えてみろ
 狂えない時代の夜、今、音を立てて崩れてゆく…

3・ユニオンロッカー
これも思わず拳突き上げたくなるねー。
♪I am so angry,頭にくるぜ!

4・Well,Well,Well
♪俺はいつでもWell,Well,Well 飛び出してやるぜWell,Well,Well
 弱気に構えちゃNo,No,No 筋を通すのさWell,Well,Well
これは、最初に就職した後「こんな会社とっとと辞めてやる」なんて思いながらよくトラックの中で歌っていました(笑)。

初期の5枚は後聴きだけど、チンピラっぽいチープさ、野良犬みたいに痩せこけてもギラギラしている獰猛さがかっこいい。「Daddy’s Shoes」や「I’m Jumping」や「Wisky & Vodka」はもちろんだけど、「鏡の中のナイフ」「悲しき3号線」、それから「Believe in R&R」なんてのも大好きだったなぁ。

5・Black Is NO.1
6枚目『トラブル中毒』はぐっと音の世界が広がった時期。1曲だけ選びだすのは難しいくらいトータルでかっこいいアルバムで「Troubled Kids」や「Do It!Boy!」もずいぶん一緒に熱くなったけれど、あえて1曲選べばこれ。
♪塗りつぶしちまえ!Black is No.1!
ちょっとストーンズ風の重くてルーズなナンバー。

6・One Way Trip
僕の中でのARB最強布陣はこの第三期、光浩-滋時代。
最強アルバムは、この『Yellow Blood』。
そして最強ナンバーはこれ。
この疾走感、たまらん。
♪One Way Trip 握りしめる片道だけのチケット
 One Way Trip 暗闇の中を光を求めて
ダサいくらいのありきたりな言葉が、奴らの演奏にのるととんでもなくリアルにびしびし突き刺さってくる。

7・Fight It Out
♪俺のリズムはいつもの調子で別に古くも新しくもない
 夜のうちにスリルを飲み込み朝にステップを吐き出してんだ!
ぶりぶりとせりあがってくるようなリズムに合わせて石橋凌がラップみたいに吠えるところがもうめちゃくちゃかっこいい!

8・Happiness
白浜久-浅田孟時代のアルバムも全部ひとおり聴いたけど、アレンジもメッセージもやや大袈裟で、実際のところあまり素直にのめりこめなかったな。
そんな中で一番好きだったのはこの曲。
♪We can get Happiness 時代は変わる!
このポップな疾走感、ROCKだ!

9・After,45
ホーン・セクションは入るし、ダンサブルなのは演るし、光浩は歌うし、ずっとモノトーンだったバンドがぐっとカラフルになった『砂丘1945年』はファンの間でも評価の分かれるところだろうけれど、僕は好き。
そして松田優作と共演した映画のエンディング・テーマでもあったこの曲。
♪揺れる1985 過去は過去のもの 手を伸ばしてみる 夜明けに
 After1945 俺たちは生まれ 狭い街角で出会った
最初の会社の同僚がこれが大好きで、今もこの曲を聴くと、奴と悪ふざけしていた毎日を思い出す。

10・魂こがして
ラストはやっぱりこれしかないでしょう。
石橋凌が「一生歌っていきます。」といつもMCで言っていた、渾身の一曲。
♪家も街も遠く離れて一人道を走るボクサーのように
 闇切り拓け 魂こがして


BOYS&GIRLS 指を鳴らせ!/Snap Your Fingers(紙ジャケット仕様) トラブル中毒(紙ジャケット仕様)
ARB LIVE/魂こがして(紙ジャケット仕様) YELLOW BLOOD(紙ジャケット仕様) 砂丘

というわけで、ARBの10曲。
いつでもあの頃の、ハングリーで満たされない気持ちを呼び起こしてくれるこんな曲たちが、いつまでも熱く心に響いてくるような生き方でありたいな。
それが、あの頃のみじめさや悔しさに報いる一番の方法なのだ、と思う。


(書きながらすっかり十代後半~二十代前半の自分に戻ってしまったので、ずいぶん稚拙な文章になってしまいました(笑)。ロックのかっこよさを言葉で語るのって、やっぱり難しいわ。理屈よりも、まずは感じることだ、ってことだな。)




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/671-42259c58

トラックバック

コメント

[C2212] Re: 後楽園ホール

古い記事にコメント頂きありがとうございます。

> ☆ 指を鳴らせ!のツアーで見ました。懐かしいな。

一郎とサンジの時代のARBを生で見たなんて、めっちゃうらやましいっす。
  • 2014-05-01 22:20
  • golden blue
  • URL
  • 編集

[C2211] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C951]

ミモザさん、こんばんは。
一週間くたくたになったあとの「HOLIDAY」、まさに今の気分です(笑)。
このセレクトでは気合い系ばっかりが並びましたが、じんわりしみる名曲もたくさんありましたね。
「さらば相棒」「Heavy Days」「ボートピープル」。
酒飲みたくなってきたな(笑)。
  • 2012-01-21 00:14
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C950]

ほとんど一緒のチョイスになるかな。
ただ、NO1は「ホリディ」ですね、僕。

男は仕事終わり、バスに乗り~
AH、明日は何をしよう♪
久しぶりのホリディ♪

いいんすよね。
  • 2012-01-20 23:10
  • ミモザ 
  • URL
  • 編集

[C949]

konomiさん、毎度です!
BAD NEWSのA面といえば、トーキョーシティやBlack&Redですね。あと、ノクターン・クラブに乾いた花。
ARBからは、ぶれない魂や筋を通すことを学びました。今回の石橋凌のソロでもそこを貫いていることがやっぱりすごいな、と。
普段はアバウトでも、ここぞというときはぶれないでいたいなぁと改めてかみしめています。

  • 2012-01-19 00:44
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C948]

リュウさん、毎度です!
16歳の女の子のうたは「Just a 16」ですね!
今やデジタルでボタンをポチッ、ですから、たまにあのカセットテープをガシャッとやる感触をなつかしく思ったりします。
心の導火線、まだまだ湿気ていないと思いたいです。
  • 2012-01-19 00:32
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C947] goldenblue

ezeeさん、毎度です!
イカレちまったぜ!、めっちゃ気合い入りますね!
なんだかんだいっても、思春期に魂揺さぶられたものは一生モンです。いつまでもこの熱さは持ち続けていあいですね!
  • 2012-01-19 00:26
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C946]

毎度です。
かなりシビれた記事を二発ありがとーございます。

ARBは、ナンパな僕の高校生活を、
少し硬派なベクトルに替えてくれる唯一のバンドでした。

「Well Well Well」が入ってるのがシブいですね~
僕的には「W」まで、一郎とサンジ時代が彼らの全て。

「Bad News」のA面がいまだに好きだなぁ。

大好きなARBのベスト10曲、楽しませてもらいました。
ありがと♪

  • 2012-01-19 00:22
  • めれんげkonomi
  • URL
  • 編集

[C945]

熱いっすねー、めっちゃ熱い(笑)
〉古いカセットテープをウォークマンに突っ込むのは、リボルバーに弾丸を詰めるのと同じ感触なのだと思っていた
同じこと考えてました、あと、導火線に火を点けるとか(笑)
これぞロック魂ですよね!
自分はやっぱり、ウィスキー&ウォッカと、16歳の女の子の歌がたまりません!名前忘れてますが…^^;
  • 2012-01-18 20:58
  • リュウ
  • URL
  • 編集

[C944]

熱い! 最高すぎるやないですか。
イカれちまったぜ!がTopってのも完全同意。
Believe in R&Rも高校の時、河原町ビブレホールで演りましたヨ。懐かしい~
ARBの評価は一生、私の中では崩れません!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives