FC2ブログ

Entries

♪汗だくになるより、のんびりと

気がついたらもう8月。
仕事柄季節感はいつも現在進行形より少しずれてしまうのですが、なんだか今年の夏はちょっと妙。まぁ、この何年も暦どおり順調に季節が巡った記憶がないので今年に限ったことではないのだけれど、それにしても今年はどうも「夏だっ!」という気分が盛り上がらない。
6月末に先制パンチのように蒸し暑くなったかと思えば、台風の後はなんだかぼんやりした感じ。
今朝は久しぶりにすかっとした夏の空だなぁ、と思ったのも束の間、昼からは曇って、にわか雨。
なんだかなぁ、って感じでいまいち気分が盛り上がらない。
まぁ、それは決してお天気のせいだけでもないのだろうけれど、せめてお天気くらいピーカンに晴れてスコーンとすっきり抜けてほしいものだ。だらだらジトジト、じゃなく、スカッと汗をかきたい。

せめて音楽くらい夏らしいもの、ってことで山下達郎をひっぱり出してきたけれど、やっぱりリゾート・ミュージックの気分じゃない。
で、聴いていたのはこのアルバム。

POCKET MUSIC
POCKET MUSIC / 山下達郎


1986年、山下達郎がムーン・レーベルに移籍して出した最初のアルバム。
後に、開放的なリゾート・ミュージックばかりを求められる当時の状況に興味が持てなくなっていた時期だったと達郎氏が語っているように、今までの『夏』『海』という世界から一歩引いた、少し内省的なサウンド。
雨上がりの夜風に当たりながら、しっとりと聴こえてくる“SHAMPOO”や“POCEKT MUSIC”、“LADY BLUE”。懐かしい気分と同時に、若い頃に聴いた時よりずいぶんとしっくり来る。歳を重ねるとそういうことが時々あって、驚いたり嬉しくなったり。

あぁ、もう夏はいいや、汗だくになるより、のんびりといきたいもんだ、などと思いつつ、つい、缶ビールのふたをプシュ、っと。

結局のところ、猛暑でも冷夏でも、ご機嫌でも不機嫌でも、やっぱり夏はビールの本数が増えてしまうものなのだな(笑)。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/640-cea479ca

トラックバック

コメント

[C577]

LA MOSCAさん、こんにちは。
意外です(笑)!、いや、失礼、わかります。そこらへんの自称ロックの人よりもはるかに骨太で、魂がこめられた音楽を作っておられると思います。
JOYは、耳にはしたけど持ってないです。ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラヴ・ユーとか演ってるやつですよね、また聴いてみます!
  • 2011-08-05 08:23
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C575] 意外かもしれませんが・・・

俺も好きです、ヤマタツ。
まぁ、5~6枚しか聴いたことないし、ライヴも観たことないですが(苦笑)
そうそう、若い頃はバカにして(何様?w)毛嫌いして聴かなかったんですが今聴くとすごくいいです。
一番好きなのは『JOY』っていう2枚組ライヴ。
俺には彼の音楽はリゾートというより良質のポップスってカンジです。哀しみと狂気を持った。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives