FC2ブログ

Entries

♪Nobody Told Me / 冬の日のJohn Lennon

Milk and Honey

Milk and Honey/John Lennon

今年も残すところあとひと月となった。
振り返れば、重苦しいニュースが相次いだ一年だったと思う。もっとも、ニュースなんていうものは大半は重苦しいもので、いつだってハッピーなニュースなんてそうたくさんはないし、そもそも世間は暗く悲惨で重苦しいニュースが大好きなのだろうけれど。

ジョン・レノンのアルバムで『ROCK AND ROLL』の次に好きなのが、 『MILK AND HONEY』。
もう28年も前の冬の日、凶弾に倒れたジョンが録音中だった作品だ。
"Nobody Told Me"の中で、ジョンが歌っている。
「こんな時代になるなんて、誰も言ってくれなかったじゃないか。」

少し遅くめざめた朝、僕は"Steppin' Out"を鼻歌で歌いながらパンを焼く。
「朝起きたらブルースがまとわりついてたんだ。キッチンでタバコを一服してさ、悩み事を空へぶっとばすんだ。もう出かけていかなくちゃ。」

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/57-499a3731

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives