FC2ブログ

Entries

♪Lean on me / Bill Withers

Live at Carnegie Hall
Live at Carnegie Hall / Bill Withers


(拙訳:Lean On Me)

私たちの人生は
時々痛みや悲しみではちきれそうになる
けど、いつでも明日があることを、私たちは知っている

自分自身が弱っていると感じる時は私を頼ってほしい
あなたの友達になって
あなたがこれからも生き抜いていくための力になるよ
ほんの少しの間
誰にだって、頼れる誰かが必要だから

プライドをぐっと飲み込んで
時には人の力を借りることもあなたには必要だ
あなたが求めなければ
誰も手を貸してあげることも出来はしないから

自分自身が弱っていると感じる時は私を頼ってほしい
あなたの友達になって
あなたがこれからも生き抜いていくための力になるよ
ほんの少しの間
誰にだって、頼れる誰かが必要だから

もし耐えられないほどの重荷を背負っているならば
その重荷を手分けしましょう
あたなら呼んでくれればすぐに行くから

手を貸してほしい時は呼んでほしい
誰にだって、頼れる誰かが必要だ
あなたが抱えているやっかいごとをともにできるかもしれない
誰にだって、頼れる誰かが必要だ

自分自身が弱っていると感じる時は私を頼ってほしい
あなたの友達になって
あなたがこれからも生き抜いていくための力になるよ
ほんの少しの間
誰にだって、頼れる誰かが必要だから



ビル・ウィザースの、ゴスペル的フィーリングにあふれた“Lean on me”で歌われるのは、自身を取り巻く世界の痛みや自身を取り巻く世界の喜びへを誰かと共鳴しながら分かち合っていきたい…そんなメッセージ。
[Lean]=傾ける、ですが、完全に力を抜いて寄りかかる、委ねる、というようなニュアンスだと思う。
けど、そんなふうに心を開ける相手は誰でも良いってわけじゃない。
本当に信頼できる誰かでなきゃ、[Lean]なんてできない。

もうすぐクリスマス。
ソウル・ブラザー、ソウル・シスターへこの歌を。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/562-f2625ab2

トラックバック

コメント

[C1365]

hiroさん、ご指摘ありがとうございます。
どうやらloadをlordと取り違えていたようです。
拙い英語力でニュアンスだけで言葉を置いていますから恥ずかしながらこのようなことは他にもありそうです。
ご納得いただけない部分については、どうぞご自分で訳されてはいかがかでしょうか。

  • 2012-07-01 12:02
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C1364] 宗教臭いです

ビル・ウィザースのオリジナルの歌詞には「神」は出てこないと思います。「あなたを知るための課題が与えられている」も変です。大好きな名曲なので訂正してほしいです。
  • 2012-07-01 01:50
  • hiro
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Gallery

Monthly Archives