FC2ブログ

Entries

♪Company / Rickie Lee Jones

浪漫
Rickie Lee Jones / Rickie Lee Jones


ひと雨ごとに涼しくなっていく。まだまだ昼間は蒸し暑いけれど。
電車から降りたら、濡れて歩くのがちょうどいいような雨が降っていた。だから、駅からの道をとぼとぼと濡れて歩いた。
雨の中で煙草をくわえてみる。真ん中くらいまで吸ったところで雨粒が煙草を濡らしてしまう。僕は、火の消えてしまった煙草を指ではじいて路上に飛ばす。吸殻は道端で濡れてボロボロになってしまう。
そんな愚かな行為が決して楽しいわけではないけれど、それはそれで心地よいとまではいわないが、それほど悪い気持ちでもなかった。

秋の雨の夜、聴きたくなるのは例えば、リッキー・リー・ジョーンズのこのレコード。物憂げで秋の夕暮れのように心細げで、けれど芯のしっかりした強い意志を感じるリッキー・リーの声。時にお月様のように僕を照らし、時に秋の風のように僕の傍らをすりぬけてゆく。

ひと雨ごとに涼しくなっていく。まだまだ昼間は蒸し暑いけれど、油断しているうちに秋はいつもすぐに深まってしまうのだ。
そういえば、もう長い間、曇り空続きでお月様を見ていない気がする。雲ひとつない晴れ渡った空に煌々と輝くお月様が見たい。


(拙訳:Company)

あなたのことはあまりにも鮮やかに思い出すのでしょう
けどあたしは違う日々を送るの
誰もいなくなった後で交し合った会話
あなたならなんて言うのか想像してみるの

あなたに違う生き方を見てしまったの
だからあたしの夢から自由にしてあげる
けどあたしが銀河系を渡るときにはきっと
あなたとの日々を懐かしく思うのでしょう

共に力を貸し合える相手
そんなお付き合いができる人を探しているの
きっと何年かしてあなたは
相変わらずお付き合いのことで泣かされている
あたしのことを噂で聞くのでしょう

あなたはあなたの人生を歩むのね
あなたはいつかまたお互い会おうなんて言うけれど
あたしたちは決して同じままじゃいられない
こんなことはもう二度とないってわかっているの
あなたみたいな、じゃダメなの

あなたに違う生き方を見てしまったの
だからあたしの夢から自由にしてあげる
けどあたしが銀河系を渡るときにはきっと
あなたとのお付き合いを懐かしく思うのでしょう

共に力を貸し合える相手
そんなお付き合いができる人を探しているの
きっと何年かしてあなたは
相変わらずお付き合いのことで泣かされている
あたしのことを噂で聞くのでしょう




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/495-aa413156

トラックバック

コメント

[C2752]

紅い雫さん、リッキー・リー、いいですよね。
  • 2016-01-27 01:00
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2750]

同感です。染みるなぁ。
  • 2016-01-24 19:21
  • 紅い雫
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Gallery

Monthly Archives