FC2ブログ

Entries

♪ボ&ガンボ

ボ&ガンボ
ボ&ガンボ / BO GUMBOS


Bo Gumbosは、1987年に当時ニューウェイヴの先鋒だったローザ・ルクセンブルグのVo.どんととB.永井利充が、泥臭いピアノを弾くセッションプレイヤーDr.KyOn、関西ブルースの重鎮ブレイクダウンのドラマー岡地とのセッションを通じて、よりルーツっぽい音楽を演ろうと、ローザを解散して結成したバンド。
Bo GumbosのBoは、50年代ロックンロール黎明期に陽気なジャングル・ビートで一世風靡したボ・ディドリーのBo。Gumboは、ニュー・オリンズのごった煮スープ、転じてニュー・オリンズ産のR&Bやブルース、ジャズ、ファンクをごっちゃまぜにした音楽のこと。その名の通り、どろどろに煮込まれたコクのあるスープみたいに濃く味わい深く、お祭りみたいに人を興奮状態にさせる生命力の素みたいなものを持ち合わせたバンドだった。
民俗学で「ハレ」と「ケ」という概念がある。
「ハレ」とは儀礼や祭り、「ケ」は日常生活。「ケ」の中で蓄積する疲労やエネルギーの枯渇(「ケガレ」)を「ハレ」で回復するというようなこと。
ローザ時代からどんとの表現方法はどんどん変わっていったけど、日常生活からぶっとんだ、まるでお祭りのような“「ハレ」の機能としての音楽”はずっと変わらなかった。まるで何かが憑依したかのように、あっちの世界とこっちの世界をまたにかけて行き来するような表現。あらん限りのエネルギーをすべて今ここで吐き出し尽くすかのような音楽。
どんとはいつもそんなふうにエネルギーの塊になってステージのど真ん中で太陽のように熱を放っていた。



泥んこ道を二人でころがりおちた
もう二度と戻れない愛の世界に
もぐりこんで もぐりこんで ずっと抱き合って
ころげおちて ころげおちて 泥んこ道を二人で

おまえが唄えばだれよりいやらしい
朝も夜もず~っと唄っておくれ

泥んこ道を二人で歩いてゆこう
もうだれも二人を止められないのさ
もぐりこんで もぐりこんで 愛におぼれて
ころげおちて ころげおちて 泥んこ道を二人で

おまえが唄えばだれよりいやらしい
朝も夜もず~っと唄っておくれ

もぐりこんで もぐりこんで 愛におぼれて
ころげおちて ころげおちて 泥んこ道を二人で
もっと もっと もっと 愛し合おう
ずっと ずっと ずっと 泥んこ道を二人で

     (泥んこ道を二人で)


「ハレ」の日は日常生活と違ってあらん限りのエネルギーを浪費する。そんな生活を毎日続けれるわけもなく、Bo Gumbosは1995年に解散。どんとは沖縄に移り住みインディーズから独特のソロ・アルバムを出していたが、2000年にわずか37歳で脳出血で帰らぬ人となった。一生分のエネルギーをあっという間に使い果たしてしまうような生き方だった。
人の人生のエネルギー総量は決まっているのかもしれないな。
Bo Gumbos関係のネットをいろいろ見ていたら、今年はBo Gumbos結成20周年とのことで、夏にはどんとを除くメンバーで3/4Bo Gumbosのライヴがあったり、ローザ・ルクセンブルグの元メンバーも交えたBo Gumbo Rosaなんてのもあったり、未だにBo Gumbos周辺は賑やかだ。2005年に出たトリビュートアルバムも素晴らしい出来だったし。
ひとつの場所に留まらずどんどんスタイルを変えていったどんとがこのような事態をどう考えるのかは別にしても、亡き後もそうやって関わった関係者を集めさせてしまうエネルギー。やはり太陽のような人だったのだと思う。



風が騒ぐ夜はうちへ帰りたくないよ
みんな寝言言ってる夜は
風が騒ぐ夜はうちへ帰りたくないよ
きみをたたき起こしに行くよ
目を覚ませよ
Hey,Hey,Hey
俺たちゃ車飛ばして 海の見えるほうへ
窓開けて風にまかれて君のうちのほうへ
トンネル抜けて
トンネル抜けて

 
  (トンネル抜けて)



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/428-cb9f580b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Gallery

Monthly Archives