FC2ブログ

Entries

♪Midnight Rider / The Allman Brothers Band

Idlewild South
Idlewild South / Allman Brothers Band


(拙訳:Midnight Rider)

隠れ続けなきゃ 逃げ続けなきゃ
だから転がし続けていくのさ
もう1ドル銀貨をくれないか
けど、決して奴等にゃ捕まりはしない
真夜中のライダーを 
奴等は決して捕まえられはしない

服すらまともに持ってないけど
道は永遠に続いてゆくのさ
もう1ドル銀貨をくれないか
けど、決して奴等にゃ捕まりはしない
真夜中のライダーを 
奴等は決して捕まえられはしない

お気に入りの店へ行ったんだ
古いベッドを手に入れて、もうすぐ届くだろう
もう1ドル銀貨をくれないか
けど、決して奴等にゃ捕まりはしない
真夜中のライダーを 
奴等は決して捕まえられはしない
真夜中のライダーを 
奴等は決して捕まえられはしない



どちらかといえば重い現代社会の「今」を表す閉塞的な曲が並んだパティ・スミスの最新アルバム『Twelve』の中で、唯一風が吹きぬけるような印象の曲がこのオールマン・ブラザース・バンドのMidnight Rider。
え、こんな曲だったっけ、とオールマンの古いアルバムを聴きなおしてみてとっても悪くない気分。けど、この曲でも素晴らしいスライド・ギターを披露するデュエイン・オールマンは、この翌年、バイクで対向車線にはみ出してトラックにはねられ亡き人になった。皮肉なことに、真夜中のライダーの命を、奴等は捕まえてしまったのだった。

パティはこの曲に関して「この曲を選んだのはただ歌いたかったから。」と。そして「バタバタ急ぐこともせずただ自由にプレイした。広野を一人馬で駆け抜け、丘へ上るライダーの気分。絶対に捕まるもんかという自信に満ちて」とコメントを寄せている。
絶対に捕まらないという自信に満ちて。中途半端におどおどしちゃだめ。根拠なんかなくってもいい。絶対に捕まらない。大切なのはそれを心から願うこと、念じること、疑わないこと。

オールマン・ブラザース・バンドは、デュエインを失った後も紆余曲折がありながら今もプレイし続けている。その姿はもはや奴等の手から逃げ切った安堵感でお迎えを待っているようにすら見えるけれど、とにかく彼らは逃げ切ったのだ。そのことに敬意を表したい。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/418-4be29c08

トラックバック

コメント

[C3329] midnightrider

30年以上きいてきてやっと本当の自分にとっての意味わかったきがしましたありがとうごさいます あとジョンプリンのボニーレイットが歌っているエンジェルフロムモンゴメリーの意味も理解お願いできたら嬉しいです
  • 2019-09-28 15:06
  • Dog
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Gallery

Monthly Archives