fc2ブログ

Entries

♪North of a Miracle / Nick Heyward

North of a Miracle
North of a Miracle / Nick Heyward


ゴールデンウィークのしめくくりは、一日中しとしと降る小雨だった。
梅雨時の雨と違って、じっとり湿っぽくないさわやかな雨。
ぼんやりと感傷に浸るには悪くないお天気だ。
こんなクールな日にふと聴きたくなったのは、例えばニック・ヘイワードのこのアルバム。
センチメンタルだけど、湿度の低い、そよ風が吹き抜けていくようなさわやかさが、少し甘酸っぱい香りを運んでくる。
ふとずっと昔のこと、小さな恋の悩みや、これから先の人生について思い悩んでいた頃を思い出させるような。


(拙訳:Whistle Down the Wind)

窓の外で
何かが起きている
覗いてみよう
僕のプリズムを通して

キスを交して友達になろう
僕らしいユーモアさ
窓の外で
何かが起きている

僕の時間を何処かへやって
僕が大事に過ごしてきた時間
十字架にキスして投げ捨てて
ろうそくを吹き消して
ドアを蹴り破って

ハロー、君が素敵な気分だと良いね
ハロー、君が僕のこと感じてくれるとうれしいよ
ハロー、君が素敵な気分だと良いね
ハロー、あの時のことを思い出してほしいんだ

窓の外
僕があげたばらの花もどこかへいっちゃった
写真の中
そばかすだらけの君
けど、微笑んではいない

僕の時間を何処かへやって
君が必要だっていった愛を全部
花開き呼吸する君を見ていたい
僕にキスして
君の口笛を聞かせて

ハロー、君が素敵な気分だと良いね
ハロー、君が僕のこと感じてくれるとうれしいよ
ハロー、君が素敵な気分だと良いね
ハロー、あの時のことを思い出してほしいんだ

風に乗ってゆく口笛
風に乗っていく口笛
キスして友達になろう
風に乗っていく口笛


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/409-af5ab270

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Gallery

Monthly Archives