fc2ブログ

Entries

♪(Everything I Do) I Do It for You / Bryan Adams

Waking Up the Neighbours
Waking Up the Neighbours / Bryan Adams


初夏の頃に似合う音楽といえば、何となくブライアン・アダムス。Tシャツとジーンズの似合う青春ぽい爽やかさがこの季節にマッチする。

ブライアン・アダムスは1959年カナダ生まれ。1980年、21歳でデビューし1983年の「Cuts like a Knife」でブレイクし、翌年の「Reckless」が世界的に大ヒット。5曲のシングルヒットを連発した。
彼の音楽の良さは、一言で言うと「若さ」。ストレートで実直で熱血で健康的で素直な想いを、ストレートなビート、ストレートなギターに乗せて、ポップでわかりやすいメロディで、少し苦味のあるハスキーな声で歌うブライアン。大人になって聴けばかわいらしいくらいだけれど、正直、いじけてひねくれて女の子にモテなかった僕のような少年からは、ある意味羨ましく、ある意味健康的過ぎてなかなか感情移入できない、そんなシンガーだった。

大ヒットのあとにどんな作品を世に出すかでアーティストの真価は問われる。
ブライアンの中では健康的で単純であることが実はコンプレックスだったのだろう。1987年、ブライアンの5作目「Into the Fire」は、ある意味周囲の期待を裏切る、渋い音楽性と哲学的な悩みを抱えた詞を持った作品だった。大人っぽく渋いそのサウンドはかっこよかったけれど、何かが失われていた。瑞々しさのようなものが。そして結果、セールスも評価もボロボロだった。

その後1991年まで、ブライアンは沈黙する。
そして発表されたのがこの「Waking Up The Neighbours」。
そこには、ブライアンらしい、素直で健康的なメロディやアレンジが戻ってきていた。無理した背伸びじゃなくほんの少しだけ大人になって、けどあのころのやんちゃ坊主のままの屈託のない笑顔のような音楽。
例えばこの曲「(Everything I Do) I Do It for You 」にしても、馬鹿みたいにストレートな、気恥ずかしくなるようなラブソング。これが結果的には大ヒットシングルになる。
自分なりの自信作「Into the Fire」が支持されなかったことに、ずいぶん迷ったのだろうと思う。そして最終的に『自分らしさのままで行けばいいじゃないか』という境地にたどり着いたのだと思う。そしてその自分らしさとは、実は自分の中にではなく、自分とオーディエンスの間に生まれるものだということに。

それからのブライアンの足取りはご存知の通り。少し歳はとったけれど、今も万年青年のような爽やかでやんちゃで素直で熱血な音楽を提供してくれている。売れ線狙いのバラード・シンガー、サントラ・シンガー的な受け止めや中傷もあるのかもしれないけれど、僕はそうは思わない。聴衆の求めるものを素直に紡ぎだすことに喜びを感じる音楽職人。それこそが彼らしさを一番発揮できる場所なのだとしたら、そしてそのことで多くの人が喜び感動するのならば、それは、この上なく素晴らしいことなのだと思う。


(拙訳:(Everything I do) I do it for you )

僕の瞳を見れば、わかるだろ
僕にとって君がどれほど大切かってこと
過去を省み、魂の求めるものが何かを訪ね
その果てで僕の姿を見つけるだろう

やるだけ無駄だなんて言わないで
命を懸けてやるようなことじゃないと
僕のすることは全部君のため
本当だよ、わかるだろ

僕の心を覗き込めば気づくだろう
隠すものなどもはや何もない
ありのままの僕を受け入れて欲しい、僕の命までも
僕は思う、全てを君に捧げたい
全てを犠牲にできればと

戦ってまで得る価値などない、なんて言わないで
この気持ちに抗えないんだ、それ以上望むものなどないのだから
僕のすることは全部君のため
本当だよ、わかるだろ

君の愛以外、愛と呼べるものなどありはしない
誰も君以上の愛をもたらせはしない
もし君がいなければ、僕には行くところさえない
どこにいても どんなときも

やるだけ無駄だなんて言わないで
命を懸けてやるようなことじゃないと
僕のすることは全部君のため
本当だよ、わかるだろ
君のためなら戦いに挑もう
君のためなら綱渡りだってできる
君のためになら命を落としても構わないとさえ思う


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/405-7a797191

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Gallery

Monthly Archives