FC2ブログ

Entries

♪君にだけわかる言葉

君にだけわかる言葉

君にだけ わかる言葉
僕にしか わからない嘘
たった一言で たったそれだけで
僕の中にいつも君がいる

ふたりにだけ わかる夜も
輝く空の向こうに
たった口癖で たったそれだけで
僕の中にいつも君がいる



日本が生んだ偉大なるソウルシンガー、忌野清志郎。
「トランジスタラジオ」に衝撃を受け「雨上がりの夜空に」に驚喜した1980年。あれからもう四半世紀以上も経ってしまったなんてね。
あの頃20代後半だった清志郎ももう55歳。…僕らが中学生の頃、30代なんてすげーおっさんだと思ってたけど「こんなかっこいいおっさんもいる」と教えてくれたのが清志郎だった。清志郎を見てると、あんなふうにやんちゃなまま歳とっていくのもありだな、なんて思う。
昨年アルバムを録音したあと、喉頭がんに冒されて療養中との発表があった。どうやら無事退院され、一月には札幌で飛び入りでチャボと共演したらしい。早く良くなってRCの再結成期待してます。

この曲は、1995年発売、三宅伸治との共作シングル。清志郎らしいキュートなラブソング。なんとなくとっても今、この曲の気分なのです。
けどこの曲、なぜかどのアルバムにも入っていない。
CompleteBoxでも発売する時には必ず入れてほしいけど、CompleteBoxを発売するなんてくたばってからでOKだぜ、清志郎!




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/350-f5661a66

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives