FC2ブログ

Entries

♪I Dreamed a Dream

What You See Is What You Sweat
What You See Is What You Sweat

Aretha Franklin

(I Dreamed a Dream)

私には夢があった
過ぎ去った日々に夢があった
そのころ希望は高く
人生は生きるに値した
愛は死なないと夢に見ていた
そして神は許してくれるだろうと夢に見ていた
若く恐れ知らずで
そして夢が作られ、使われ、味わわれた
払うべき代償もなく
歌われない歌はなく
無駄に使われるものは何もない

そして私は今も夢を見ている
私はここに立って、夢を見る
彼は私のところにやってくる、きっと
そして私たちはまた、人生を共に生きる
けど実現できない夢もある
実現できない
そしてまた私たちには 避けられない嵐が

私には夢があった
そう、人生は変わってしまうような夢が
夢に何が起きてしまったのだろう
夢の姿もずいぶん変わってしまった
けれど、私たちが見る夢を
人生は奪い取りはしない



ソウルの女王・アレサ・フランクリンは1942年生まれ。高名な牧師の家に生まれ幼い頃からゴスペルを浴びて育ち、1961年にデビューしたが泣かず飛ばず。1967年のアトランティック・レコード移籍後、サザン・ソウルの立役者としてヒットを連発。しかし時代と伴に70年代半ばからはヒットに恵まれず一度はシーンの前線から退いたが、映画ブルース・ブラザースでの好演などで再び押し上げられ80年代半ばに復活。以来、ソウル・クイーンとして支持され続けている。
そんな背景の下にこの歌をかみしめると実に味わい深い。
夢はいつも実現したとたんに泡と消え、果たされる夢は果たされぬままに破れ打ち砕かれ消えてゆく。けれど、夢そのものはどんなに姿を変えあっとしても、夢見ることそのものが失われることはない。夢の形は変わっても、これからもずっと夢を見続けてゆく、それが生きること。
クールなふりして自分の殻に閉じこもってないで、これからも夢を見続けていかなくちゃ…なんて、アレサのパワフルな声には、そんな風に反省と改心を促すサムシングを秘めているように思う。あんまりパワフルでケツはたかれそうなので、落ち込んでる時にはあまり聴きたくないけれど、有無を言わさぬその力強さは、やはり人生の紆余曲折の中で培われたものなのだろう。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/331-2a30272a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives