FC2ブログ

Entries

♪5年目に

高校生の頃、受験勉強そっちのけでノートになにやらいろんなことを書いていた時期があった。
いろんなことが思うようにいかなくて悶々とした毎日の思いを吐き出す場所が日常生活のどこにもなくて、僕はそんないろんな思いをノートに書き綴ることでなんとか持ちこたえていたのだ。カッコよく言えばね。
でも、そのノートは今はもうない。ある季節が過ぎたあとに読み返せばそれはあまりにも気恥ずかしいものでしかなくて、ある日全部処分してしまった。
そのときの思いは今はもう思い出せない。もし思い出せたとしても、その頃の思いを言葉にすることはもはや不可能なのだ。

40歳を目前にした39歳の秋。
自分の中で何かが変わっていこうとしているのかもしれない、という気がしていた。
その変化は、悪い種類のものではない。ただし、その変化によって自分自身のある時期が失われてしまうのかもしれないという予感があって、それは少し寂しい気もしていた。誰からも蔑まされるような着古したボロ着にも、着ている本人だからこその愛着ってものがある。
何か自分自身のために書いておくべきではないのか。
高校生の頃の気持ちを思い出すことが出来ないように、今の思いもきっとそのうちに忘れてしまう。後になって同じようなことをなぞって書こうとしてもそれはずいぶん変質してしまったものに違いないのだ。
忘れてしまわないうちに書いておかなくてはいけないのではないか。
ブログを書こうと思ったのは、そんな感じだったのだなぁということが今振り返ってみるとよくわかる。
そして最初に書き始めたのが"音楽と人生に関する一考察"というタイトルのブログ。
第一番目の記事は佐野元春の『SOMEDAY』、日付は2006年11月2日。
だから、なんだかんだとブログのある生活がもう5年目に突入していることになってしまった。

そんなに長く書くつもりはなかったのだ。
実は「今自分の手元にあるものを片っ端から書いて、書ききったらさっさとやめよう」と最初から考えていた。だから、まるで自分の中身を次々ひっくりかえしてはとりあえず床に散らばらせて、ひとつひとつ棚に直していくような感じで床の上から拾っては書いた。
果たして計画通りに、2008年の3月で一旦終了した後、4月から今のブログで再スタートしたのは、当初はまるで想像もつかなかった、ブログを通じて広がる世界のおもしろさを知ってしまったからだと思う。
一番最初にコメントを下さった方とはいつの間にかすっかり疎遠になってしまったけれど、普通に暮らしていては知り合うことすらないであろうたくさんの「仲間」と呼んでいい方々との出会いや交流は、いまやとても大切なものになりました。


Snap (Exp)
Snap / The Jam


ザ・ジャム。当時19歳だったポール・ウェラーが中心になって結成。パンク・ムーヴメントの影響を受け、1977年にデビュー。
シャープでキレのよい演奏と若い世代の性急なメッセージを携えて一躍世界を席巻するが、1982年に6枚目のアルバムを出した後、人気絶頂の中で電撃的に解散。
そしてポール・ウェラーは、すぐさま翌1983年に新しいユニット"スタイル・カウンシル"を始動させる。
硬派なイメージだったジャム時代とうって変わって、スタイル・カウンシルはソウルやR&Bの影響が濃いブラック・コンテンポラリー的なサウンドへシフトしよりポップで洒落たイメージで人気を博したがその後低迷。1989年にはレコード会社から契約を拒否される形で自然消滅してしまう。

Singular Adventures
Singular Adventures / Style Council


このブログを始める時、「今度はスタイル・カウンシルみたいにしよう」と漠然と思っていた。
新しい形式、今までとは違うやり方、今までの器ではうまくはまらなくなってしまった自分の気持を盛るための新しい器。これからの自分を上手に盛り付けるための器。平たく言えば、まぁちょっと気どって書いてみよう、と(笑)。
そう考えれば、最初のブログはジャムだったってことになる。とりあえず勢いで突っ走った、という意味ではそうかもしれない(苦笑)。


モダンクラシックス
Modern Classics / Paul Weller


スタイル・カウンシル消滅後、ソロになったポール・ウェラーは、奇をてらわずに、自らのルーツであるR&Bに根ざした芯が太くてどっしりしたサウンドで、その後もマイ・ペースで素晴らしい作品を作り続けている。
このベスト盤は90年代のソロ初期の4枚からのセレクトだけど、どの曲にも迷いがない。ジャムのシャープさやソリッドさもスタイル・カウンシルのスマートさもないけれど、だからといって枯れてもいないしかつての自分の縮小再生産を粛々と演っているふうでもない。どこから見渡してもポール・ウェラーにしか出せない独特の色気が漂っている。
もはや揺らぐことなどない、ちゃらちゃらとスタイルを変える必要もない、自分自身の音楽を誰のためでもない自分自身のためにこれからも演奏していくのだ、というような一本筋の通った潔さが感じられる音楽なのだ。

おぉ、そうだ。この先はこんな感じで行こう!

なんて…また単純にすっかり影響受けている僕なのであります。










スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/240-abe90afc

トラックバック

コメント

[C220] Re:

つき子さん、どうもです。お褒めの言葉、ありがとうございます。
自分の楽しみで書いているのに、こうやってたくさんの方からコメントをいただける、というのはブログの醍醐味ですねぇ。嬉しい限りです。
「言葉の力」、読んでいる方以上に、書いている本人に一番効いているような気もします。もわっとした手探りのものが、書くことで何かひとつの光になってりするようなことがごく稀にですがあります。そういう時、なんとも言えない良い気分になったりするのです(笑)。

[C216]

 あらためて5年目スタート、おめでとうございます。みんなが誉めると、あまのじゃくな私はなんかよけいなことを言いたくなってしまうけど、メデタイ席なので。みんなに負けずに誉め言葉を・・・言葉の力にクラクラしたブログでした。
  • 2010-11-08 20:52
  • つき子
  • URL
  • 編集

[C213]

こんばんは♪ goldenblueさん
「ひとつかみの夜空」http://fukigenneko.at.webry.info/で再スタートをきりました。
今後もよろしくお願いします。
  • 2010-11-07 20:25
  • まり
  • URL
  • 編集

[C212] Re:

Okadaさん、こんばんは。
>同じ様な音楽が好き、ということは同じ様なスピリットを持っている
そう、そうなんでしょうね。共感できることが多いのはきっとそういうことなんでしょう!
また飲みにいきましょうね!

[C210] こんばんは

こちらも5年目ですか。ぼくは数字に疎い人間ですが、5年というのはちょっとした数字ですよね。この5年の間には色々な思いが詰まっていることと思います。乱暴な考えかもしれませんが、同じ様な音楽が好き、ということは同じ様なスピリットを持っていると思うんです。だから仲間意識というのが生まれやすいのでしょうね。

goldenblueさんのブログは自分が言葉にできなかった思いを、とても自然な形で言葉にしてくれることが多くて、いつも共感しまくっています。また、一杯やりましょう。

[C208] Re:

まりさん、こんばんは。
いよいよ復活間近ですか!楽しみです。
年下の男の子たちを今後ともよろしくお願いしますね!

[C207] Re:

LA MOSCAさん、毎度です。
日常聴いている音楽の種類がどうこう、じゃなくて根っこのところでとても共感できる人はみんな「仲間」だと勝手に思っています。なのでLA MOSCAさんももちろん「仲間」!「仲間」って言葉のおいしいところ、こないだの早慶戦で斉藤佑樹にとられちゃったけどね(笑)。

[C206] Re:

kingさん、こんばんは。
>勢いと知性が交錯する、とはまた、すごくかっこよく誉めていただいたような。照れくさいですね(笑)。ありがとうございます。
さて、この先もネタが続くのか?という気もしたりはするのですが、日常いろんなことが起きるし素晴らしい音楽はたくさんあるから、まぁマイペースでやっていこうと思います。

[C205] 5年目おめでとうございます♪

いよいよ本日設定しますよ。
私は6年目です。
最初は私と同じ年代が少なくて ジェネレーション・ギャップに戸惑いましたがそれも楽しめるようにもなりましたよ。
一重に年下の男の子好きが良かったみたい(笑)色んな人に好奇心を持っている限り続けられるなと変に自信をもったりして。
それとまだまだ聴いてないアルバムがたくさんあってそれも書いてみたいという意気込みもあります。
これからも 戯言めいたブログを再開しますが どうぞ宜しくお願いします!
  • 2010-11-06 08:51
  • まり
  • URL
  • 編集

[C204] 俺も?

5年目おめでとうございます!
これからもgoldenblueさんならではの記事、期待してます。
俺も仲間と思っていいですか?

[C203] 5年目おめでとうございます

5年目おめでとうございます。僕のブログも4年になりますが、更新したりせんかったりの中断が長いので、もうそんなに経ったの!?と自分自身が驚いてしまいます(笑)

goldenblueさんの文章は率直でパンクの精神性というのがあちこちに感じられると思います。勢いと知性が交錯するJam~スタカンという例えはgoldenblueさん自身を見事に投影してるんじゃないでしょうか。僕にはない文章の形態で、いつも新鮮に楽しく見る事ができます。
何はともあれ、僕も5年目に向けて頑張ります。またちょくちょく遊びに来てくださいね。

[C202] Re:

mono-monoさん、こんばんは。
こちらこそ、みんなそんな感じなんだなあ、とほっとしています。文章を書くことって何の意味もないように思うこともあるけど、自分の思いを整理したり吐き出したり書くことで気付いたり反省したり元気がでたり、そんな精神的な効用があるのかな、とも思ったりしてます。いい感じに文章がまとまったら、クリーンヒットを打ったみたいにスカッとしますよね(笑)。
まぁ気負わずぼちぼち続けていきたいと思っています。
  • 2010-11-05 21:12
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C201] !祝!

goldenblueさん
ブログ生活5年目突入、おめでとうございます!

大人になりたい気持ちと、大人になってたまるかという気持ちが交錯する様を読ませていただいて、自分だけじゃないんだ、と大いに共感し勇気づけられております。
これからも、「誰のためでもない自分自身のため」の記事を書いていってください。
更新を楽しみにしております!

すっかり忘れていましたが、私も高校生の頃、ノートにいろいろ書きなぐってました。
あれどこやったかな?(笑)

[C200] Re:

リュウさん、こんばんは。
まったく、普通に暮らしていてこれだけある意味コアな音楽好きの仲間に巡り会えることはまずありませんからね、ブログってなかなかすごいメディアだと思います。趣味の近い方だけじゃなくそうじゃない方でも、その思いはすごーく共感できたりするんですよね!
これからもよろしくお願いします!
&そのうち飲みましょうね!

[C199] Re:

平泉澄さん、こんばんは。
10月の間ずっと更新がなかったのでどうかされたのかなぁ、と思っていました。お元気そうで何よりです。
ピュアで誠実、というのはあまりにも照れくさくて、実際かなり汚れきっていますが(笑)、まぁこれからもぼちぼち続けていきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。
ポール・ウェラーのソロ、ガツンともしみじみともこないけど、このアルバムのジャケットみたいに凛とした立ち振る舞いがいいですよね!

[C197]

今晩は♪

5年!おめでとうございます♪
早いようで、長いようですよね・・。
不思議な感じです・・。

でもブログを始めなかったら、
goldenblueさんともやり取り出来なかった訳で、
そういう意味で、改めて感謝です!

これからもお付き合い下さい♪

Jamとスタカンの例え、凄くわかりやすいです。

そして、いつも上手いなと感心してますよ~

[C195] こんにちは

しばらくぶりに読ませていただきました。
ピュアな気持ちで誠実な文章をかけるgolden blueさんを素敵だと思いました。
スタイルカウンシルは私も好きでした。
ポール・ウェラーのModern Classics 、私ももっています。音楽に対してピュアなポール・ウェラーを、とても好ましく思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Gallery

Monthly Archives