FC2ブログ

Entries

◇Since2011

「被災地の人たちのために私にできることは何でもやっていきたい。」
ワイドショーを見ながらぼろぼろと涙を流してそんなことを言っていたのと同じ口であなたは、
「検査をしているといっても信用できない。東日本が産地の野菜や肉は嫌。」
そう言ってスーパーマーケットで片っ端から産地をチェックする。
この商品はどこで作られたものなのか、とスーパーの担当者に詰め寄る。
問い合わせた産地が中国産だったことを受けて「国産よりもいいわ。」と納得するあなたは、ほんの少し前には「中国産のものは全部取り扱うべきではない!」とヒステリックに叫んでいたことはもう都合よくきれいさっぱりと忘れてしまったのでしょうね。
たかだか1000円程度の募金で免罪符を手に入れて、どうせ家で余っていたに違いない古着やらもらいもののお茶碗セットやらをひっぱりだしてきて、「私にできること。」ってせいぜいその程度のことなんだな。

原子力というものがいかに人間の制御の範囲を超えているか。
そのことを知るために大きな代償を払った僕たちの社会は、こうなったら大変なことになるということはうすうすわかっていながら見ないふりをして無責任にいいとこどりだけをしようとしてきたのだと気づかされたはずなのに。
ノドモト過ぎれば熱さを忘れるが如くいつの間にか被災地はテレビの風景になっていくばかり。

2011年の漢字に“絆”という文字が選ばれたことに対して、“人と人との絆の大切さが見直された一年だった”とNHKのアナウンサーはしたり顔で言うけれど、本当にそうだろうか?
むしろ、人間の卑怯なところ、汚いところ、ずるいところが露わになった一年だったのではなかったか。
所詮誰しも自分の暮らしが可愛い。
口ではなんていったって、自分の身を切るようなことはしたくない。
原発には反対。でも電気がなくっちゃ生活できないんだからいきなり止めるのは反対。
代替エネルギーの開発をすすめなくてないけない。でも、電気代が高くなるのは反対。
東北地方の農家を支援するべきだ。でも、東北のものは食べたくない。
国の財政が緊迫しているのは知っています。だから無駄な公共事業の予算は削減するべきです。でもうちの町にも高速道路は通してね。公共事業削減だからと言って文化振興の費用を削るのはけしからん。
増税は反対!その前にやるべきことがたくさんあるだろう!
年金は65歳から支給しろ!でも、若者達の負担が増えるのはやむをえないね。。。
総論賛成。各論反対。
世の中を変えなくっちゃいけないけれど、自分の暮らしだけは何が何でも何の痛みもなく今までどおりでお願いね。。。

あぁ、現代人はなんと自分勝手なのか。
まるでわがままな糖尿病患者のようだ。
今のような暮らしを続けていてはもたないことがわかっているのに、一度覚えた甘い味が忘れられずに嘆いている。不摂生をくりかえしながら自分だけは今までどおりに暮らせると思いこんでいる。
そして自分のことを棚に上げてああだこうだとぼやいている僕も、きっと当事者になれば同じようにギャアギャアとヒステリックにわめくのだろう。

でも、そのようなことが明らかになったことは、決して悪いことばかりではないと思うのです。
このなんともいえない奇妙な世の中に違和感を持っている人たちは少なからずいて、その人たちの持つ微妙な違和感は、やがて世の中が変わる始まりに変わっていくような予感があります。

あの大きな震災とその後の原発事故は、僕たちの国が前から持っていた危うさをより明らかにするきかっけとして作用した。
そして、いつか振り返ったとき、2011年という年は、あぁ、あのときから確かに世の中は大きく動き始めていったのだな、という年になるのではないかという気がうっすらするのです。




年の暮れに読み返していた、池澤夏樹さんの『春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと』

春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと

池澤夏樹氏は、いつも冷静に物事をとらえ、客観的に観察し、明晰な語り口でその考察を伝えてくれるのだけど、この本ではめずらしく、迷いながら途方に暮れながら、それでも何か今の時代に生きるものとして言葉を発しないわけにはいかないという使命感で言葉を連ねていったという印象がした。
失われたひとりひとりの“看取られることのなかった”死を悼み、自然現象を擬人化したところで自然にはまるで意図などないことを確認しつつそれでもそうせざるをえないのが人間だということを認め、原子力の安全に対する言葉の嘘を見破り、政治にどのような姿勢で接するべきかを説き、それらすべての考察がまた、人が時代と共に生きることへと収斂されていく。
そこには、決して絶望する必要などない、というメッセージが込められている。

最後の章より。

これを機に日本という国のある局面が変わるだろう。それほど目覚ましいものではないかもしれないかもしれない。ぐずぐずと行きつ戻りつを繰り返すかもしれないが、それでも変化は起こるだろう。
ぼくは大量消費・大量廃棄の今のような資本主義とその根底にある成長神話が変わることを期待している。集中と高密度と効率追求ばかりを求めない分散型の文明への促しのひとつとなることを期待している。
人々の中では変化が起こっている。自分が求めているのはモノではない、新製品でもないし無限の電力でもないらしい、とうすうす気づく人たちが増えている。この大地が必ずしもずっと安定した生活の場ではないと覚れば生きる姿勢も変わる。
その変化を、自分も混乱の中を走り回りながら、見て行こう。



Since2011。
Since2011。
Since2011。
あの年から始まった。

そう思えるようにするために。
僕らはまず、何をするべきなのか。
まずは、あの日の思いを忘れないことだ。
卑怯で、汚くて、ずるい人間達が、それでも自分の小さな暮らしを守るためにあくせくと色んな思いを抱えて生きている、そのことが疎ましくも愛おしいのが人間なのだ、ということを抜きにして“絆”なんてきれいな言葉で事実をごまかしてしまわないことだ。
違うかな?



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/232-c5646bc8

トラックバック

コメント

[C874]

リュウさん、こんばんは。
本当に今年はいろんなことを考えさせられた重い一年でした。でも、このことはきっとこれから生きてくるのだと思います。
一歩一歩ですね。
  • 2011-12-23 21:13
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C873]

遅コメすみません…。今年は色々ありましたが、あえてのSTARTの年にしたいっす…。
色々なものがこれからまだまだ出て来ると思いますが、あの日、あの時感じた事を大事にいきたいと思います…。
それが多分、正解だと思うので!

良い記事に感謝!
  • 2011-12-23 13:45
  • リュウ
  • URL
  • 編集

[C872]

mono-monoさん、こんばんは。
エラソーなことを書きましたが、ノドモトすぎれば熱さを忘れるのは僕も同じです。何かのたびに思い出して行動を変えるきっかけにしなくちゃな、と思っています。少しずつでもね。
  • 2011-12-22 22:14
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C871]

ずっしりと重い、読み応えのある記事でした。
今年はいろいろ考えさせられる1年になりました。
さまざまなニュースに接して、結局は自分自身と向き合ってきたように思います。
「ノドモト過ぎれば熱さを忘れる」のは結局のところ私です。
口で言うのはやさしくても、実行する、実行し続けるのはとても難しい。
少しずつとは思っていても具体的には何も変わっていません。
とはいえ、この違和感を忘れずにやってくしないなと思うのです。

[C870]

波野井さん、こんばんは。
当事者じゃない人は簡単に忘れますが、当事者にとっては一生かたときもわすれることのできないことだと思います。どこまでいっても当事者の気持ちになることはできないですが、せめてわすれず気にし続けることが大切なのかなあ、なんて思います。まだまだこれからなんですよね。
  • 2011-12-20 23:05
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C869]

そうなんですよね。学校現場も同じです。
今もなお募金活動したり、震災をテーマにした授業をしたりしてる学校は、ほとんどないですからね…。
自分も反省せねばなりません…。
  • 2011-12-20 21:38
  • 波野井露楠
  • URL
  • 編集

[C868]

Okadaさん、こんにちは。
小さなお子さんに何を与えていいのか、敏感にならざるをえないのはよくわかります。放射能に関しては、冷静に怖がることが大切だと思います。
震災や原発事故を通じて、世の中のいろんな矛盾を浮きぼりになりましたそれをどう受け止めてどう行動するかは、まさにこれからですね。
  • 2011-12-20 08:40
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C867]

非双子さん、こんにちは。
僕は物理には明るくないのですが、理論上はタイムマシンが可能になるんでしたっけ。
放射能のことも物理的な言葉が出てくるだけで拒否反応が出そうになりますが、よく知った上で冷静に受け止めたいです。
  • 2011-12-20 08:26
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C866]

つき子さん、こんにちは。
仕事柄いろんな声が聞こえてきます。ヒステリックにわめく人たちがそうする背景がわからないからなんともいえないのですが、なんだかなあ、という感じはあります。
別に悲観しているわけではないのですよ。他人を非難しているわけでもない、ただヒステリーを起こしたり、逆に美化しすぎたりは違うと思うんですよね。
  • 2011-12-20 08:18
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C865]

流通業に身を置かれているgoldenblueさんは消費者から色んな意見が聞こえてくるのでしょうね。
ぼくは能天気なのか、人間はそんなに卑怯とも汚いとも思っていません。もちろん、誰しも醜い部分は大なり小なりあるでしょうけど。でも、その醜い部分は絶対に子供たちへは向けて欲しくない。うちは先日まで明治の粉ミルクを使っていました。銘柄は報道されているものとは違いますけどね。だからといって安心はできないし、他のメーカーだって信用はできない。
2011年からの変化。これは国や企業だけではなく、ぼくたちに課せられた課題ですね。

[C864]

光速より速く移動できる「ニュートリノ」
物質に質量を与えているとされる「ヒッグス粒子」
そして一番重大な「原発事故」

>Since2011。
>あの年から始まった。

今年は物理学にとっても転換期になってしまいました。

夏に続き冬の節電キャンペーン、そろそろ皆も生活の見直しを考えなければいけないでしょうね。
  • 2011-12-19 21:43
  • 非双子
  • URL
  • 編集

[C863]

いろいろあんまり考えなくていいような気がしてます。震災に関しては、偽善っぽくても、自己満足っぽくても、少しのことでも、自分のやれることをする、他の人の態度に文句をつけない、なんかありました?私もたまに激怒して叫んでますが。コーネンキ、コーネンキ、私の耳元で聞こえるような気がしてます。ハハ。
  • 2011-12-19 19:12
  • つき子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives