FC2ブログ

Entries

♪深夜2時、アスファルト・リバーで

先週に続き、今週も終電乗り遅れてしまった。
とても楽しく飲んでいたから、「あっ」とは思ったけれどその場を立てなかったのだ。
で、先週と同じように、ひとつ手前の駅までたどりついたあと、1時間歩いた。
先週とは違って、わりと心地よい感じの風が吹いていた。
夕方に降った雨のおかげかな。

歩きながら聴いていたのは、ブルース・スプリングスティーンのライブアルバム。
1975年、まだスプリングスティーンが名もなく貧しいチンピラだった頃の、ほとばしるような熱情と、どこまでも走っていけそうなエネルギーに満ちたレコードだ。
軋むテレキャスター、咆哮するサックス、疾走感あふれるピアノと、それとせめぎあうオルガンに紛れて、アスファルトの川を渡る大きな大きな貨物船みたいなトラックがゴーォォォォォっと通り過ぎる音がシンクロしていく。川の上を吹く風みたいに、車が時折通り過ぎてゆく。


Hammersmith Odeon Live 75

Hammersmith Odeon Live 75 / Bruce Springsteen & The E Street Band

深夜2時のアスファルト・リバー。
こうして夜中に大通りを歩いていると、若い頃のことを思い出す。お金はまるでなくて時間はたっぷりあり余っていたから、ちょっとした距離ならば電車やバスに乗らず、よく歩いたものだった。まさかタクシーなんて考えたこともなかった。4kmや5km、1時間や2時間くらいは歩きとおしでも全然平気だった。
今、タクシーに乗る金がないわけじゃない。
でも、歩くべきなのだ、と思う。

日々の暮らしのベクトルは、安寧にできるだけ平穏無事に暮らせることを目指す方向を向いている。この上なく幸せだったとしても、うんざりするくらいストレスだらけだったしてもだ。仮にスリリングでドラマチックな人生に憧れていたとしても、毎日毎日が生きるか死ぬかのスリリングだとしたらやはりたまったもんじゃなくて、そんな生き方は必ず破綻するに違いない。
まずは日々餌にありつけて安心して眠れること、ずっと昔から人類はそうやって日々暮らしてきたのだからそれは当然なのだ。けれど、それらが当然のように満たされる現代社会では、日々の安寧な暮らしは僕らに贅肉を運んでくる。少しづつ、しかし確実に。しかも、体だけじゃなく心にも。
そんな知らず知らずのうちについた贅肉は、たまには削ぎ落とさなくちゃいけない。
スポーツクラブとかジムも悪くはないけれど、鍛えたり強くなったりすることが目的でないのならば、できるだけ自然な形で削ぎ落とすのが望ましい。
歩くことは、生きていく中でもかなり基本的な能力のひとつ。
現場ズレしたとんちんかんな指示命令を出したり、思いつきで無責任な横やりを入れきたり、「なんとかしなくてはいかん、危機感を持て」などといいながら会社の金で飲んだりする人は、みんな自分の足で歩かなくなってしまったからなんじゃないのかなぁ。自分の足で歩かないと、いつの間にか贅肉おばけになってしまうんだ。そして、ああはなりたくないから、自分の足で歩くことだけは尚更大切にしたいと思うのだ。


それにしても、この頃のスプリングスティーンは本当にかっこいいなぁ!
アスファルトの上を縦横無尽に走り回り、吠え、笑い、泣き、愛し、嘆き、憂い、叫び、心の底からあふれだしてくる何かをなんとか音楽に乗せて形にしようとするスプリングスティーンたちの熱い演奏。
初めて"Thunderroad"や"Born to Run"を聴いたときの、背中がゾクゾクするような感じを思い出す。ノスタルジーとしてではなく、あのゾクゾクした感じが今もリアルに甦ってくるのだ。
そして、そんな自分を少し嬉しいと思う。まだまだ自分の足で歩くことができるはずだ、と思えるから。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/201-c1c80b7c

トラックバック

コメント

[C61] Re:

リュウさん、こんにちは。
若き日のスプリングスティーンはいろんな気持ちをかきたててくれますよね。まぁ実際は酔ったついでに一時間程度歩いたくらいたいして効果があるわけでもないでしょうが(笑)贅肉はつけない意志の象徴みたいなものでしょう。
日々精進、ですね。
  • 2010-07-12 08:24
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C60] Re:

平泉澄様、はじめまして。コメントありがとうございます。
“Watercolors”、僕もたまに拝見させていただいております。そういやしばらくジャズ聴いてないなぁ、と思っていたところです。今後ともよろしくお願いします。
  • 2010-07-12 08:14
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C59]

>まだスプリングスティーンが名もなく貧しいチンピラだった頃

このLiveはそういう意味でギラギラしてますね!
ハングリー・ハート地で行く感じは、何かを思い出させてくれます。

そして、自分も若いころ、タクシーって選択肢は無かったです(苦笑)

最近は、少し堕落気味なんで、喝入れようと思ってたところです。

歩いたり走ったりするのは、本能を呼び覚まさせてくれます♪

只今、精進中です。

[C58] 無題

ときどきですが、読ませていただいております。
含蓄のある文章に勇気づけられる事もあります。
このエッセイに共感をおぼえました。
まったくその通りです。
ただ、残念ながら、せっかちな私は、歩いて風を感じ、思索をめぐらすのではなく、わざわざ大金を払い、ジムで身体をいじめ、走っています。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives