fc2ブログ

Entries

Mama Said/Lenny Klavitz



レニー・クラヴィッツは、1964年ニューヨーク生まれ。父親は東欧系ユダヤ人、母親はマイアミ出身のバハマ系。
幼い頃から音楽好きの両親の下で音楽に親しむ生活を送り、少年時代に好きだったミュージシャンは、カーティス・メイフィールド、ジェームス・ブラウン、ジョン・レノン、レッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックス、ジャクソン5などだったそうだ。
この出自と音楽嗜好を聞くだけでも、このリストにラインナップしたのはどうだったかと思ってしまうほど、レニー・クラヴィッツはソウル/R&Bの大きな流れとは別の場所で生まれたミュージシャンだ。アフリカ系のルーツとはまったく別のところで音楽観を形成してきたと言えるだとう。
1964年生まれともなるとほぼ同世代だから、こういう音楽嗜好というのはとてもよくわかる。
パンクでさえ過ぎ去ろうとしていた時期に音楽に興味を持った我々世代には、ハードロックもビートルズもソウルもファンクもレゲエも、あらゆる音楽が等距離にあって、手を伸ばせばいつでも触れられる環境で育ってきたのだ。

サウンド的にも70年代のアナログな音を志向し、80年代のキラキラしたアレンジはこの時期すでに絶滅寸前だったとはいえ、レニーの登場が留めを刺した印象がある。
歌詞も含めて、レニーが憧れた70年代ソウル的ラヴ&ピースなメッセージや、ジョン・レノン的怒りや告発っぽいメッセージが満載で。
正直初めて聴いたときは、やりすぎなんちゃう?とも思った。
でもその一方で、こーゆーのんって文句なしにかっこええわ!と思ってしまう自分もいたのだった。

このアルバムには大好きな曲がいっぱい入っている。
スラッシュがワイルドなギターを弾いている“Always On The Run”はバリバリのハードロック。“Stop Draggin' Around”もヘヴィなリフで組み立てたロックチューン。70年代のロックの感じだ。



“Stand By Woman”なんてもろ『ジョンの魂』からの影響まるだしの歌唱とサウンドメイクで、そこに若干のソウルっぽさをプラスして仕上げている。
ソウルっぽいといえば“It Aint Over Till It's Over”なんかはフリー・ソウル風。カーティス・メイフィールドのカヴァー曲だと言われれば信じてしまいそうなくらいだけど、これがまた実にかっこいい。



でも、こういうのをパクりだと揶揄する気にはならないんだよな。
うん、わかるよ、って感じ。
ロックもソウルも等距離で接し、いずれもリスペクトしてきたからこそのなんでもありの感覚。
ハードロックもビートルズもソウルもファンクもレゲエも、かっこいいものは何だって取り入れる。
ロックもソウルも元々ブルースやジャズやカントリーが混交しながらその時々にカッコよかった様々なスタイルを取り込んで変化してきた音楽なのだから、なんでもアリの感覚こそがロックやソウルらしさとも言えるわけで。
要はカッコよけりゃいいんだよ、というレニー・クラヴィッツのスタンスは、そういう意味でもとてもロックらしくソウルらしい音楽なのだと思う。






スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1950-11e2abb0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Gallery

Monthly Archives