fc2ブログ

Entries

♪梅雨前線停滞中…梅雨空に高湿度系ブルースロックを浴びる

蒸し暑い。
風が完全に止まっている。
それならば、と、二日酔いの頭に迎え酒でも煽るように、泥臭く、湿度が高く、南部の香りのプンプン漂う、そんなブルース系のロックばっかりを立て続けに聴いていた。
むせかえるような暑苦しいシャウト、泥臭くもっちゃりしたリズム、熱気を帯びたギター。
聴いているだけで汗が噴出してくる。
まるでサウナだ。
疲れきったからだの老廃物を排出するにはちょうどいい …そんな暑苦しさ満点のアルバムを5枚。

しばらくハードな日が続きそうだ。
梅雨前線は停滞中。
しばらくはずっとこんな感じで蒸し暑い日が続き、じりじりと僕らの気力と体力を奪っていくのだろう。
疲れは溜まっている。けれど、疲れている場合じゃない。
タフにならなければ。

Are You Experienced?    The Allman Brothers at Fillmore East    CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

メイン・ストリートのならず者    Slippin' in   
 

Are You Experienced?/The Jimi Hendrix Experience
いつ聴いてもぶっとんでしまう爆音。それでいて実はブルースに忠実な音。すなわちフル・ヴォリュームのブルース。

At Fillmore East/The Allman Brothers Band
「オールマンズの演奏は、重戦車のようにパワフルでありながら指一本で自由自在に小回りが利く。」みたいなことをピーター・バラカン氏がどこかで書いていたけれど、まさに言い得て妙。
土煙を巻き上げてうなりをあげて荒野を突っ走る装甲車。

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS/Creedence Clearwater Revival
あの時代ですらすでに古臭かったであろう田舎臭いR&Rやカントリーを、アーシーにエネルギッシュにキメるC.C.R。むせかえるような男臭さ。

Exile on Main St./The Rolling Stones
ストーンズの中で一番暑苦しく湿度の高いのがこれ。がさつで、猥雑で、真っ黒い音の塊。  
 
Slippin’ In/Buddy Guy
蒸し暑い、暑苦しい、といえば漏らせないのがバディ・ガイ。
バディ・ガイの佇まいはブルースマンというよりジミ・ヘンと双璧をなすクレージーなロッカーだと思う。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/17-d32daf4f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Gallery

Monthly Archives