FC2ブログ

Entries

My Christmas Prayer



So let hope fill our hearts,
let hope fill our hearts
Shine the light through the dark
All around the world and everywhere
I will pray this Christmas prayer

See I pray that love will rule and reign
And I pray that time will rid the pain
Of this world as we learn to trust and care
Oh, this is my Christmas
This is my Christmas prayer

希望が我らの心を充たしますように
希望が我らの心を充たしますように
闇を抜けて灯りが差しますように
世界中のあらゆる場所であらゆる人に
クリスマスに祈りを捧げる

愛で世界が支配され統治されんことを
時が痛みを取り除かんことを
この世界が信頼と気遣いを学ばんことを
これぞ我がクリスマスの祈り


(This is my Christmas prayer
/Be Be Winans and Rob Thomas)


静かなクリスマス・イヴ。
今年のクリスマスは、ハッピーソングやラブソングよりも、こういう敬虔な祈りの歌がよく似合うと思う。

Trust and Care.
こういう時だからこそ、互いを気遣い、互いに信頼できるようでありたいですね。
こういう言い回しはすごくお利口さんっぽくて好きじゃないんだけど、そうでなきゃ、とても窮屈な、あるいはとても悲惨な世界になってしまう。
それはすごく嫌なんですよね。
自由な世の中であるからこそ、自由を守るための責任は全うしたい、と。


My Christmas Prayer / Be Be Winans





スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1626-32d455af

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Gallery

Monthly Archives