FC2ブログ

Entries

Lover's Moon

あまりにも蒸し暑かったんでうっかり失念していたのですが、金曜日が中秋の名月だったそうで。
夕べはいろいろドタドタで夜空を見上げる余裕もなく💦

今夜、改めて、夜空を見上げてみる。
澄んだ空に煌々と輝くお月さま。
もう、それだけで、なにか幸せな気分になれますね。

そしてなんだかとてもせつない気持ち。
その幸せでせつない感じは、伝えたいと思うのだけれど、どうしてもうまい言葉が見つからない。
言葉にしようとしてもとても陳腐でありきたりな言葉しか出てこなくて、違う違うそんなどこにでもあるような言葉で言い表せるようなもんじゃない、と思ってしまう感じ。

こういうとき、言葉は不便。
いろいろ語ろうとすればするほど無粋になってしまう。
その点、音楽は素敵ですよね。
言葉になりにくい気持ちを、気持ちのまま伝えてくれる。
四の五のご託を並べたてなくても、すーっと心に入ってくる。

お月さまの歌はいろいろあるけど、今日の気分はこんな感じだなぁ。

グレン・フライの“Lover’s Moon”を。



いつかの夜に見た、とてもきれいなお月さま、今夜のお月さまと重ねあわせながら。








スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1520-937cb583

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Gallery

Monthly Archives