FC2ブログ

Entries

♪残暑お見舞い申し上げます

お盆も過ぎたのに、いきなり蒸し暑い真夏モードだった先週。
ここへ来ての暑さはけっこう堪えた。
新しい仕事、ちょっと気合入れて頑張りすぎたということもあるのだけれど、休日になってどっと疲れが出てきた感じ。
今日はゆっくり休もう。
リラックスしてくつろごう。

夏のリラックス・サウンドは、ギターなのだ。

それも、クリアなトーンでのびのびと歌う、呆けたくらいの音が気持ちいい。
プールで大の字になってぷかぷか浮かんでるような感じで体が軽くなる。

そんなわけで、遅れてきた夏のささやかな休日を気持ちよく過ごすためのB.G.Mをいくつか。
クールな音の残暑見舞い。

ディスカヴァリー  Breezin'  Chester & Lester

マイ・メロディ  アンプラグド~アコースティック・クラプトン


Discovery/Larry Carlton
夏の朝は爽やかにアコースティック・ギターの音色で目覚めたい。
細やかな、けれどとても明瞭な音色のギターの音の粒が、疲れて堅くなった脳みそにしみこんでほぐしてくれるような感じ。

Breezin’/George Benson
午前中。お散歩。
木陰の下で“Breezin’”なんてサイコーに心地よいんじゃないかしら。
70年代フュージョン・ブームをリードしたと言われるこの作品だけれど、この何ともいえない絶妙のタイム感は、その後ぞろぞろ出てくる凡百のフュージョンとはまるきり違うと思う。

Chester & Lester/Chet Atkins&Les Paul
午後。お昼寝。
つい先頃94歳で大往生されたレス・ポールさんが、60歳の頃にチェット・アトキンスとレコーディングした作品。
爺さんの日向ぼっこみたいに穏やかで何の不安も何の苛立ちもない、こざっぱりしてのどかなサウンドに包まれながらうとうとと午睡をむさぼる。

マイ・メロディ/内田勘太郎
日も暮れ始め、一足お先にビールでも。それとも明るいうちにひと風呂浴びるか。。。みたいな心地よさの一枚。
憂歌団を解散して沖縄へ移住した内田勘太郎のファースト・ソロ・アルバム。
本人のノドも聴かせてくれるけど、何よりギターが歌っている。

Unplugged/Eric Clapton
夜も更ければビールよりも日本酒や焼酎。つまみはやっぱりブルース。
しかもアコースティックでちょっと軽めの洒落た奴、となるとやっぱりコレ。
このアンプラグドを機に“ギターも巧いダンディなおやじ”として世間に認知されてしまったクラプトンだけれど、紆余曲折を経てブルースに還ってきた、しかもとても自然な形でリラックスして肩の力を抜いて昔っから大好きなブルースを嬉々として演奏する姿は、素直に素敵だと思う。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/130-9819df34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives