FC2ブログ

Entries

音楽歳時記「大寒」

1月20日は大寒。
一年で一番寒さが厳しい時期。
この数日はちょっと寒さは和らいでキーンとくるような冷え込みはましになったとはいえ、やっぱり寒い。
寒いのは苦手なんですよね。
ほんとうはどこへも出掛けずに、冬眠していたい。基本出不精だし、インドア派だから、3ヶ月くらいは表へ出なくても誰とも会わなくても全然平気なのだ。好きな音楽聴いて、本を読んで、気が向いたら料理でも作って、酒飲んで、映画でも観て。あぁ、仕事なんてめんどくさい・・・と(笑)。

そんな苦手な冬にシアワセを感じるもの。
ひとつはあったかいお風呂。
もうひとつはあったかいおふとん。
熱ぅーいお湯をたっぷりためた湯船に浸かってうぇーいとか言いながら放心するシアワセ。
それからぬくぬくのおふとんにくるまってごろごろするシアワセ。
これは冬ならではでこそです。
おふとんの中に、大好きなひとがいっしょだったりしたら、もう言うことないんだけれど(笑)。
お風呂やおふとんを発明した人は偉いよなぁ。
おそらく数百年前までは、貴族や王様でもこんな至福は味わっていなかったんじゃないかと。現代に生まれてよかったよ。

さてさて、音楽の話を。
温もりを感じたい季節の、温かい音楽といえばソウルだ。
それもとびっきりスイートでホットでセクシーなものを。
ってことで、大寒の一枚はアル・グリーン師です。

Im Still In Love With You
I'm Still In Love With You / Al Green

もたったリズム、キュートなギター、もこもことうねるベース、そしてハートウォーミーかつセクシーなヴォーカル。
あったかい。
このセクシーさは明らかに狙ってる。白で固めたジャケットからして狙ってる。その狙いにまんまとはまる心地よさといったら。
I'm Still In Love With You、Love and Happiness、Look What You Done For Me、For the Goodtimesといった代表曲から、I'm Glad You're Mine、What A Wonderful Thing Love Is、Simply Beautifulといった隠れ名曲、それにロイ・オービソンのOh, Pretty Womanのカバー、と捨て曲なしの最強ラインナップ。
あったかいお風呂にのんびり浸かったときみたいに、ほんのりとのぼせて、血行促進、健康にもたいへんよろしい感じ。
まさに冬の至福。

それにしても、実際、お風呂とおふとんとソウル・ミュージックは最強です。
あったまって、心を解放してあげたら、たいがいの争いごとはどーでもよくなる。
それは世界平和への第一歩ですらあると思うのです。







スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1263-7ae9ad0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Gallery

Monthly Archives