FC2ブログ

Entries

♪十七歳の地図 / 尾崎豊

十七歳の地図
十七歳の地図 / 尾崎豊


尾崎豊の名前をを初めて聞いたのは高校2年生のときだった。僕よりも1学年上。音楽雑誌の広告か何かで、その同世代のロッカーがデビューすることを知った。甲斐よしひろのオールナイトニッポンかなんかで「15の夜」を聴いてアルバムを手に取った。そこに収められていたのは、スプリングスティーンやジャクソン・ブラウンばりのアレンジのロックに乗せた、大人社会への怒りや失望やいらだち、自分の存在についての問いかけと不安と決意。そんな17歳なりの意見表明。
ぱっとしない毎日の中で、将来への不安や自分の存在について思い悩んでばかりだったあの年頃、尾崎の歌う気持ちはまるで自分のための歌であるかのように共感したし、メッセージはまっすぐに突き刺さってきた。
表現も拙いし曲のアレンジだってしょぼいし。
けど、当時は「自分と同じ思いの奴がいる」ということが大きな励ましになったのだ。
ずいぶん口ずさんだのだろう、このアルバムの曲は実は全部空で歌えてしまう。

尾崎はその後、「卒業」以降あっという間にカリスマになり、僕は僕でもっと刺激的でもっと深い表現の世界を発見し、尾崎豊のことなんて忘れていた。

更に時は過ぎ、尾崎はクスリにはまって刑期を勤めた後、はい上がろうともがく途上の1992年、わずか26歳でこの世を去った。
死後も尾崎の音楽は半ば伝説化され、あの年頃の少年少女たちのバイブルに成り得ているけれど、もちろんそんなことは僕に何の興味ももたらさない。
カリスマ的な誰かに救いを求めるのはあの年頃特有のワナだ。本当は誰もが自分で自分の答えを出さなきゃいけない。誰かの出した答えにすがってはいけないんだよ。尾崎はそのことをわかっていながら、彼らの期待を背負いすぎて自分で自分を苦しめていったのだと思う。彼が死ぬことで結果的に伝説は完結してしまった。

ねぇ、あんたは生き延びなきゃいけなかったよ。絶対に、あんな死に方をするべきではなかった。あの頃のレコードに込められた気持ちを抱いたまま大人になったあんたが、どんな歌をどんなふうに歌うのかを聴かせてほしかったよ。

                4/25 尾崎豊氏 命日に


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1204-5f07e4cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Gallery

Monthly Archives