FC2ブログ

Entries

♪夢の原子力

もうひとつ、印象に残ったニュースのことを覚書として記しておこう。
大津地裁の原発差し止めの判決の件だ。

「災害が起こる度に、『想定を越える』災害だったと繰り返されてきた過ちに真摯に向き合うのならば、対策の見落としにより過酷事故が生じたとしても、致命的な状態に陥らないすることができるとの思想に立って策定すべきだ。」

「環境破壊の範囲は我が国を越えてしまう可能性さえあり、発電の効率性と引き換えにすべき事情はない。」

なんと真っ当な判決文だろうか。福島の事故にちゃんと向き合えば、こういう結論になることは至極当然のことだと思うのだけれど。地元ではいろいろ利害関係もあるだろう。家族や親戚がすでに取り込まれてしまっている、表だってNOとは言えない空気。でも、こればっかりは地元だけの問題ではないのです。放射能で汚染された琵琶湖の水をびくびくしながら飲みたくないのです。
そしてとりあえず原発は停まった。
司法はまだ死んでない。民意で世の中を動かすことはできる。少なくともそうやって最悪のシナリオをちょっとだけでもましにできる、そういうことがまだ可能性として残されているということに少しだけ安心したのです。

もう一曲、MAMORU & THE DAViESで「夢の原子力」を。

  オレの見た夢 いい夢だったぞ 
  つらい夢ならみたくねえ

  BYE BYE 原子力 いままでどうもありがとう
  BYE BYE 原子力 いままでどうもご苦労さん
       

710T4iQ7o2L__SL1500_.jpg
YOUNG BLUES / MAMORU & THE DAViES


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1155-606b64ab

トラックバック

コメント

[C2802]

BACH BACHさん、こんにちは。
ふつうに考えればごくごく当たり前のことのはずなんですけどね。
経済が立ち行かなくなるという地元の人たちの意見も理解はできるけど、こればっかりは地元だけで決められるものではなく、万一のときに影響が及ぶすべての人に意思決定の権利があると思います。
何が「全てにとって良いのは何か」っていうのは難しいけど、少なくとも違う立場の主張をちゃんと聞いた上で、感情的ではなく理性的、論理的に議論ができる世の中であってほしいですよね。

  • 2016-03-25 08:21
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2800] 素晴らしい!でもこれが当たり前

素晴らしい判決!でも、よくかんがえたらこんなの当たり前なんですよね。人間の敵が人間になってしまっている現代、「自分が良ければ」「自分たちが良ければ」というエゴから解放されて「全てにとって良いのは何か」という視点に立てる社会が近づいてくれると良いですね(^^)。
  • 2016-03-24 11:54
  • BACH BACH
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Gallery

Monthly Archives