FC2ブログ

Entries

♪615

615
615 / 三宅伸治&ザ・ナッシュヴィル・キャッツ


1970
SWAMP MAMA
MY BABY
雨に消える
BACK DOORから
BLUES PARADE
アバンチュール
メチャクチャな奴
君が欲しくてたまらない
フェニックス・ハネムーン
You can’t say it all

10月、暑くもなく寒くもなく、ほんと過ごしやすいいい季節。
昔は夏が一番好きな季節だったけど、今は断然秋が一番だな。
心地よい季節に心地よい音楽。
1970年代初頭のアメリカ、それもカントリーっぽい音がこの季節には一番よくはまる。

このアルバムは、モジョ・クラブを解散した三宅伸治が1998年、単身アメリカへ渡って、ナッシュビルでエリアコード615のメンバーと録音した一枚。
参加のメンツは、チャーリー・マッコイ(ベース)、デヴィッド・ブリッグス(ピアノ、オルガン)、ケニー・マローン(ドラムス)、バリー・チャンス(ギター)、バディ・スピーハー(フィドル)にトニー・ジョー・ホワイト(ギター)、レジー・ヤング(ギター)、ウェイン・モス(ギター)・・・っていっても実は僕もあんまり詳しくはないのだけれど、プレスリーの諸作やディランの“ブロンド・オン・ブロンド”や“ナッシュビル・スカイライン”、それからクリス・クリストファーソンやジェリー・ジェフ・ウォーカー、エリック・アンダースンといったフォーク~カントリーの名だたるアーティストのバックを務めたスワンプ/カントリーのものすごい人たちらしい。
人肌の温もりのあるほっこりした味わいのある演奏、おおらかで、ちょっと泣きそうになる感じのせつなっぽさが三宅伸治のちょっと情けない歌とよく合うんだな。
三宅伸治の持ち味である“どん底を這いずり回ったりのたうちまわったりしてるけど悪人にもなりきれない人の良さ、どこか頼りなげで情けなくもセンチメンタルな感じ”が、エリアコード615の、タイトなのにどこかふんわかした味のある演奏にばっちりマッチしてる。

気持ちのいい音を聴きながら、のーんびりしたい。
できることならばどこか遠くへあてもなく、ふらっと出掛けたいな、気の向くまま。
でも一人じゃやっぱりちょっとつまらないと思ってしまうんだろうな。
“フェニックス・ハネムーン”のペダル・スティールがやけにしみる、秋。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1028-24bfe888

トラックバック

コメント

[C2668]

yuccalinaさん、こんにちは。
ナッシュヴィル・キャッツのというバンド名はこのアルバムだけの名前のようで、バンドとしてはエリアコード615という名前でアルバムを出しています。
けっこうハードなカントリー・ロックです。
https://www.youtube.com/watch?v=o0RBDFr9aGw

エリック・アンダーソンとは、69年の「A Country Dream」というアルバムで全面的にバックを務めていたようです。

https://www.youtube.com/watch?v=LGg4IGttv6w
  • 2015-10-04 17:39
  • goldenblue
  • URL
  • 編集

[C2667]

goldenblueさん、こんにちは。
初めて知ったアーティストですが、ナッシュヴィル・キャッツのネーミングは、ラヴィン・スプーンフルの曲と関係あるのかしらん?と気になります。
エリック・アンダーソン等のバック、と言うのも気になります。チェックしてみますね。
  • 2015-10-04 10:55
  • yuccalina
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives