FC2ブログ

Entries

♪STREETCORE

Streetcore
Streetcore / Joe Strummer & The Mescaleros


Coma Girl
Get Down Moses
Long Shadow
Arms Aloft
Ramshackle Day Parade
Redemption Song
All In A Day
Burnin' Streets
Midnight Jam
Silver And Gold

2002年の暮れに、50歳であっけなくあの世へ逝ってしまったジョー・ストラマーの、結果的に遺作となってしまったアルバム。
ファーストシングルとしてカットされた“Coma Girl”とかレゲエ・リズムの“Get Down Moses”みたいなジョーらしいいかしたロックンロールから、ずしっと重い手応えの“Ramshacki Day Parede”、エレクトリカルなダンス・ビートを強調した“All in a Day”、アコギで弾き語るボブ・マーリーの“Redemption Song”やボビー・チャールズの“Silver and Gold”みたいにぐっと枯れた味わいの渋い録音まで、ジョーのキャリアを一気に駆け抜けたような曲の数々。
亡くなる直前のレコーディングとはとても思えないほど充実していてかっこいいのだ。
エネルギーがみなぎっている。
それも若い頃の怒りに任せた暴走気味のがむしゃらでめちゃくちゃなエネルギーではなくって、もっと内側から湧き出たエネルギー。
紆余曲折あって、いい思いもすればヘマこいて最悪の思いもしたけれど、そういう中から拾い上げた、自分自身のあるべき姿、果たすべきミッションみたいなものに素直に向き合おうとする中から出てきたようなね、そういう感じがする。
「やぁ、どうだい、今度のアルバムは。そりゃ、一時期はあせっていたことも腐っていたこともあったし、何とでもしやがれと投げやりになったこともあったさ。でもな、まだまだやりたいことがいっぱいあるんだよ。ちょっと久しぶりにちゃんとやってみようか、って感じなのさ、俺ももう50だしな。」
そんなインタビューでも聞こえてきそうなね、充実感。
ラストの“Silver and Gold”だって、さらっと流すとどこか達観したような呟きにも聞こえるけれど、そんなことはない。ジョーなりの、これからの行き方をきっぱりと宣言しているようなかっこよさと力強さが込められている。まだまだこれからだぜ、そう簡単に枯れてたまるかよ、って。

I'm gonna go out dancin' every night
I'm gonna see all the city lights
I'll do everything silver and gold
I got to hurry up before I grow too old

I'm gonna take a trip around the world
I'm gonna kiss all the pretty girls
I'll do everything silver and gold
And I got to hurry up before I grow too old

Oh I do a lotta things I know is wrong
Hope I'm forgiven before I'm gone
It'll take a lotta prayers to save my soul
And I got to hurry up before I grow too old

 毎晩ダンスに出かけよう
 全部の街の明かりを見つけに行くんだぜ
 銀やら金やら輝くことならなんだって
 年を食いすぎてしまう前に、急がなきゃ

 世界中を旅するんだ
 可愛い女の子ならみんなにキスするぜ
 銀やら金やら輝くことならなんだって
 年を食いすぎてしまう前に、急がなきゃ

 悪いこともたくさんやってきたよ
 こんなこと望めた義理じゃないが、どうか許してほしい
 俺の魂の救うためにはかなりたくさん祈らなきゃ
 年を食いすぎてしまう前に、急がなきゃ
         (Silver and Gold)

あと、かっこいいのがボーナス・トラックで収められた4曲のライヴ・トラック。

Harder They Come
A Message to You,Rudie
Yalla Yalla
Britzkreig Bap

あのジョーが、ジミー・クリフやスペシャルズやラモーンズのカバーだぜ。
そりゃかっこいいに決まってるってね。こーゆーのはもう、ミもフタもなく好きだ。

ゆうべから急に寒さのモードが変わった。
もう12月も後半だもんな。
冷たい風にあたりながらこれを聴いていると、おぉ、そうだ、立ち向かわなきゃ、まだまだへこたれてる場合じゃない、そんなもんは死んでからでじゅうぶんだ、って気分になってくるんだよな。
ピリッとしなきゃな。気合い入れていかなきゃな。
どんより重い空と冷たい風にへこたれないためには、内側から湧き出るエネルギーが必要だ。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://goldenblue67.blog106.fc2.com/tb.php/1008-b74a6705

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gallery

Monthly Archives