fc2ブログ

Entries

Jazzmatazz Vol.1/Guru

生音が心地よいヒップホップをもう一枚。Gangstarのメンバーの一人だったGURUのソロアルバム“Jazzmatazz Vol.1”。サンプリングも多用はされているものの、基本は生バンドのリズムが心地よい。そして、親ほども歳の離れたモダン・ジャズのスター・プレイヤーも多数参加している。一番の大御所はトランペットのドナルド・バード、ピアノにロニー・リストン・スミス、ヴィブラフォンにロイ・エアーズ。それからGURUの同世代のジャズ・...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Gallery

Monthly Archives