fc2ブログ

Entries

エルヴィスが憧れた ロックのゆりかご(21)

「ロックゆりかご」シリーズ、ここまでは、1920年代のブラインド・レモン・ジェファーソンから始まって、デキシーランド・ジャズ、ジャグバンド、クラシック・ブルース、デルタ・ブルース〜シティ・ブルース、フォーク、ヒルビリーミュージック〜カントリー、ジャンプ・ブルース、ビ・バップ、ゴスペル、ドゥワップといろんな角度での重要アーティストをフォーカスしてきました。1920年代からのジャズとブルースをまとめあげたのが...

How Deep Is Your Love

5月。今年ももう1/3消化、っていうと早いねぇ。5月っぽい歌って何があったっけ?確か“First of May”って曲があったっけ。ビージーズだな。映画「小さな恋のメロディー」の挿入曲だったそうだ。美しい曲だけど、うーん、この曲は少し上の世代の大切な曲というイメージがあって、自分には上手く語れそうにない。ビージーズといえば、自分にとっては“First of May”や“Melody Fair”よりもこの曲かな。How Deep Is Your Love / Bee Gees...

I Can See Clearly Now

雨も止んで視界良好僕の行く手を阻むものも全部見えるし視界を遮っていた暗い雲も流れていった眩しいお日様が輝く日になりそう眩しいお日様が輝く日になりそう痛みも消えて今ならやれそうだ嫌な感じも全部どっかへ行ったずっと待ち望んでいた虹が出た眩しいお日様が輝く日になりそうほら、見渡せば青い空眼の前はずっと青い空痛みも消えて今ならやれそうだ嫌な感じも全部どっかへ行ったずっと待ち望んでいた虹が出た眩しいお日様が...

聡乃学習

聡乃学習 / 小林聡美「好きな女優は?」と訊かれたら、「小林聡美」と答える。実際のところ、そういうシチュエーションなどほぼないにせよ。高校一年生だったかに観た映画『転校生』に主演していた小林さんの、体当たりともいえるぶっ飛んだ演技ですぐにファンになってしまったのだ。男の子役のときの奔放さと、女の子役のときの不安げな演技のギャップが圧巻だった。美しさや可愛らしさを売りにするのとは少し違う、もっと人間...

My Girl

I’ve got sunshine on a cloudy dayWhen it’s cold outside, I’ve got a month of MayI guess you’d sayWhat can make me feel this way?曇が切れて光が射すようだった外は寒いけど僕はまるで5月のように爽やかな気持ちどうしてか?って君は尋ねるよね何がそんなにご機嫌なの?って僕の彼女さ彼女のこと、話してもいいかなI’ve got so much honey, the bees envy meI’ve got a sweeter song than the birds in the treesWell, I ...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Gallery

Monthly Archives