FC2ブログ

Entries

音のパレット〈銀色〉

銀色。鈍く光るその光沢は、キラリというよりはギラリという質感がある。みっちりと密度濃く詰まった隙のなさは、何もかもを跳ね返すような強靭さがある。金色のような華やかさとは違った、見栄えよりも実利を重視するような硬派で質実剛健な雰囲気がある。燻し銀という言葉があるように、熟練の手練れ職人のような存在感や、実質を背負っているからこその矜持。こういうイメージにぴったりはまるバンドといえば、ザ・フーしかない...

音のパレット〈たまご色〉

「音のパレット」シリーズ、色についてまさに色々と書き連ねてきましたが、今回が最終回です。最後はふわっとした色がいいな、ってことで「たまご色」。ふっとイメージが湧いたのは、スティーヴィー・ワンダーでした。それって、美しいたまご型の頭のかたちに影響を受けていないか、と思いつつ(笑)。...

音のパレット まとめ

色にからんだ音楽の話、音楽から連想する色の話を36色。それなりにひととおりの絵の具セットっぽくなりました。色彩も音楽も、なんらかのイマジネーションを喚起する。触れることで気分が変わる、或いは気分を変えるために触れる。この色はどんな音だろう?この音はどんな色だろう?イメージを膨らませながら、手がかりを探っていく作業はなかなか楽しかった。それぞれの色の音楽はきっとそれぞれの自分の断片なんだろう。その日そ...

Bare Trees

...

美味しい進化

...

感染症の世界史

冬至も過ぎて、2020年も押し詰まってきました。withコロナの一年。いろいろ大変なことだらけ、未経験のことだらけであたふたしているうちにあっという間に過ぎた感じ。一年が濃すぎて、ちょっと前のことがめちゃくちゃ昔に感じたりする。幸い病気ひとつせずに過ごせた。というか、ひょっっとしたら53年間で一番健康だった一年かもしれない(笑)。うがい・手洗い、大事ですねー。そんな年の暮れに読んでいるのはこういう本。...

My Christmas Prayer

So let hope fill our hearts, let hope fill our heartsShine the light through the darkAll around the world and everywhereI will pray this Christmas prayerSee I pray that love will rule and reignAnd I pray that time will rid the painOf this world as we learn to trust and careOh, this is my ChristmasThis is my Christmas prayer希望が我らの心を充たしますように希望が我らの心を充たしますように闇を抜けて...

Heal The World

2020年が終わろうとしている。近い将来に、或いは遠い将来に、この年はどんな年として記録されるのだろうか。或いは記憶されるのだろうか。一刻も早く忘れてしまいたい、辛苦と停滞の年なのか。あの年を境に世の中は大きく変わっていったとされる変革の萌芽の年なのか。それとも。今から思えば2020年なんて大したことではなかった、あんなのは序の口でしかなかった、ということだってあり得ないわけではない。未来は誰にもわからな...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Gallery

Monthly Archives