FC2ブログ

Entries

◇同世代の女性作家

早く帰ることが多くなったので、帰りに本屋などに寄ることが増えた。で、ついつい買ってしまう。 奥さんも娘も眠ってしまった後、ワールドカップ中継をかけっぱなしにしつつ、寝転んでだらだらと本を読む。 最近買ったのはこんな本。     ロック母 / 角田 光代 ダーティ・ワーク / 絲山 秋子 パーマネント野ばら / 西原 理恵子 角田光代さんは、新聞に載っていた清志郎への追悼文がとても素敵でそれから何冊かエッセイを読...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Gallery

Monthly Archives