FC2ブログ

Entries

♪10月 何気ない暮らしの中にこそある熱気を

旅に出て目に映るものは、どんなものでも目新しく鮮やかで興味が湧く。 けれど、それらはそこで日常的に暮らしている人々にとっては、ごく普通のなんでもないことでしかない。 旅の初期に旅の熱気を昂らせるそれらのものが、やがて旅が長くなってきた時には淋しさの原因の変わってゆくものだ。自分だけが部外者で観察者であることの孤独、どんなに深く関わろうとしても、内部の人たちだけが持ちうる熱に同じ温度で関わることなどで...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Gallery

Monthly Archives