FC2ブログ

Entries

♪ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司

ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司俺の借金 全部でなんぼやお好み焼屋の ゆうちゃんから 5000円 借りてきて全部 パチンコで 負けてもたから乾物屋の中西に 8000円 借りたそやから ゆうちゃんに 3000円 返して2000円 だけ 競馬をやったら19000円 勝ってしもたそのなかから 6000円 乾物屋の中西に返して残りで 飲みにいったら3600円 足れへんかった馴みの店やし 明日払うわ ...

♪ジェリー・ロール・ベイカーズ・ブルース / 憂歌団

憂歌団 / 憂歌団関西弁でブルース、といえば、そういやまだ記事にしていなかった、そう、憂歌団。学生の頃、京都でしょっちゅうライヴ演っていて、何度も見に行った。本当に心の底から笑い、しんみりし、熱くなる、素直に音楽って楽しい、と思えるライヴだった。きっとこのまんまこの先何十年も、くたばるまでブルースを演り続けてくれるのだろうと思っていただけに、解散は本当に意外だった。ブルース=暗い音楽、という認識が...

♪この熱い魂を伝えたいんや / 上田正樹とサウス・トゥ・サウス

この熱い魂を伝えたいんや / 上田正樹とSOUTH TO SOUTH日本人の演るソウルやR&Bなんて所詮「ごっこ」だと思っていた。黒人音楽に憧れて、スタイルからファッションから何もかもを真似ようとするほどに、残念ながら、なんだかとても滑稽になってゆくのだ。けど、このアルバムに残されたソウルは、本物だ。「この熱い魂を伝えたいんや、ええか!わかるか!」若き日のキー坊の熱いシャウトが炸裂する。ほんとに、心から、ソウル・ミ...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Gallery

Monthly Archives