FC2ブログ

Entries

♪Rising Sun / 矢沢永吉

RISING SUN / 矢沢永吉80年代前半のAOR路線の矢沢永吉がけっこう好きだ。今やCMなんかで渋いオヤジぶりを振りまいているけれど、あの頃矢沢永吉は、良識ある大人からすれば眉をひそめたくなるような不良の代表で、ある種の少年たちにとっては神様にも匹敵するスーパースターだった。矢沢=ロック=不良、そんな図式は当時確かにあった。一時期よく読んだ重松清さんも当時矢沢永吉の大ファンだったらしく、著書にも当時の不...

♪Woman and I...OLD FASHIONED LOVE SONGS / 柳ジョージ&レイニーウッド

Woman and I...OLD FASHIONED LOVE SONGS / 柳ジョージ&レイニーウッド夏の熱気をいくつか残しつつ、空には雲をまとった秋の月。そんな雰囲気で聴きたくなった柳ジョージとレイニーウッド、1980年のアルバム[Woman & I]。初めて聴いたのはいくつの頃だったのだろう?このレコードに収められた、20の唄に語られた、それぞれの、少しほろ苦く、センチメンタルで、泣けてくるような物語の数々。その輝きは今も色褪せないどころ...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Gallery

Monthly Archives