FC2ブログ

Entries

204X年

時は204X年。秋の臨時国会で「禁煙法」が可決された。ついにタバコは非合法になったのだ。国会前では愛煙家たちが「タバコを吸う権利を!」とデモを行って訴えたが、世論は冷淡だった。今や日本の喫煙人口はわずかに2.6%、しかもそのほとんどは納税していない70代以上だったのだからやむを得ない。喫煙者が減るにつれて国内のタバコ農家も収入減から次々と廃業し、JTも5年前からは高齢者用の医薬品や子供のいる家庭への...

♪Two Punks

喫茶店のアルバイトは退屈だった。人通りの多い繁華街の大衆喫茶、薄暗い室内、たいしてうまくもないブレンドコーヒーに立地がいい分それなりに代金をとるふつーのカレーライスやナポリタン。バイトの時間が6時から10時だったせいもあるかもしれない。普通の人間はその時間帯はコーヒーなんて飲まずに飯食うものだからね。退屈なアルバイトの唯一の楽しみは、有線放送にリクエストすることだった。お店ごとに割り振られた有線を...

『徒然なるままに春を詠む 』

ブロ友のサーシャさんが、めっちゃ楽しいことしてた。「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」のサーシャさん版なんですが、これがめちゃくちゃおもしろくって。『徒然なるままに春を詠む 』こういう楽しいことは、自分もやってみたくなる。楽しいことはひとり占めしちゃいけない。楽しいことはみんなでやればもっと楽しくなる。というわけで、「もしもあの人が春を書いたら…きっとこんな感じ」goldenblue版、行ってみ...

♪Free Falling

彼女はとてもいい子 神様と祖国を愛してて エルヴィスが大好きで 車とボーイフレンドを愛してて 郊外の町では 1日の時間がとても長い 空き地には高速道路が通ってて 僕は悪い男 彼女のことを恋しくもない 僕は悪い男 彼女の心を粉々にした 堕ちていく 僕は堕ちていく 奈落の底までまっ逆さまに 僕は堕ちていく (Free Fallin' / Tom Petty)パン屋の営業の仕...

♪橋の下 ー宇治川橋26才ー

「これ、いけそやな。」「だいじょうぶでしょ。」「3万、山分けな。」前輪にロックがかかっているけれど、前輪をひょいと持ち上げればバイクはするすると動く。ロックはあとでぶち壊す。プレートは工具を使えば簡単にはずせる。 その時だ。「オイッ!何しとんねん!」と叫び声。続いて、「タカっさん、やばいよ。逃げよう!」と、ヒロユキ。2階のベランダから若い男が何か叫んでいる。僕たちはその場に運び出しかけていたバイク...

♪霧のサンフランシスコ ーゴールデンゲート・ブリッジ24才ー

サンフランシスコの街は、思っていたより狭かった。バス・ディーポがあるのは、半島の付け根にあたる南東部の端っこのダウンタウン。そこから中心街が広がり、坂道があって、有名なケーブルカーが走っている。ケーブルカーで丘を越えれば海だ。フィッシャーマンズ・ワーフがあって、シーフードを食べさせるレストランが並んでいて、ストリートでは大道芸人たちがあちらこちらでパントマイムやら手品やらをやっている。周りにはカッ...

♪Some Guys Have All The Luck ー三条大橋18才ー

「あーあ、やっぱり1こでも年上の方が、頼りがいがあるように思うんかねー。」そう言いながら、スミトが川へ石を投げる。京都・鴨川・三条川原。 その年の春、僕らは大学に入学して京都へ来た。メグちゃんはクラスのマドンナ的存在で、僕もスミトも、好きとかつきあいたいとか思うほどではないにせよ、漠然とした憧れを抱いていた。そんなメグちゃんに彼氏が出来たと聞いたのは秋になってしばらくたった頃。男は同じクラスの、浪...

♪鉄橋を渡る ー大和川鉄橋17才ー

「歩いて帰れるんちゃう?」と言い出したのは真人だったか、啓介だったか。高校2年の僕たちは、家で親となんか正月を迎えてられっかよ、と大晦日に住吉大社へ初詣に行くことにした。夜8時に地元の駅に集合、住吉大社までは電車で30分くらい。人混みにもみくちゃにされながら、神社の本殿までたどり着いて、なんとかお賽銭を投げて、おみくじをひいて、そこまではまぁよかった。ひととおりの行事を済ましてしまうと、もうするこ...

♪Search and Destroy

「大城直俊さんですね。署まで任意同行願えますか。」ギターを抱えてスタジオへ行こうと扉を開けた途端、角から制服の男二人組が現れ、手帳をかざしてそう言った。「え?何のことかよくわからないのですが?今から約束がありまして。」「楽器演奏の合同練習ですね。その事でしたら問題はありません。」「は?」「駒田太郎さん、原達也さん、梨野亜里沙さん、みなさん署に同行いただいておりますから。」「どういうことだ?」「詳し...

♪Life Goes On

「こないだ朝礼のあとで部長にこっぴどく怒られてさ、俺の朝礼の態度が悪いっていうんだよ。ふらふらしたり、壁にもたれたりとか、人の話を聴く姿勢じゃない、ってさ。いやー、そんな態度してたつもりないんだけど。」メシ食いながら、おもむろにTがそう話しはじめた。「うーん、そうかなー。そんな気になるようなことはなかったけど。」「ま、確かに専務の話が長すぎて。出た、いつもの具体性ゼロのスローガンだけのハッパかけ!...

♪See The Sky About The Rain

電車を降りて駅を出た瞬間、空がピカッと光った気がした。え、カミナリ?まだ六月になったばかりだというのに。それとも錯覚?と思う間もなく、また、まるで切れかけた蛍光灯みたいに青白くほんの瞬間光る。西の空の雲が反射する。どどどどどど、と地鳴りのような低い響き。そう思ってすぐに、実は地鳴りなんて聞いたことはないけれど、と思う。あなたの心ない言葉で私は傷ついた、とLineのメッセージ。そんなつもりなんてなかった...

♪I Fought The Law

その日は朝からある工場への訪問で、某高級住宅街近辺の私鉄の駅で現地集合だった。いつもより早起きして1時間半以上電車を乗り継いで、到着したのは集合時間10分前。初めて降りる駅、あー、こっからまた車で移動して工場へ行くとなると、タバコ吸っとけるのはここしかないよね、ってんで、駅前へ。おおっ、向こうに公園があるね、人通りもないしここなら迷惑にならないよね、とようやく朝の一服を。青い空、あったかい、煙が空...

♪セイヴ・ミー

メランコリックなピアノにのせて、フレディー・マーキュリーが思いをたっぷり込めてSave meを歌いはじめる。そう、最初はうまくいっていたんだ。私は、子どもたちの笑顔に魅了された。市場にたっぷりと並んだトマトやスイカやナツメヤシ、交わされる会話と賑やかな喧騒に魅了された。それらは私の生まれ育った国ではとうに失われてしまっていたのだ。GNPとかGDPとか言われる数字で表される経済成長とともに。彼らは私を快く...

♪すてごま

-この記事はフィクション、もしくは単なる妄想であり、実在の団体や個人とは一切関係がないことをあらかじめお断り申し上げます。-「大臣、恐れながら申し上げます。彼の地では邦人2名が武装集団に捕らえられておるとの情報があります。同盟国からの要請とはいえ、この度の後方支援への追加拠出の発表は、武装集団どもをいたずらに刺激するのではないでしょうか。」「きみ、口を慎みたまえ。あれは後方支援への拠出ではない。人...

♪妄想#1208

Well now you're lookin' for a world of truth Trying to find a better way The time has come to see yourself You always look the other way I don't wanna face it oh no I don't wanna face it no no no no Well I can see the promised land And I know I can make it!  世界の真実を探しているんだってね  なるべくより良い道を見つけ出そうって頑張ってるんだろ  でも自分自身を見つめなおす時じゃないのか  あんた...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Gallery

Monthly Archives