fc2ブログ

Entries

Robert Palmer VS Steve Winwood

golden(以下g):「80年代はベテランたちが頑張った時代だったけど、80年代的サウンドの取り込み方については、成功と失敗がはっきりしてた感じがあるよね。」blue(以下b):「ZZトップと並ぶ成功例のひとつが、ロバート・パーマーやな。」g:「ロバート・パーマーってどういう人なのか、パワーステーションの“Get It On”がヒットするまで全然知らなくて。」b:「デュランデュランのアンディ・テイラーとロジャー・テイラーが別プロジェ...

Tears For Fears VS Scritti Politti

golden(以下g):「1985年の年間ヒットチャートを見てみると、1位は当然というか“We Are The World”なんだけど、2位がa~haの“Take On Me”だったんだね。」 blue(以下b):「めちゃくちゃ売れてたな。俺は聴いてへんけど。」g:「4位に“Shout”、6位に“Everybody Wants To Rule The World”と、ティアーズ・フォー・フィアーズがベスト10に2曲もランクインさせてた。」b:「そんなに売れたんやったっけ。」g:「大ヒットしすぎたせいで何...

Dead Or Alive VS Pet Shop Boys

golden(以下g):「さて、その気が狂いそうにさせられたユーロビートといえば、走りはこのバンドだったかと。」 blue(以下b):「デッド・オア・アライヴ!目にするのも嫌やったな。」 g:「とりあえず気が狂ったようにヒットしました。」 b:「あっちもこっちもズッチャカズッチャカズッチャカズッチャカと。」 g:「好んで聴いたわけではないけれど、80年代を席巻したムーヴメントとしては無視できないかと。」 Dead Or Aliv...

Stevie Ray Vaughan VS ZZ Top

golden(以下g):「アメリカのルーツ・ミュージックに根ざした音楽っていうと、やっぱりブルースだよね。」 blue(以下b):「80年代のブルース・ロックといえば一も二もなくスティーヴィー・レイ・ヴォーンやな。」 g:「当時、キラキラした音やチャラチャラした音が主流を占める中で、埃っぽくて泥臭いのをドカーンと演てくれました。」 b:「レンタル・レコード店でバイトしてた時にな、例の軽薄野郎がな、単調なビートのディスコナ...

Phantom Rocker & Slick VS Brian Setzer

golden(以下g):「革ジャン、バイクのヤンキーっぽいロックンロールで思い出したんだけど、80年代を代表するロカビリー・バンド、ストレイキャッツのことを書きそびれてた。」 blue(以下b):「ストレイキャッツな、“Sexy+17”とかめちゃくちゃヒットしてた印象はあるけどな、リアルタイムではなんかスルーしててんな。」 g:「そうだったっけ。」 b:「なんかな、チャラいし、ヤンキーっぽかったやん。ああいうロカビリーって、横浜...

Marshall Crenshaw VS John Hiatt

golden(以下g):「大学2回生になってからレンタル・レコード店でバイトするようになって僕の音楽生活は一気に広がっていったんだけど、それまでは新しい音楽に出会うきっかけといえばラジオだったよね。」 blue(以下b):「ラジオ、よー聴いてたな。今はもう野球中継以外聴くことないけどな。」 g:「たまに山下達郎の“サンデーソングブック”を聴くくらいか。」 b:「中学生の頃はABCの“ヤングリクエスト”やったけど、高校生になって...

Scandal feut.Patty Smyth VS Lone Justice

golden(以下g):「今日のお題はスキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス。」 blue(以下b):「“The Warrior”な、俺的には大ヒット曲やったわ。」 g:「けっこう好きだったですねー。」 b:「いかにもな80年代型ポップ・ロックやけどな。」 g:「『Footloose』のサントラとかに入ってそうな。」 b:「そういうタイプやな。」 g:「プロデューサーはブロンディやナック、古くはスージー・クワトロを手掛けたマイク・チャ...

David Bowie VS Bryan Ferry

golden(以下g):「80年代は新しいアーティストたちもたくさん出てきてた一方で、70年代から活動しているベテランたちもすごく頑張ってた時代でした。」 blue(以下b):「ロバート・パーマーやスティーヴ・ウィンウッドもブレイクしたし、フィル・コリンズやエルトン・ジョンも70年代組やな。」 g:「スプリングスティーンやジャクソン・ブラウンもそう。」 b:「ポール・マッカートニーやジョージ・ハリソンも現役バリバリやったし。...

Glenn Frey VS Don Henley

golden(以下g):「年をとったら年月を感じるのが早くなるっていうけど。」 blue(以下b):「そやな。1年なんてあっという間に過ぎるし、10年くらい前のヒット曲くらいだと感覚的には“最近”やもんな。」 g:「あれ、どうしてなんだろうね。若い頃の一年とは濃密さが全然違う。」 b:「若い頃は初めての経験が多いからちゃう?」 g:「この80年代シリーズ、1983〜4年くらいはもうめちゃくちゃ書きたいこといっぱいあって、あの頃はもの...

The Jacksons VS Prince & The Revolution

golden(以下g):「80年代といえば、マイケル・ジャクソンとプリンスは避けて通れないよね。」blue(以下b):「モンスター級のアーティストやからな。」g:「実は二人とも、そんなに熱中して聴いたわけじゃないんだよね。当時も今も。」b:「うん、正直なとこ、そうやな。もちろん嫌いではないんやけど。」g:「でも、積極的に聴いてなくても聴こえてきてしまうくらい、ビッグヒットを連発してたよね。」 b:「マイケルの『Thriller』なん...

Howard Jones VS Eurhythmics

golden(以下g):「80年代イギリス発のニューウェイヴ・サウンドは、ギター系のロックだけではなく、エレクトロ・ポップ的なものもすごくヒットしてました。」blue(以下b):「俺はあんまりその手のは聴かんかったけどな。ウルトラヴォックスとかヒューマン・リーグとかそういうのやろ。」g:「けっこうたくさんいろんなバンドがありましたね。デペッシュ・モードとかO.M.D、ヤズー、ブロンスキービート〜コミュナーズとか。」 b:「ニ...

Joe Jackson VS Elvis Costello

golden(以下g):「80年代ロックをテーマにしようと思ったときに、この人のことは書いておきたいと思ったのがジョー・ジャクソン。」blue(以下b):「今や忘れられかけた存在だけど。『Body and Soul』っていうアルバムが好きやったなぁ。」 g:「独特の存在感があったよね。」 b:「このアルバムジャケットがソニー・ロリンズのオマージュやったということすら当時は知らんかってんけど。」 g:「ソニー・ロリンズの『Volume2』だっけ...

The Style Council VS Sade

golden(以下g):「10代半ばの頃ってやたらと激しい音を求めてたんだけど、時代的にはすごくスノッブでおしゃれなのが新しい音楽としてもてはやされてたんだよね。」 blue(以下b):「スタイル・カウンシルは、ポール・ウェラーが元ジャムやなかったら聴こうと思う接点がなかったかも知れへんな。」 g:「いや、実際、最初に『Cafe Bleu』聴いたときは全然ピンと来なかったもん。」 The Style Council / Cafe Bleu(1984) ...

Van Halen VS Twisted Sister

golden(以下g):「前回のハードロック/ヘヴィメタルの話の続きなんだけど。」 blue(以下b):「まだ続くんか。」 g:「兄の棚から失敬してはひととおり有名なバンドは聴いてみたんだけどね。」 b:「ブラック・サバスからアクセプトまで、クワイエット・ライオットからヨーロッパまで(笑)」 g:「結局一番気に入ったのはヴァン・ヘイレンだったような。」 b:「めちゃくちゃ売れてたな、『1984』。」 Van Halen / 1984(19...

Judas Priest VS Whitesnake

golden(以下g):「80年代中期のムーヴメントといえば、ハードロックやヘヴィメタル。とてつもなく市場を席巻してたよね。」 blue(以下b):「ミュージック・マガジンやロッキンオンといった影響力の強いメディアはハードロック/ヘヴィメタルをまったくスルーしてたけど、ムーヴメントとしては大きかったと思うわ。」 g:「84年には専門誌“Burrn!”が創刊された。」 b:「俺は好きやないけど、認めざるをえんやろうな。」 g:「3つ上の...

Appendix

Profile

golden blue

Author:golden blue
“日々の糧と回心の契機”のタイトルは、好きな作家の一人である池澤夏樹氏が、自身と本との関わりを語った著書『海図と航海日誌』の一節より。
“日々の糧”とは、なければ飢えてしまう精神の食糧とでもいうべきもの。“回心”とは、善なる方向へ心を向ける、とでもいうような意味。
自分にとって“日々の糧”であり“回心の契機”となった音楽を中心に、日々の雑多な気持ちを綴っていきたいと思います。

Calendar

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Gallery

Monthly Archives